【生後1ヶ月】赤ちゃんの夏の服装と肌着の着せ方

生後1ヶ月の赤ちゃんの夏の服装は、まだ体温調節機能が未熟なので過ごす環境や温度によって臨機応変に調節してあげる必要があります。

例えば、夏の暑い日にエアコンをつけない室内で過ごす場合は短肌着1枚でもOKですが、エアコンをつけたり肌寒い時は短肌着の上に長肌着かコンビ肌着を着せてあげるようにします。

ここでは、生後1ヶ月の赤ちゃんの夏の服装と肌着の着せ方のポイントと注意点を紹介します☆

Sponserd Link

室内では肌着1枚でOK!

生後1ヶ月を過ぎると手足が元気に動く赤ちゃんが増えてくるので、夏に室内で短肌着を着せているとお腹がめくれてきてしまうことがあるかもしれません。

そんな時は、短肌着ではなく股下をスナップボタンで留めることができるコンビ肌着を着せてあげると、お腹が出て冷える心配がないので安心です。

1ヶ月検診や、短時間のお散歩ができるようになりますが、外出する時の赤ちゃんの服装は肌着の上に夏用の薄手のツーウェイオールを着せてあげましょう。

夏の暑い時間帯の外出は生後1ヶ月の赤ちゃんにはとても疲れることなので、なるべく暑くない時間帯を選んで涼しい服装をさせるようにしてください☆

おすすめの肌着セット

矢印アイコン肌着セットの人気ランキング

着せ方と選び方のポイント

生後1ヶ月の赤ちゃんは夏室内で過ごすときの服装は短肌着またはコンビ肌着がおすすめ、と先ほど書きましたが「長肌着じゃだめなの?」という疑問もありますが、お持ちの場合はコンビ肌着ではなく長肌着を着せてもOKです。

ただ、裾が長く丸まってしまいやすいので夏は熱がこもり汗疹の原因になってしまうので、股下にスナップボタンがついていてスッキリ着られるコンビ肌着をおすすめしています。

生後1ヶ月の赤ちゃんはまだまだお肌がデリケートなので、肌着・ベビー服共に通気性に優れた綿素材のものを選び、気温に合わせて肌着1枚、または肌着+ツーウェイオールを重ねた服装をさせてあげましょう☆

おすすめのツーウェイオール

矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

生後1ヶ月の赤ちゃんの肌着・服のサイズと枚数

サイズ 50~60cm
肌着 短肌着:6~10枚
コンビ肌着:4~6枚
服装 ツーウェイオール:4~6枚
カバーオール:1枚

生後1ヶ月の赤ちゃんは汗疹予防のためにも肌着を多く準備してこまめに着替えをさせてあげましょう☆