冬服の3ヶ月の赤ちゃん生後3ヶ月頃の赤ちゃんは、少しずつ表情が豊かになりはにかんだ笑顔を見せてくれるようになったり、首がだいぶしっかりしてくるのでお世話が少しづつ楽になってくる時期ですが、冬はどんな服装をさせたらいいのでしょうか?

また、服装以外にも暖房の使い方やお布団の掛け方など、赤ちゃんとはじめて迎える冬はわからないことがたくさんありますよね!ここでは、生後3ヶ月の赤ちゃんの冬の服装と、が過ごしやすい環境作りのポイントについて詳しく紹介します☆

Sponserd Link

3ヶ月の赤ちゃんの成長と冬の服装・肌着の選び方

スリーパーを着ている3ヶ月の赤ちゃん生後3ヶ月頃の赤ちゃんは首がすわってきたり、日中起きていられる時間が長くなり夜はまとめて寝てくれる子も増えてきたり、笑顔がふえてきて益々可愛い時期ですが、心の成長に伴い黄昏れ泣きなど理由がわからずグズグズしてしまい、困ってしまうことも増えてきます。

首すわりの時期は個人差がとても大きいのですが、首がしっかりしてくることで頭からかぶるタイプの肌着やベビー服を着せやすくなってきますが、まだまだ不安定な場合は無理な体勢でお着替えをさせると首を痛めてしまうこともあるので、体の成長に合わせた肌着・冬服を選んであげるようにしましょう。

赤ちゃんとはじめて迎える冬は、寒い思いをさせて体を冷やしてしまわないように暖かくしてあげなくちゃ!と、冷えばかり意識が行ってしまいますが、生後3ヶ月の赤ちゃんはまだ体温調節機能が未熟なので、温めすぎると体温が上昇してしまい汗をかいてしまうので、様子を見ながら服装を調整することが大切です。

ボディ肌着にステップアップ!

生後3ヶ月になり生まれた頃より体がしっかりしてくると、新生児の頃から着ていた短肌着・コンビ肌着からボディ肌着にステップアップする時期です。

コンビ肌着は2本の紐と股下にスナップボタンがあるタイプの肌着ですが、ボディ肌着は紐が無くスッキリした形状の肌着です。前開きのものとかぶりタイプのボディスーツがありますが、首がしっかりすわるまでは、前開きタイプが着せやすくておすすめです。

冬になると厚手素材の「冬物」と表記がある長袖の肌着が販売されますが、基本的に暖房の効いた暖かい室内で過ごす場合は暑くなりやすいので半袖の肌着を着せ、長袖の肌着は外出時などの防寒対策として着せてあげるようにしましょう。

おすすめの前開きボディ肌着

矢印アイコン前開きボディ肌着の人気ランキング

【室内】生後3ヶ月の赤ちゃんの服装の選び方

コンビ肌着生後3ヶ月の赤ちゃんが冬の室内で過ごす時の服装を選ぶ時に大切なことは、厚着をさせすぎないように注意すること!です。寒い思いをさせたくない、風邪をひかせないように…と冬はついつい厚着をさせたくなりますが、暖房を使ってお部屋を暖めているのなら厚着をさせる必要はありません。

また、この頃の赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟なので、暖房で温めた室内で暖かい服装をさせていると、体温が上がりすぎて汗をたくさんかいてしまいます。

汗をかいたままにしておくと汗疹の原因になるだけでなく汗が冷えて体を冷やしてしまうので、冬の室内で過ごす時の服装は熱すぎず寒すぎない服装を選んであげるようにしましょう!

カバーオールで全身暖か☆

生後3ヶ月までの赤ちゃんの定番ウェアはツーウェイオールですが、寒い冬は全身をすっぽり覆ってくれるカバーオールも暖かくておすすめです。

日本製のカバーオールはサイズ展開が70cm~のものが多いのですが、カーターズ・ネクストなど海外ブランドのカバーオールは新生児サイズから豊富なサイズ展開になっているので、小さな体の赤ちゃんでもカバーオールを着せてあげることができますよ!

足付タイプのものも人気ですが、赤ちゃんは足の裏からも熱を放出させて体温調節をしているので、室内では通常タイプのものを着せて、外出時など足の冷えが心配な時に足付タイプを着せてあげるのがおすすめです☆

基本スタイル
・前開きボディ肌着(半袖or長袖)+ツーウェイオール
・前開きボディ肌着(半袖or長袖)+カバーオール

おすすめのカバーオール

矢印アイコンカバーオールの人気ランキング

【外出・散歩時】生後3ヶ月の赤ちゃんの服装の選び方

冬にベビーカーに乗っている赤ちゃん

冬の寒い日は生後3ヶ月の赤ちゃんを連れてなるべく外出したくなくても、毎日のお買い物や上のお子さんの送迎、病院などやむを得ず外出しなければいけないこともありますよね。また、毎日少しの時間でも散歩に連れ出して冷たい空気に触れさせることで体が強くなると言われていますが、どんな服装をさせて外に連れ出したらいいのでしょうか?

