【月齢別】赤ちゃんの秋服コーディネート例

秋(9月~11月)は気温の差が一年のうちで一番激しい時期なので、赤ちゃんの秋服のコーディネートをどうしたらいいのか?迷ってしまいますよね。

まだ残暑が残っていて汗ばむような日は夏物の半袖の服装が最適ですが、肌寒いような日には暖かい秋物の服装を着せてあげるようにしましょう!

ママ

ここでは、月齢別の赤ちゃんの秋服コーディネート例を紹介します。☆


Sponserd Link

月齢によって秋服のコーディネートを変えるのが◎

秋の赤ちゃん赤ちゃんの成長には、新生時期→首すわり期→おすわり期→たっち期→あんよ期と成長段階があり、無理なく体の成長にあった種類・大きさの秋服・アウターを着せてあげることが大切です。

ママ

例えば、まだ首がすわっていないのに、頭からかぶるタイプのベビーウェアは赤ちゃんの首に負担がかかってしまいますし、サイズが合わないものだと、手足の動きを制限されてしまうので、赤ちゃんの成長に合わせたベビーウェアを選んであげたいですよね。

次からは、月齢別のおすすめの秋服とコーディネート例を紹介していきます。

0~3ヶ月の赤ちゃんの秋服コーディネート

2ヶ月の赤ちゃん

基本スタイル
短肌着+長肌着(コンビ肌着)+2wayオールor前開きボディオール

新生時期の赤ちゃんの秋服は、短肌着の上に長肌着またはコンビ肌着を重ねた上に、2wayオールor前開きボディオールを重ねて、合計3枚重ね着をさせてあげるこが基本です。もし、これでは少し寒いのでは?という時は、ベストを追加して着せてあげましょう。

この頃の赤ちゃんは、1日のほとんどをお部屋でお布団の中で過ごしますが、秋は毎日の気温差が激しく、汗ばむような暑い日もあれば、冬のように肌寒い日もありますが、赤ちゃんは基本的に基礎代謝が活発で汗をかきやすいので肌着はこまめに交換してお肌を清潔に保つようにしてくださいね。

ママ

また、体温調節機能がまだ未熟なので、赤ちゃんの様子を見ながら暑すぎず寒すぎないように肌着と服装を調整して臨機応変に服装を変えてあげるようにしましょう。

お出かけスタイル
【基本スタイル】+おくるみ+帽子

外出時には、もし肌寒いようであればおくるみで包んであげて、頭を冷やさないように帽子をかぶせてあげれば、秋のコーディネートの完成です。

ママ

また、暖かい日には通年用の素材、肌寒い日には暖かい秋冬用の素材のツーウェイオールを用意しておき、気温に合わせて使い分けるのがおすすめです☆

おすすめのツーウェイオール
矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

*関連記事  【秋】赤ちゃんが快適な適温は何度?体を温める上手な体温調節方法

3~6ヶ月の赤ちゃんの秋服コーディネート

5ヶ月の赤ちゃん

基本スタイル
半袖(長袖)ボディスーツ+2wayール

この時期の赤ちゃんは首がすわって、寝返り~おすわりができるようになり、身体を活発に動かす時期なので、秋服のコーディネートは吸湿性に優れた動きやすいものを選ぶようにしましょう。首がすわっているので頭からかぶせるタイプの肌着やベビー服を着られるようになります。

ボディスーツとは、頭からかぶって着て、股下でスナップボタンを留めるタイプの肌着ですが、お腹すっぽり覆って冷えを防いでくれるので、秋の赤ちゃんの肌着におすすめです。

ママ

ベビーウェアは引き続きツーウェイオールが活躍してくれますが、カバーオールタイプも着られるようになってくるので、選ぶ楽しみがぐっと増えますね!

お出かけスタイル
【基本スタイル】+カーディガン+帽子

外出時は、肌寒い時にさっと着ることができるカーディガンやパーカーなどの羽織ものがあると重宝します。

この時期の赤ちゃんは首がすわって、寝返り~おすわりができるようになり、身体を活発に動かす時期なので、秋服のコーディネートは吸湿性に優れた動きやすいものを選ぶようにしましょう。

ママ

また、首がすわると頭からかぶせるタイプのボディ肌着やロンパースが着せやすくなってくるので、お着替えもだいぶ楽になるのでおすすめです☆

おすすめのカーディガン
矢印アイコンカーディガンの人気ランキング

*関連記事  【生後5ヶ月】赤ちゃんの秋の服装と過ごし方のポイント

6~9ヶ月の赤ちゃんの秋服コーディネート

7ヶ月の赤ちゃん

基本スタイル
半袖(長袖)ボディスーツ+カバーオール
半袖(長袖)ボディスーツ+ズボン・カットソー

この時期の赤ちゃんは更に動きが活発になり、ズリバイやハイハイを始める時期なので、赤ちゃんが動きやすい服装させてあげるようにしましょう。

ママ

カバーオールのように上下が繋がったタイプでももちろんいいのですが、ズボン・カットソーなどのトップスを着られるようになってくるので、冬服のコーディネートの幅が広がりますね!

