5ヶ月の赤ちゃんとママ生後5ヶ月頃の赤ちゃんは全身を使ってゴロゴロ寝返りにチャレンジしたり、早ければゴロンと上手に寝返りが打てるようになり、体の成長が感じられる時期ですが、冬はどのような服装をさせたらいいのか?迷ってしまいますよね。

また、服装以外にも生後6ヶ月の赤ちゃんの過ごすお部屋の暖房の上手な使い方や布団の選び方など、初めて冬を迎える赤ちゃんとの生活環境の整え方など、わからないことがたくさんあると思いますので、ここでは、生後5ヶ月頃の赤ちゃんの冬の服装・お布団の選び方と、暖房を使う時の過ごしやすい生活環境の整え方を紹介します☆

Sponserd Link

5ヶ月の赤ちゃんの成長と冬の服装・肌着の選び方

5ヶ月の赤ちゃん個人差はありますが、生後5ヶ月の赤ちゃんは首がすわって寝返りが上手にできる子も増えてきたり、離乳食もスタート可能な時期なので、毎日の生活の中でも赤ちゃんの成長を目で見て感じられる、育児が楽しくなってくる頃ですね。

首がしっかりとすわったことで、頭からかぶせて着せるタイプの肌着・ベビー服が着せられるようになってくるので、冬の服装を選ぶ楽しみも増えてきますが、まだ腰がすわっていない子が多い時期でもあるので、無理に上下が分かれたセパレートタイプの服を着せるのではなく、赤ちゃんの成長に合わせて冬服を選んであげましょう!

着せすぎ・温めすぎに注意!

冬になり外は気温が低く北風が冷たい日が続きますが、ほとんどのご家庭で暖房を使って赤ちゃんの過ごすお部屋を暖めている時期なので、必要以上に暖かい服装をさせないようにすることも大切です。とは言え、病院通いやお買い物、上の子の送迎やお散歩などで、生後5ヶ月の赤ちゃんを連れて外出しなければいけないこともあるので、しっかり寒さから守ってくれる防寒着・アウターを準備しておきましょう!

冬になると「冬物」と呼ばれるキルトニットなどの暖かい素材の長袖の肌着も出回るようになりますが、生後5ヶ月頃の赤ちゃんは活発に体を動かしてすぐに暑くなって汗をかいてしまうので、室内で過ごす時は半袖のフライスやスムースなどの通年素材の肌着で大丈夫です。暖かい素材の冬物の肌着は、外出時に防寒用として着せてあげるのがおすすめです。

【室内】生後5ヶ月の赤ちゃんの服装の選び方

5ヶ月の赤ちゃん生後5ヶ月の赤ちゃんはまだ体温調節機能が未熟なので、暖房が効いた室内で過ごすときは厚着をさせすぎず、動きやすい服装をさせることが大切です。冬は寒いので大人は何枚も重ね着をしてしまうので、赤ちゃんにも同じ感覚で何枚も重ね着をさせてしまうと、暑くなりすぎてしまい汗をたくさんかいてしまいます。

赤ちゃんは大人より体温が高くて暑がりなので、冬でも大人マイナス1枚の服装が調度いいということを頭に入れて、おきましょう!

防寒アイテムで体温調節が◎

また、手足をバタバタ動かしたり、寝返をしたりしていると、気づいたら冬なのに額から汗をかいていた!なんてこともあるので、暖房を使っている場合には基本的に薄着でOKですが、赤ちゃんの手足しが冷たくなっているような場合は体温調節としてベストを着せたりして暑すぎず、寒すぎない服装を心がけて下さいね。

この頃になるとモコモコのクマやウサギの耳が付いた可愛らしいカバーオールを着せてあげることができるので、赤ちゃん期の今だからこそ可愛く着せられるおすすめのアイテムです☆

基本スタイル
・ボディスーツ(半袖or長袖)+カバーオール
・ボディスーツ(半袖or長袖)+カバーオール+ベスト(寒い時)

おすすめのカバーオール

矢印アイコンカバーオールの人気ランキング

【外出・散歩時】生後5ヶ月の赤ちゃんの服装の選び方

冬にベビーカーに乗っている赤ちゃんどんなに冬の寒い日でも、生後5ヶ月の赤ちゃんを連れて上の子のお迎え・病院・買い物など、外出しなければならないこともありますよね。また、寒くても毎日お散歩に少しの時間でも連れ出すことで、赤ちゃんの体が強くなると言われているので、家にこもってばかりではなくお散歩に連れだしてあげたいですよね!