赤ちゃんの防寒着と言えば、全身をすっぽり覆ってくれるジャンプスーツが定番ですが、大きめの作りになっているので生後3ヶ月の赤ちゃんにはまだ大きすぎるので、暖かい服装をさせて冬用のおくるみで包んだり、厚手のカバーオールをアウターとして着せてあげましょう。

また、抱っこ紐でお出かけや散歩に出かける際は、風を通さず暖かい防寒ケープが大活躍してくれます。防寒ケープは抱っこ紐だけでなくベビーカーにも着けることができ、冬の外出にマルチに活躍してくれるので1枚持っていると便利ですよ!

お出かけスタイル
・暖かい冬服+おくるみor防寒ケープ+帽子

おすすめの防寒ケープ

矢印アイコン防寒ケープの人気ランキング

関連記事

3ヶ月の赤ちゃんの冬の布団の選び方

笑顔の赤ちゃん冬の夜は冷え込むので、とにかく寝冷えをさせないように!と暖かいお布団をたくさんかけてあげたくなりますが、体温調節機能がまだ未熟な生後3ヶ月の赤ちゃんにたくさんお布団をかけてしまうと、体温が上がりすぎてしまうので、基本的に肌毛布+綿布団の2枚掛けで大丈夫です。

もし、2枚だけだと寒そう…という場合は、お腹にタオルを1枚かけてあげたりベストタイプのスリーパーを着せて寝かせてあげると、冷えから守ってくれますよ!

色々な種類のスリーパーが販売されていますが、上質な綿素材で作られたものは通気性・保温性に優れているので、冬だけでなく一年を通して体温調節に使える便利なおすすめのねんねアイテムです☆

基本のお布団
・肌毛布+綿布団
・肌毛布+綿布団+タオルケットorスリーパー

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

関連記事

3ヶ月の赤ちゃんの暖房の使い方のポイント

赤ちゃん 風邪 うつる 期間冬に生後3ヶ月の赤ちゃんが過ごすお部屋は暖房を使って暖めますが、どんな暖房が安全で温度設定は何度くらいが目安なのでしょうか?まず、温度設定は赤ちゃんが過ごしやすい適温とされる18~23℃の間で、赤ちゃんの様子を見ながら熱すぎず寒すぎない温度設定をするようにしましょう。

赤ちゃんのお部屋で使う暖房器具は、万が一赤ちゃんが触れてもやけどの心配のないエアコンやパネルヒーターがおすすめですが、暖房を使うと空気を乾燥させてしまうので、加湿器と併せて使うのが◎お部屋の湿度は60%程度を保つようにすると、デリケートな赤ちゃんのお肌を乾燥から守ってくれますよ!

また、赤ちゃんにとって一番危険な暖房器具は吹出し口が熱くなりやけどの危険性のある石油ファンヒーターです。生後3ヶ月の赤ちゃんはまだ動きが少ないので大丈夫では?と思うかもしれませんが、生後4ヶ月頃から寝返りを始める子もいるので、万が一に備えて安全な暖房器具を使うようにして下さいね。

暖房はつけっぱなしにする?

まだまだデリケートな生後3ヶ月の赤ちゃんに寒い思いをさせたくない!と冬は1日中暖房をつけっぱなしにしている!というご家庭もありますが、暖房を使うと空気が乾燥しますし、電気代も高くついてしまうので、日中の陽が当たって暖かい時間帯や夜寝る時は暖房を止めても大丈夫です。

赤ちゃんは寝ている間は体温が高い状態が維持されるので大人が思うほど寒くはないのですが、寒さの厳しい冬の夜は体を冷やしてしまわないか心配な場合は、スリーパーを着せて寝かせたり、寝かし付けから1時間程度タイマーを使って寒さ対策をするようにしましょう。

また、暖房をつけっぱなしにしても寒く感じる時は設定温度を上げるのではなく、赤ちゃんにベストやレッグウォーマーをはかせて体温調節をするのが◎レッグウォーマーは外出時の体温調節としても使える便利なアイテムなので冬の季節は大活躍してくれますよ!

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

赤ちゃんの成長に合わせた冬服を選ぼう!

赤ちゃんとママ手足を元気に動かしたり首がすわりつつある生後3ヶ月の赤ちゃんの成長は個人差がありますが、体の成長に合った暖かい冬物のベビー服を選んであげましょう。

まだカバーオールはアウターとしてしか着ることができないけど、来年も着られるように!と大きめのサイズを買いたくなる気持ちもわかりますが、1年後の1歳頃は80cmが標準サイズです。生後3ヶ月の赤ちゃんに80cmは大きすぎるので、来年着れたらラッキー!くらいの感覚で60-70cmを選ぶのがおすめです。

生後3ヶ月の赤ちゃんとはじめて過ごす冬は悩んでしまう事がたくさんあるかもしれませんが、可愛い冬服や防寒アイテム、楽しいイベントもたくさんあるので、家族みんなが健康に気をつけながら楽しい冬を過ごしてくださいね!