6ヶ月の赤ちゃん生後6ヶ月頃の赤ちゃんは寝返りで部屋中を転がったり、腰がしっかりしてくるのでお座りが上手になってきて、体がずいぶんしっかりしてくる時期なので、色々なタイプのベビー服を着せられるようになってきます。

室内で過ごす場合とお散歩などの外出時の服装はもちろん違ってくるので、寒さから守ってくれるアウターと、帽子などの防寒アイテムも必要になってきますが、どんな物を選んだらいいのでしょうか?また、服装だけでなく、6ヶ月の赤ちゃんの過ごすお部屋の暖房の使い方、布団の選び方などわからないことがたくさんありますよね。

ここでは、生後6ヶ月頃の赤ちゃんの冬の服装・お布団の選び方と、暖房を使う時の過ごしやすい生活環境の整え方を紹介します☆

Sponserd Link

6ヶ月の赤ちゃんの成長と冬の服装・肌着の選び方

6ヶ月の赤ちゃん個人差はありますが、生後6ヶ月頃の赤ちゃんは腰がすわっておすわりができるようになってくるので、頭からかぶせるタイプの服装も着せやすくなってきます。肌着もかぶせタイプのものが楽に着せられるようになってくるので、着替えの時のママの負担が減ってきますね!

もちろん、まだまだカバーオールのような上下が繋がったベビー服でも問題ないのですが、上下が分かれたセパレートの服も着させやすく、おむつ替えも楽なので、生後6ヶ月を迎えたら冬服はトップスとズボン・スカートにする!というママも多いようです。

冬になると「冬物」と呼ばれる暖かい素材でできた長袖の肌着も販売されるようになりますが、長袖の肌着の上に暖かい冬物のベビー服を着せると暑くなりすぎることがあるので、着せ方に注意が必要です。例えば、室内で肌着の上に暖かい冬物の服装をさせる場合は、年中素材の半袖の肌着が適していますが、冬の外出時は寒いので暖かい長袖の肌着を着せてあげるのがおすすめです。

【室内】生後6ヶ月の赤ちゃんの服装の選び方

6ヶ月の赤ちゃん 冬生後6ヶ月の赤ちゃんが室内で過ごす時の冬の服装を選ぶ時に大切なことは、着せすぎに注意する!ということです。冬は寒いから…とついつい厚着をさせたくなりますが、赤ちゃんは大人よりも体温が高い上に、暖房を使って室内を暖めていると、暑くなりすぎて汗をたくさんかいてしまいます。

コロコロ寝返をしたり、おすわりをしながら遊んでいると、気づいたら冬なのに額から汗をかいていた!なんてこともあるので、暖房を使っている場合には基本的に薄着でも大丈夫ですが、赤ちゃんの様子を見ながら、暑すぎず寒すぎない服装をさせてあげるようにしましょう。

この頃になるとモコモコのクマやウサギの耳が付いた可愛らしいカバーオールを着せてあげることができるので、赤ちゃん期の今だからこそ可愛く着せられるおすすめのアイテムです☆

基本スタイル
・ボディスーツ(半袖or長袖)+カバーオール
・ボディスーツ(半袖or長袖)+セパレートタイプの服装

おすすめのカバーオール

矢印アイコンカバーオールの人気ランキング

【外出・散歩時】生後6ヶ月の赤ちゃんの服装の選び方

冬にベビーカーに乗っている赤ちゃんどんなに冬の寒い日でも生後6ヶ月の赤ちゃんを連れて病院や上の子のお迎えなど、外出しなければならないこともありますよね。また、寒くても毎日少しの時間でも外気に触れさせることで赤ちゃんの体が強くなると言われているので、天気がいい日はお散歩に連れだしてあげたいですよね!

冬の外出・お散歩には、いつもの服装の上に全身を覆ってくれてしっかり防寒してくれるジャンプスーツを着せてあげるのがおすすめです。

ジャンプスーツはカバーオールと見た目は似ていますが、首~足元までファスナーで開閉することができるのでとても着せやすいのが特徴で、中綿入りのものなら保温性も高いので冬の外出・お散歩時のアウターとして重宝しますよ!

お出かけスタイル
・基本の冬服+ジャンプスーツ+帽子

 

関連記事

おすすめのジャンプスーツ

矢印アイコンジャンプスーツの人気ランキング

6ヶ月の赤ちゃんの冬の布団の選び方

お布団をかけている赤ちゃん赤ちゃんが寒くて風邪をひいてしまわないように!と冬はたくさんお布団をかけて暖かくしてあげたくなりますが、生後6ヶ月の赤ちゃんはまだ体温調節機能が未熟なので、布団をかけすぎてしまうと体内に熱がこもって暑くなりすぎてしまうので注意が必要です。

布団の種類と枚数は室温と服装にもよりますが、基本的に肌毛布+綿布団の2枚重ねで大丈夫です。もしそれでは寒そうな場合は、タオルケットを追加してかけてあげたり、ベストタイプのスリーパーを着せてあげましょう。

スリーパーは寝返りが上手になった生後6ヶ月頃の赤ちゃんがどんなに動いてもはだけることがないので、冬のねんねアイテムとしておすすめです☆

基本のお布団
・肌毛布+綿布団
・肌毛布+綿布団+タオルケットorスリーパー

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

6ヶ月の赤ちゃんの暖房の使い方のポイント

パネルヒーター冬は赤ちゃんが過ごすお部屋を暖房で温めているご家庭が多いと思いますが、設定温度は何度のしたらいいのでしょうか?生後6ヶ月頃の赤ちゃんに快適な冬の室温は、18℃~23℃なので、だいたい20℃前後にお部屋を暖めてあげるのがおすすめです。

また、夜は暖房をつけっぱなしにした方がいいのかな?と悩んでしまうこともありますが、基本的に暖かい服装+暖かいお布団をかけてあげているのなら、一晩中暖房をつけっぱなしにする必要はありません。

暖房を使ってお部屋を暖めている時の赤ちゃんの服装は、なるべく薄手で動きやすいものを選び、靴下は履かせずに体温調節としてレッグウォーマーを履かせてあげましょう。ふくらはぎを温めることで体温が1℃上昇すると言われているので、冬の防寒アイテムとして重宝してくれるアイテムですよ!

暖房の設定温度
・18℃~23℃が目安

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

赤ちゃんの成長に合った冬の服装を選ぶことが大切!

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん生後6ヶ月頃の赤ちゃんの成長は個人差が大きくなってくる時期で、一人座りができて色々な服装をさせやすくなってくる子もいれば、まだおすわりが上手にできない子もいて当然の時期なので、その子の成長にあった冬の服装をさせてあげることが大切です。

腰がまだ不安定なのに上下が分かれたセパレートタイプの服装をさせると、赤ちゃんにも負担がかかってしまいますし、着せるのが大変なのでママも大変です。また、来年の冬も着られるように!と大きめのサイズを選びたくなる気持ちもわかりますが、今の生後6ヶ月と1年後の1歳半では体の大きさが全然違うので、勿体ないと思っても体の大きさに合ったものを選んであげるようにして下さいね!

モコモコの着ぐるみタイプやおしゃれなデザインなど、色々な種類の冬服があるので、赤ちゃんの成長を楽しみながら冬服を選び、楽しい冬を過ごして下さいね☆