生後1ヶ月の赤ちゃん

生後1ヶ月を過ぎると赤ちゃんは出生時より体が一回り大きくなり、手足を元気にパタパタ動かせるようになってきますが、どのような服装をさせてあげたらいいのでしょうか?

気温が低くて寒い冬とは言え、お家の中は暖房をつけているご家庭が多い時期なので、体温調節機能が未熟な赤ちゃんはすぐに暑くなってしまうので、肌着と服装の着せすぎに注意が必要です。

ここでは、生後1ヶ月頃の赤ちゃんの冬の肌着と服装の着せ方と選び方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

1ヶ月頃の赤ちゃんの冬の肌着の着せ方

冬に生まれた生後1ヶ月頃の赤ちゃんに寒い思いをさせないように!と、この時期は厚手の肌着と服装をさせてあげたくなってしまいますよね。

でも、大人より体温が高い新生児の赤ちゃんには、暖かい素材のものより通気性・吸湿性に優れた素材(フライス・スムースなど)の肌着を選んであげましょう。

冬物の長袖のキルト素材の温かい肌着も販売されていますが、生後1ヶ月頃の赤ちゃんには通年素材の短肌着+コンビ肌着の重ね着をした上に、暖かい服装をさせてあげるのがおすすめです。

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、冬でも汗をたくさんかくのでこまめに着替えをさせてお肌を清潔に保ち、汗疹を予防しましょう!

おすすめの肌着セット

矢印アイコン肌着セットの人気ランキング

1ヶ月の赤ちゃんの冬の服装の選び方

生後1ヶ月頃の赤ちゃんの冬の服装の着せ方は、短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオールが基本です。

冬になり寒い日が続くと赤ちゃんに風邪をひかせないように!と温かい服装をさせてあげがちですが、生後1ヶ月の赤ちゃんは授乳時以外は暖かいお布団の中で過ごすので、厚着をさせると暑くて汗をたくさんかいてしまうのでNG!

暖かいお部屋の中で過ごす時は、肌着+通年素材のスムース素材などのツーウェイオールの服装がおすすめです。

また、1ヶ月検診や短時間のお散歩が可能になり外出できるようになりますが、北風が冷たい冬の外出は暖かいおくるみで包んで、なるべく短時間で済ませるようにしましょう!

おすすめのツーウェイオール

矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

暑すぎず、寒すぎない服装を選ぼう!

生後1ヶ月の赤ちゃんの冬の服装の着せ方と選び方のポイントは、気温(室温)に合わせて暑すぎず、寒すぎないものを選ぶことが大切です。

暖房をつけて暖かくしているお部屋で過ごす時は、厚着をさせずに薄手の服装でもOKですが、夜寝る時に暖房を切る場合は少し厚手のベビー服を着せたり、お布団の枚数を調整して冷えないようにしてあげましょう。

また、生後1ヶ月~外出が可能になりますが、北風が冷たい冬はむやみに赤ちゃんを外へ連れ出さずに、ベランダで短時間の外気浴をさせてあげるだけでもOKなので、赤ちゃんを冷やさないことを第一に考えるようにしましょう☆