【生後2ヶ月】赤ちゃんの夏の服装と肌着の着せ方

生後2ヶ月の赤ちゃんの夏の服装は、何を着せたらいいのか?迷ってしまいますよね。まだ体温調節機能が未熟なだけでなくお肌が敏感な時期なので、着せすぎて暑くなって汗をたくさんかかせてしまうのもいけないですし、かと言って薄着をさせすぎて体を冷やしてしまうのも心配ですよね。

ここでは、生後2ヶ月の赤ちゃんの夏の服装と着せ方・選び方の注意点を紹介します☆

Sponserd Link

2ヶ月の赤ちゃんの肌着

2ヶ月の赤ちゃん生後2ヶ月頃の赤ちゃんは手足がより活発に動くようになるので、夏の時期に室内で過ごすときは短肌着1枚が快適なような気がしてしまいますが、短肌着1枚の服装で過ごさせていたら紐がほどけてしまってお腹が出てしまった!なんてこともあるので、暑いからと言って薄着をさせすぎるのもNG!

気温が高くても、お腹を出したままだと生後2ヶ月の赤ちゃんはお腹が冷えて体調を崩してしまいやすいので、股下にスナップボタンがついているコンビ肌着を着せてあげましょう。コンビ肌着ならどんなに動いてもはだけないので安心です。

外出時には肌着の上に夏物の薄手のツーウェイオールを重ね着させる服装が基本ですが、汗っかきの2ヶ月の赤ちゃんの場合は背中に汗取り用のガーゼを挟んで汗疹対策をするようにしましょう!

おすすめのツーウェイオール
矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

お出かけにはツーウェイオールが◎

2ヶ月の赤ちゃん生後2ヶ月位の赤ちゃんの夏の服装は室内ではコンビ肌着1枚でもOKですが、「外出時の服装もコンビ肌着1枚じゃダメなの?」という疑問もありますよね。

最近は夏用の可愛いコンビ肌着がたくさん販売されているので、コンビ肌着外出してはいけない!という決まりはないのですが、そろそろ生活にメリハリをつけることを覚えさせていく時期なので外出時には着替える、ということを習慣づけていきましょう。

生後2ヶ月の赤ちゃんの肌着と服装を選ぶときは、通気性と吸湿性に優れた綿100%の素材の物を選び、その日の天候と室内の温度を見ながら肌着とツーウェイオールで温度調節をしてあげるのが最適です☆

*関連記事  夏も快適にグッスリ☆赤ちゃんの夏用布団の選び方と寝汗対策

油断禁物!あせもに注意!

2ヶ月の赤ちゃん生後2ヶ月の赤ちゃんのお肌はまだまだとてもデリケートで、乳児生湿疹がまだ出てしまっている子もいる時期です。ただでさえお肌が敏感な時期なので、汗をかきやすい夏はこまめに肌着を交換して汗疹を防ぎましょう。

少ししか汗をかいていないから、着替えなくてもいいかな。と油断すると、すぐにお肌に赤いポツポツができてしまうので、授乳の際に肌着の状態も必ず確認する習慣をつけ、少し肌着が湿っぽいなと感じたらすぐにお着替えをさせてあげてくださいね。

また、汗疹は首や足・腕のしわの部分に出来やすいので、お着替えの際に濡らしたガーゼでさっと拭き取ってあげるだけでも汗疹の予防になりますよ!

汗取りパッドでデリケートな背中を守ろう!

汗取りパッドをつけている赤ちゃん赤ちゃんの手足・首のしわの汗には気をつけていても、うっかりすると広範囲にできてしまうのが、お布団と密着していてムレやすい背中部分です。

生後2ヶ月の赤ちゃんはまだまだねんね期なので、夏に少しでも着替えの手間を減らして、背中を汗疹から守ってあげるために、背中に挟み込むタイプの汗取りパッドが大活躍!

使い方はとても簡単で、赤ちゃんの首元からガーゼタイプの薄い汗取りパッドを挟み込んで、汗をかいたら引き抜くだけなので、夏の汗対策におすすめです☆

おすすめの汗取りパット
矢印アイコン汗取りパッドの人気ランキング

*関連記事  赤ちゃんに汗取りパッドは必要?汗疹を予防する方法とは?

まとめと注意点

ママと赤ちゃんいかがでしたか?生後2ヶ月の新生児の赤ちゃんの夏の服装は、通気性・吸湿性に優れた夏素材のものを選び、室内ではコンビ肌着・お出かけにはツーウェイオールを着せてあげるのがおすすめです。

また、エアコンを使う時は、まだ体温調節機能が未熟な赤ちゃんを冷やしすぎてしまわないように、ベストやスリーパーを着せて体温調節をしてあげましょう。

生後2ヶ月の赤ちゃんが元気に過ごせるように、服装や生活環境をしっかり整えて、初めての夏を楽しく過ごして下さいね!