冬の外出・お散歩には、アウターとしていつもの服装の上にしっかり全身を覆って防寒してくれるジャンプスーツを着せてあげるのがおすすめです。

ジャンプスーツはカバーオールと似ていますが、違いは首~足元までファスナーで開閉することができるので脱着がさせやすいことと、中綿入りで保温性も高いく暖かいので冬の外出・お散歩時のアウターとして重宝しますよ!

お出かけスタイル
・基本の冬服+ジャンプスーツ+帽子

 

関連記事

おすすめのジャンプスーツ

矢印アイコンジャンプスーツの人気ランキング

5ヶ月の赤ちゃんの冬の布団の選び方

寝ている赤ちゃんまだまだ体の小さな生後5ヶ月の赤ちゃんが冬の寒さで体を冷やして風邪をひかせないように!と、ついつい何枚のお布団を掛けて暖かくしてあげたくなってしまいますが、赤ちゃんは寝るときに体温が上昇して体が温かくなりますし、暖かい冬の服装で寝かせてあげているのなら、必要以上に布団をたくさんかけてあげる必要はありません。

生後5ヶ月の赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、布団をたくさんかけてしまうと暑くなりすぎて体内に熱がこもってしまい、お布団の中で汗をたくさんかいてしまうので、布団の種類と枚数は室温と服装にもよりますが、基本的に肌毛布+綿布団の2枚重ねで大丈夫です。

スリーパーで朝まで暖か☆

冬の夜はお布団2枚では寒そうだから心配な場合は、タオルケットを追加してかけてあげたり、スリーパーをパジャマの上に着せてあげるようにしましょう。

スリーパーは寝返りが上手になってくる生後5ヶ月頃の赤ちゃんが布団の中で転がっても脱げることがないので、冬のねんねアイテムとしておすすめです☆

基本のお布団
・肌毛布+綿布団
・肌毛布+綿布団+タオルケットorスリーパー

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

5ヶ月の赤ちゃんの暖房の使い方のポイント

赤ちゃんと暖房器具冬に暖房を使って生後5ヶ月の赤ちゃんが過ごすお部屋を暖める場合、設定温度は何度にしたらいいのか?迷ってしまいますが、基本的に赤ちゃんが快適に過ごせる温度は年間を通して18℃~23℃なので、赤ちゃんの様子を見ながら20℃前後の温度設定にするのがおすすめです。

また、夜寝るときに暖房をつけっぱなしにした方がいいのか?と悩んでしまうこともありますが、基本的に暖かい服装+暖かいお布団をかけてあげているのなら、一晩中暖房をつけっぱなしにする必要はありませんし、むしろつけっぱなしにすることで空気が乾燥して肌トラブルなど赤ちゃんへの悪影響が多くあります。

暖房を使ってお部屋を暖めている時は、赤ちゃんになるべく薄手で動きやすい服装をさせてあげるとうにして、少し寒そうな時は暖房の設定温度を上げる前にベストやレッグウォーマーなどの防寒小物を使って上手に体温調節をするようにしてくださいね!

暖房の設定温度
18℃~23℃が目安

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

赤ちゃんの成長に合った冬の服装を選ぶことが大切!

5ヶ月の赤ちゃん生後5ヶ月頃の赤ちゃんの成長は個人差が大きく、首がしっかり据わって寝返りが上手にできる子もいれば、まだ寝返りができない子もいますが、体の発達には個人差があるものなので焦らずに、その子の成長にあった冬の服装をさせてあげることが大切です。

また、ベビー服はすぐにサイズアウトしてしまうけど、が来年の冬も着られるように!と大きめのサイズを選びたくなってしまいますが、今の生後5ヶ月の赤ちゃんの体の大きさは1年後はとても大きくなりますし、小さな体の赤ちゃんにブカブカのベビー服を着せると寝返りなどの動きを妨げてしまうので、体の大きさに合った服装を選んであげて下さいね。

冬らしいモコモコの着ぐるみタイプやおしゃれなデザインのカバーオールなど、冬服は選ぶのも楽しい季節でもあるので、赤ちゃんの成長を楽しみながら楽しい冬を過ごしましょう!