【生後2ヶ月】赤ちゃんの春の服装と肌着の着せ方

生後2ヶ月の赤ちゃんの春の服装は、何を着せたらいいのか?迷ってしまうママも多いのではないでしょうか?

生まれた頃より少し大きくなったものの、まだまだ新生時期と同じでねんねの時間が長いので、短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオールが基本の着せ方ですが、春は日によって気温が上下するのでその日に合わせて肌着で体温調節をしてあげることが大切です。

また、春は急に冷え込むことがあるので、防寒用にベストやカバーオールがあると安心なのでおすすめです。

ここでは、生後2ヶ月の赤ちゃんの春服と肌着の着せ方を紹介します☆

Sponserd Link

生後2ヶ月赤ちゃんの春の肌着の着せ方

赤ちゃんは生後2ヶ月を過ぎると、手足の動きがより一層バタバタ元気に動くようになります。

気づいたら短肌着の紐がほどけていた、なんてことも多くなってくるので赤ちゃんの冷えを防止するためにも短肌着+コンビ肌着を必ず重ね着させましょう。

とは言え、春の暖かい日に短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオールの重ね着だと暑すぎてしまう場合があるので、そんな時はコンビ肌着は着せずに短肌着だけでも大丈夫です。

また、生後2ヶ月頃の赤ちゃんはまだまだ体温調節機能が未熟なので春の暖かい日は汗をたくさんかいてしまうので、こまめに肌着を交換してあげてください☆

おすすめの春用肌着

矢印アイコンコンビ肌着の人気ランキング

生後2ヶ月の赤ちゃんにおすすめの春の服装

2ヶ月頃の赤ちゃんはオムツ換えの頻度も少し落ち着いてくるので、ツーウェイオールのスナップボタンを留めてカバーオールタイプの服装にしてあげるのがおすすめです。

春は気温の変化が大きいので、肌寒い日には肌着を重ね着させてあげたり、ベストやカバーオールなどの防寒着を着せて体温を調節しましょう。

生後2ヶ月頃の赤ちゃんはまだ体温調節機能が未熟で気温とともに体温も上がってしまうので、暖かい日にには薄手の春物の服装をさせてあげてくださいね!

おすすめのツーウェイオール

矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

春からは汗疹に注意!

生後2ヶ月頃の赤ちゃんは新陳代謝が活発で、乳児湿疹ができやすい時期でもありますが、それと同時に汗疹もできやすい時期になってきます。

特に春から夏にかけて気温もどんどん上昇していくので、気づいたら体のあちこちに汗疹ができてしまった!なんてことも・・・

赤ちゃんの汗疹を防ぐためには、暑すぎない服装をさせてあげて、こまめに汗をかいていないか?肌着が湿っていないかをチェックして、少し湿っているかな?と感じたらすぐに肌着を着替えさせてあげましょう。

汗疹は特に首や関節などにできやすいので、湿らせたガーゼで汗を拭き取ることも汗疹の予防に効果的です☆