【生後10ヶ月】赤ちゃんの夏の服装と肌着の着せ方

生後10ヶ月を過ぎると、赤ちゃんは部屋中を高速ハイハイで元気に動き回ったり、伝い歩きが上手にできるようになる子も増えてきて、可愛さいっぱいの時期ですね。

この頃の赤ちゃんの夏の服装選びのポイントは、動きを妨げずに汗をしっかり吸い取ってくれる通気性の良い素材を選ぶことが大切です。

ここでは、生後10ヶ月頃の赤ちゃんの服装と肌着の着せ方のポイントと注意点を紹介します☆

Sponserd Link

10ヶ月頃の赤ちゃんの服装

お部屋の中を元気に動き回る生後10ヶ月頃の赤ちゃんの夏の服装は、室内で過ごすときは半袖の肌着1枚もしくは、ロンパース1枚でOKです。

はいはいやつかまり立ちをする時に、赤ちゃんの関節の動きを妨げないようにストレッチの効いた柔らかい素材で動きやすい服装をさせてあげましょう!

外出時には夏らしくて可愛いコーディネートが楽しめる時期ですが、服装を選ぶときは可愛さだけでなく吸湿性・通気性に優れたものを選ぶことで、夏の汗疹などの肌トラブルを防ぐことができますよ☆

おすすめのロンパース

矢印アイコンロンパースの人気ランキング

着せ方のポイントと注意点

生後10ヶ月頃の赤ちゃんは体もしっかりしてきて、カバーオールのような赤ちゃんらしい服装以外にも上下が分かれた服装も可愛く着こなせるようになってきます。

はいはいをするとお腹がめくれやすくなるので、夏でもお腹を冷やして風邪をひかささないように上下が繋がったボディ肌着を着せてあげると安心です。

また、生後10ヶ月頃の赤ちゃんはつかまり立ちを始める頃でもあるので、ズボンをはかせている時は裾を踏んで転倒しないように丈が短めの服装をさせてあげるようにしましょう☆

おすすめの半袖カバーオール

矢印アイコン半袖カバーオールの人気ランキング

生後10ヶ月の赤ちゃんの肌着・服のサイズと大きさ
サイズ 70~80センチ
肌着 ボディ肌着:4~6枚
服装 カバーオール:3~4枚
セットアップ:3~4枚

活発に動き回る生後10ヶ月の赤ちゃんの夏の服装は、汗を吸い取って動きやすいものを選ぶようにしてあげましょう☆