生後6か月になると、寝返りが上手になりだんだん腰が据わり、ズリバイを始める赤ちゃんもいてかわいい時期ですが、だんだん動くようになって目が離せなくなってきますよね。

動くようになってくると、夏は汗もよりたくさんかくようになるので、汗疹ができないように吸湿性に優れた素材の服装選びをして快適に過ごさせてあげましょう!

ここでは、生後6ヶ月頃の赤ちゃんの夏の服装の選び方のポイントと注意点を紹介します☆

Sponserd Link

室内ではロンパースでOK!

6ヶ月の赤ちゃん個人差はありますが生後6ヶ月頃の赤ちゃんはお座りができるようになるので、夏に室内にいる場合の服装はお腹が出ないつなぎタイプのボディースーツ型の肌着(別名ロンパース)を1枚で着せてあげるのがおすすめです。

今まで前開きタイプのボディ肌着を使ってきたご家庭も多いと思いますが、腰がすわってくることで頭からかぶせるタイプの肌着も楽に着せてあげられるようになりますよ!

体を活発に動かす生後6ヶ月の赤ちゃんは、少し動いただけでも汗をかいて肌着が湿ってしまうことも多いので、肌トラブルを未然に防ぐためにも夏はこまめに肌着の様子を確認し、少しでも濡れていたらすぐにお着替えをさせてあげるようにしてくださいね☆

おすすめのボディ肌着
矢印アイコンボディ肌着の人気ランキング

動きやすく涼しい服装が◎

6ヶ月の赤ちゃん生後6ヶ月頃の赤ちゃんが夏に外出する場合の服装は、ボディースーツ型の肌着の上にカバーオールまたは、上下が分かれている半袖と半ズボンを着せてあげましょう。

基本的には肌着+ベビー服の重ね着をさせますが、暑くて肌着の上にベビー服を着せるのは可哀想に感じる場合は、背中に挟み込むタイプの汗取りパットを使うことで、赤ちゃんの背中の汗を吸い取り涼しくて快適なのでおすすめです。

✽関連記事  赤ちゃんに汗取りパッドは必要?汗疹を予防する方法とは?

夏はマリンテイストや甚平などの和テイストの爽やかな服装ができる時期ですが、汗をかいたらこまめに肌着とベビー服を交換することを忘れないようにして、生後6ヶ月の赤ちゃんを肌トラブルから守ってくださいね☆

おすすめの夏用カバーオール
矢印アイコンカバーオールの人気ランキング

エアコンを使う時の冷え対策

6ヶ月の赤ちゃん夏になると気温が高い日が続くので、快適に過ごせて熱中症を予防するためにも、エアコンで室内を26℃~28℃に保つことが推奨されていますが、エアコンを使う時には生後6ヶ月の赤ちゃんにどんな冷え対策をしたらいいのでしょうか?

体を元気に動かす赤ちゃんに、重ね着や厚手の服装をさせてしまうと逆に暑くなって汗をかいてしまうので、室内ではスリーパーをさっと羽織らせてあげるのがおすすめです。

スリーパーは冬のねんねアイテムの印象が強いかもしれませんが、綿素材のスリーパーなら吸湿性・通気性に優れているので、夏の冷房対策・寝冷え対策はもちろん、秋冬の冷え対策としても使えるので、1枚もっているとマルチに使えて重宝しますよ☆

おすすめの夏用スリーパー
矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

✽関連記事  赤ちゃんの夏用のスリーパーは必要?いらない?選び方のポイント

足元を温めて冷えから守ろう!

レッグウォーマーを履いている赤ちゃんエアコンを使うと大人でも足元が冷える感じがするのは、赤ちゃんも同じです。特に赤ちゃんが過ごすことが多い低い床部分には冷気がたまりやすいので足元の冷え対策をしてあげたいですよね。

生後6ヶ月頃の赤ちゃんの夏の服装は裾の短いタイプが多く、足が出てしまっていることも多いので、そんな時はレッグウォーマーを履かせて足元を冷えから守ってあげましょう。

靴下でもいいのでは?と思うかもしれませんが、赤ちゃんは体温調節として足の裏からも熱を放出していますし、何より靴下は脱げやすくて片方なくしてしまった…なんてことも多いので、ふくらはぎにフィットして脱げにくいレッグウォーマーがおすすめです☆

おすすめのレッグウォーマー
矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

まとめと注意点

6ヶ月の赤ちゃん生後6ヶ月頃の赤ちゃんはよく体を動かすようになるので、夏は柔らかくて動きやすく、吸湿性・通気性の高い素材の涼しい服装を選んであげましょう。

エアコンを使う場合は体を冷やしてしまわないように、冷気が赤ちゃんに当たらないようにすることはもちろん、スリーパーやレッグウォーマーを使って冷え対策をしてあげるのがおすすめです。

夏は楽しいお出かけの予定もたくさんあると思うので、生後6ヶ月の赤ちゃんが楽しく元気に過ごせるように肌着と服装、生活環境をしっかり整えて暑い夏を乗り切って下さいね☆