冬生まれのお世話

【月齢別】赤ちゃんの冬服コーディネート例と防寒対策

冬の赤ちゃん

冬になると外は寒くて冷え込むので、赤ちゃんが過ごすお部屋では暖房をつけて暖かくして過ごすようになりますが、この時期は赤ちゃんにどんな服を着せて何をコーディネイトしたらいいのか迷ってしまいますよね。

寒いから暖かい服装をさせて冷えから守ってあげたいけど、暖かい室内でそんなに厚着をさせる必要はないのでは?お出かけする時にはどんなアウターを使ったらいいのか?などわからないことがたくさんありますよね。

切なことは暑すぎず寒すぎない服装を選んであげることです。ここでは、赤ちゃんの月齢別のおすすめの冬の服装・コーディネート例と、便利な防寒アイテムを紹介します☆

月齢によって冬服のコーディネートを変えるのが◎

冬の赤ちゃん赤ちゃん、とひとことで言っても新生時期→首すわり期→おすわり期→たっち期→あんよ期と成長段階があるので、体の成長にあった冬服・アウター・防寒小物を使ってコーディネートすることが大切です。

例えば、体がまだ小さい新生時期の赤ちゃんに、モコモコの着ぐるみタイプのカバーオールを着せたい!と思っても、サイズ展開が70cm~の物がほとんどなので大きくてブカブカですし、手足の動きを制限されてしまうので体の発達にもよくないのです。

次からは、月齢別のおすすめの冬服とコーディネート例を紹介していきます。

【0~3ヶ月】ねんね期

2ヶ月の赤ちゃん
基本スタイル
短肌着+長肌着(コンビ肌着)+2wayオールor前開きボディオール

新生時期の赤ちゃんの冬服は、短肌着の上に長肌着またはコンビ肌着を重ねた上に、2wayオールor前開きボディオールを重ねて、合計3枚重ね着をさせてあげるこが基本です。もし、これでは少し寒いのでは?という時は、ベストを追加して着せてあげましょう。

この頃の赤ちゃんは、1日のほとんどを暖かいお部屋でお布団の中で過ごしますが、冬とは言え暖房を使ってお部屋を暖めていると汗をたくさんかくので、肌着はこまめに交換してお肌を清潔に保つようにしてくださいね。

また、体温調節機能がまだ未熟なので、赤ちゃんの様子を見ながら臨機応変に服装を変えてあげるようにしましょう。

お出かけスタイル
【基本スタイル】+おくるみ+帽子
外出時には、冬用のあたたかいおくるみで包んであげて、頭を冷やさないように帽子をかぶせてあげれば、冬のコーディネートの完成です。
おすすめのおくるみ

矢印アイコンおくるみの人気ランキング

*関連記事  赤ちゃんを包むおくるみのサイズと、4種類の巻き方のポイント

【3~6ヶ月】首すわり~おすわり期

5ヶ月の赤ちゃん
基本スタイル
半袖(長袖)ボディスーツ+2wayール

この時期の赤ちゃんは首がすわって早い子はおすわりも上手になり活発な時期ですが、首がすわっているので頭からかぶせるタイプの肌着やベビー服を着られるようになります。

ボディスーツとは、頭からかぶって着て、股下でスナップボタンを留めるタイプの肌着ですが、お腹すっぽり覆ってくれるので、冬の赤ちゃんの肌着におすすめです。
お出かけスタイル
【基本スタイル】+ジャンプスーツ+帽子
外出時は、全身をすっぽり包んでくれるジャンプスーツが着せやすくておすすめです。ジャンプスーツは形状がカバーオールと似ていますが、ファスナーで脱着できるので、冬の外出時にも脱ぎ着させやすいので重宝しますよ!
おすすめのジャンプスーツ
矢印アイコンジャンプスーツの人気ランキング

