【生後6ヶ月】赤ちゃんの春の服装と肌着の着せ方だんだん暖かくなってくると、今まで着せていた冬の服装ではちょっと暑そうだし、生後6ヶ月の赤ちゃんにも春らしい服装をさせてあげたくなりますよね!でも、どんな肌着と服装をさせたらいいのか?と迷っているママも多いのではないでしょうか?

生後6ヶ月の赤ちゃんの春の服装は、ボディ肌着+カバーオールorロンパースが基本となり、個人差はありますが腰が座ってくる時期でもあるので、頭からかぶるタイプの服装も着せやすくなってきます。

また、春は寒暖差が激しいので赤ちゃんが体調を崩してしまわないように、室温管理や、お布団の掛け方など快適に過ごす為の工夫も必要になってきます。ここでは、生後6ヶ月の赤ちゃんの春服と肌着の着せ方と過ごし方のポイントを紹介します。☆

Sponserd Link

生後6ヶ月赤ちゃんの春の肌着の着せ方

春は暖かいと思っていても急に気温が下がることが多いので、赤ちゃんのお腹が出ないボディスーツ(ボディ肌着)おすすめです。生後6ヶ月を過ぎると、寝返り~ズリバイをするようになってくる赤ちゃんが多いので、頭からかぶるタイプのボディスーツが着せやすくなってきますよ!

腰が座ってくると、上下が分かれた頭からかぶって着るタイプの肌着も着せやすくなってきますが、ハイハイをしていると肌着がずり上がってきてしまうのでおすすめできません。

生後6ヶ月頃の赤ちゃんはよく体を動かして汗をたくさんかくので、薄手の春素材の肌着を選んであげましょう☆

おすすめのボディ肌着

 

矢印アイコンボディ肌着の人気ランキング

生後6ヶ月におすすめの春の服装

赤ちゃんは生後6ヶ月を過ぎると寝返り~ずりばいをする子も多く、とてもよく身体を動かして汗をたくさんかくので、お部屋の中にいるときは春物の薄手の服装をさせてあげましょう。

個人差はありますが、生後6ヶ月頃の赤ちゃんは70サイズくらいが平均的です。70サイズになると、カバーオールやロンーパースだけでなく、上下が分かれた服装も着れるようになってきて、着せる楽しみが増えてきます。

上下が分かれた服装をさせるときは、春といってもお腹が冷える心配があるのでボディ肌着を着せてお腹が冷えるのを守ってあげるようにしましょう☆

おすすめのカバーオール

矢印アイコンカバーオールの人気ランキング

カーディガンで冷えを防止!

春は肌寒い日もあれば、気温が高く汗ばむ陽気の日もあり、大人でも服装選びに迷ってしまうくらいですが、生後6ヶ月頃の赤ちゃんの春の服装選びで一番大切なことは、暑すぎず寒すぎない服装をさせてあげるということです。

そんな時に大活躍してくれるアイテムが、薄手のカーディガンです。

肌寒い時にはいつもの服装にカーディガンを1枚プラスすれば冷えを防げますし、暖かい日にはいつでのさっと脱げるのでとても便利なので1枚持っておくのがおすすめです☆

おすすめのカーディガン

矢印アイコンカーディガンの人気ランキング

春の過ごし方のポイント

「春」と一言で言っても、冬に逆戻りしたように寒い日もあれば、気温が上がってポカポカ陽気の日もあるので、赤ちゃんの服装に気を配るのはもちろんですが、室温やお布団の選び方にも注意してあげることでより快適に過ごすことができます。

春に赤ちゃんが快適に過ごせる室温は20℃~23℃なので、もし冬のように寒くて室温が15℃以下の場合は、弱めに暖房をつけてお部屋をあたためてあげたり、暖かい服装をさせたりして体を冷やしてしまわないように注意してあげて下さいね。

また、春はお布団の選び方も重要になってきます。厚手のお布団だと暑すぎることもありますし、薄手のお布団だと寒すぎることもあって困ってしまいますが、そんな時はパジャマの上にスリーパーを羽織らせてあげると体温調節が簡単にできるのでおすすめですよ☆

関連記事

関連記事