お出かけスタイル
【基本スタイル】+カーディガン+帽子+レッグウォーマー

外出時にはカーディガンやパーカーなどの羽織ものが活躍してくれますが、よく動くようになった赤ちゃんには、マントタイプのポンチョもさっと着せることができて便利ですよ!

涼しくなる秋ですが、元気に動き回る赤ちゃんは少し動いただけでも汗をたくさんかくので、肌着をこまめに交換してあげるようにしましょう。

ママ

また、赤ちゃんが動いて暑そうにしている時は、秋物ではなく薄手の服装を着せて快適に過ごせるようにしてあげてくださいね☆

おすすめのカバーオール
矢印アイコンカバーオールの人気ランキング

*関連記事  【生後1ヶ月】赤ちゃんの秋の服装と過ごし方のポイント

9~12ヶ月の赤ちゃんの秋服コーディネート

レッグウォーマーを履いている赤ちゃん

基本スタイル
半袖(長袖)ボディスーツ+カバーオール
半袖(長袖)ボディスーツ+ズボン・カットソー

この時期の赤ちゃんはつかまり立ち~伝い歩きが上手になり、早い子はあんよを始める時期なので、動きやすさを重視することはもちろんですが、ズボンやカバーオールの裾を踏んで転倒してしまうこともあるので注意が必要です。

身体がだいぶしっかりしてくるので上下に分かれた服装も着せやすくなってきますが、伝い歩きを始めた頃の赤ちゃんはズボンの裾を踏んで転倒しやすいので、裾の長さには十分注意してあげてくださいね。

ママ

まだまだカバーオールなどのベビー服も着れる時期なので、残り少ないベビー期を楽しみましょう☆

お出かけスタイル
【基本スタイル】+カーディガンorポンチョ+帽子+レッグウォーマー

秋は急に気温が下がることがあるので、外出時にはカーディガン・ポンチョなど肌寒い時にさっと着せてあげることができる羽織ものを準備するようにしましょう。

また、足元が寒そうな時はレッグウォーマーをズボンの上から履かせてあげると、防寒効果だけでなくおしゃれなコーディネートになりますよ!また、さっと羽織れるパーカーもお散歩などのちょっとしたお出かけに重宝しますよ!

ママ

この時期の赤ちゃんは伝い歩き~早い子は1人歩きが上手になり、全身を使って活発に動く時期なので、秋服のコーディネートは動きやすい柔らかい素材のものがおすすめです。

おすすめの上下セット
矢印アイコン下セットの人気ランキング

*関連記事  【生後6ヶ月】赤ちゃんの秋の服装と過ごし方のポイント

1歳~の赤ちゃんの秋服コーディネート

赤ちゃんとママ

基本スタイル
半袖(長袖)ボディスーツ+ズボン・カットソー
半袖(長袖)ボディスーツ+カバーオール

この時期になると伝い歩き~1人歩きが上達してくる頃なので、秋も室内でめいっぱい体を動かして汗を沢山かくので、なるべく薄手で動きやすい服装を心がけるようにしましょう。

ママ

上下が繋がったカバーオールは90cmくらいまでのサイズ展開があるものが多いので、赤ちゃん時期にしか着ることができないベビー服を着せてあげるのもおすすめです☆

お出かけスタイル
【基本スタイル】+カーディガンorポンチョ+帽子+レッグウォーマー

外出時には急に寒くなった時に備え、カーディガンやパーカー、ポンチョなどを持っていくと安心です。

肌寒くなってきたら、帽子とレッグウォーマーを合わせてコーディネートしてあげると、秋らしい装いになりますし、防寒ができるのでおすすめです。

ママ

動きが活発になってくる時期なので、たくさん動いて暑くなったらすぐに脱がせてあげられるような、脱着の簡単なアウターを選ぶようにしましょう!

おすすめのレッグウォーマー
矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

*関連記事  【生後9ヶ月】赤ちゃんの秋の服装と過ごし方のポイント

暑すぎず寒すぎない服装をコーディネートしよう!

秋の赤ちゃん秋生まれ(9月~11月)の赤ちゃんは一日の気温差が大きい時期に新生児期を過ごすので、体温調節機能がまだ未発達の新生児期~生後2ヶ月位までは特に注意が必要です。

秋と言っても気温が30℃近くになる日は、肌着+ツーウェイオールで過ごしても大丈夫ですが、肌寒い日には肌着+秋冬素材のカバーオールでしっかり防寒してあげましょう!薄着をさせすぎて風邪を引かせてしまうのも可哀想なので、赤ちゃんの様子を見ながら、服装・コーディネートを臨機応変に変えてあげるようにしてくださいね。

また、秋でも赤ちゃんもたくさん汗をかくので、こまめに肌着を交換して汗疹を防ぐようにして、快適に過ごせるようにしてあげてくださいね☆