*関連記事  赤ちゃんの冬の防寒アイテムは何が必要?お出かけ先ごとの選び方

【6~9ヶ月】ハイハイ期

7ヶ月の赤ちゃん
基本スタイル
半袖(長袖)ボディスーツ+カバーオール
半袖(長袖)ボディスーツ+ズボン・カットソー

この時期の赤ちゃんは更に動きが活発になり、ズリバイやハイハイを始める時期なので、赤ちゃんが動きやすい服装させてあげるようにしましょう。

カバーオールのように上下が繋がったタイプでももちろんいいのですが、ズボン・カットソーなどのトップスを着られるようになってくるので、冬服のコーディネートの幅が広がりますね!
お出かけスタイル
【基本スタイル】+ジャンプスーツorポンチョ+帽子+レッグウォーマー
外出時には暖かいジャンプスーツを防寒着として活躍してくれますが、よく動くようになった赤ちゃんには、マントタイプのポンチョもさっと着せることができて便利ですよ!
おすすめのポンチョ

矢印アイコンポンチョの人気ランキング

【9~12ヶ月】たっち期

レッグウォーマーを履いている赤ちゃん
基本スタイル
半袖(長袖)ボディスーツ+カバーオール
半袖(長袖)ボディスーツ+ズボン・カットソー

この時期の赤ちゃんはつかまり立ち~伝い歩きが上手になり、早い子はあんよを始める時期です。

動きやすさを重視することはもちろんですが、ズボンやカバーオールの裾を踏んで転倒してしまうこともあるので注意が必要です。
お出かけスタイル
【基本スタイル】+ジャンプスーツorコート・ジャケットorポンチョ+帽子+レッグウォーマー

外出時にはジャンプスーツやコート・ジャケットなど暖かいアウターを着せてあげるようにしましょう。

足元が冷えやすいので、レッグウォーマーをズボンの上から履かせてあげると、防寒効果だけでなくおしゃれなコーディネートになりますよ!また、さっと羽織れるパーカーもお散歩などのちょっとしたお出かけに重宝しますよ!
おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

【1歳~】あんよ期

赤ちゃんとママ
基本スタイル
半袖(長袖)ボディスーツ+ズボン・カットソー
半袖(長袖)ボディスーツ+カバーオール

この時期になると伝い歩き~1人歩きが上達してくる頃なので、冬でも室内でめいっぱい体を動かして汗を沢山かくので、なるべく薄手で動きやすい服装を心がけるようにしましょう。

上下が繋がったカバーオールは90cmくらいまでのサイズ展開があるものが多いので、赤ちゃん時期にしか着ることができないベビー服を着せてあげるのもおすすめです☆
お出かけスタイル
【基本スタイル】+ジャンプスーツorコート・ジャケットorポンチョ+帽子+

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキングウォーマー

外出時にはジャンプスーツやコート・ジャケットなどに、帽子とレッグウォーマーを合わせてコーディネートしてあげると、しっかり防寒ができるのでおすすめです。

動きが活発になってくる時期なので、たくさん動いて暑くなったらすぐに脱がせてあげられるような、脱着の簡単なアウターを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの冬の服装は月齢によって替わってきますが、ワンポイントで使えるおすすめのコーディネートアイテムはどの月齢でも使うことができます。

お出かけ時にいつもの服装にプラスしてコーディネートしてあげることで、可愛くなるだけでなくしっかり防寒もしてくれるので重宝しますよ!




*関連記事  冬生まれの赤ちゃんのコンビ肌着は何枚必要?選び方のポイント

暑すぎず寒すぎない服装をコーディネートしよう!

冬の赤ちゃん冬は寒いから!と赤ちゃんにあれこれ着せて温めてあげたくなってしまいますが、赤ちゃんは体温が高くて暑がりなので、着せすぎてしまうと汗をたくさんかいてしまいます。

とは言え、薄着をさせすぎて風邪を引かせてしまうのも可哀想なので、赤ちゃんの様子を見ながら、服装・コーディネートを臨機応変に変えてあげるようにしましょう。

また、冬のお出かけで商業施設などの室内に行くときは暖房が必要以上に効いていることもあるので、脱いだり着せたりしやすい服装をコーディネートしてあげて冬のお出かけを楽しんで下さいね!