お座りも上手になりずりばいを始める子が増えてくる生後7ヶ月頃の赤ちゃんは、動きがますます活発になって目が離せなくなってくる時期ですね。

夏の暑い日にふと赤ちゃんを見ると汗だくでびっくり!なんてこともよくあるので、動きやすくて涼しい服装選びをしてあげることはもちろんですが、汗疹などの肌トラブルを防ぐためにもこまめな着替えも必要です。

ここでは、生後7ヶ月頃の赤ちゃんの服装と肌着の着せ方を紹介します☆

Sponserd Link

室内ではロンパースが快適!

7ヶ月の赤ちゃん夏の暑い季節に生後7ヶ月頃の赤ちゃんがお部屋の中で過ごすときの服装は、頭からかぶって股下をスナップボタンで留めるボディ肌着や薄手のロンパースが涼しくておすすめです。

生後7ヶ月頃の赤ちゃんの成長には個人差がありますが、お部屋の中を転がったり、ズリバイ、つかまり立ちをして体を動かすと、夏は特に汗をかきやすくなるので、背中に汗取りパッドを挟み込んであげるとあせも対策になりますよ!

✽関連記事  赤ちゃんに汗取りパッドは必要?汗疹を予防する方法とは?

また、色々な素材の肌着やロンパースが販売されていますが、汗をかきやすい夏だからこそ通気性・吸湿性が高く、さらりとした感触の「夏素材」と表示のあるものを選ぶと、赤ちゃんもより快適に過ごせますよ☆

おすすめのロンパース
矢印アイコンロンパースの人気ランキング

動きやすく涼しい服装が◎

7ヶ月の赤ちゃんただでさえ暑がりで汗かきな赤ちゃんがずりばいを始める生後7ヶ月頃の赤ちゃんの夏の服装で一番気を付けたいのは、伸縮性が高くて動きやすい服装を選ぶことです。

好奇心が旺盛で色々な場所へ動き始めるので、デニムなど固い素材ではなくストレッチが効いた柔らかいカバーオールなどの服装をさせてあげてくださいね。

特に着る機会が多いボディ肌着やロンパースはなるべく綿100%のものを選び、ベビー服も汗を吸い取りにくいポリエステル系は避けるようにすることで、特に夏に多い汗疹の予防にもなりますし、通気性にもすぐれているので、体を元気に動かす生後7ヶ月の赤ちゃんも涼しく快適に過ごせますよ☆

おすすめの夏用カバーオール
矢印アイコンカバーオールの人気ランキング

エアコンを使う時の服装はどうする?

7ヶ月の赤ちゃん赤ちゃんにエアコンはあまり使いたくない!と思うママも多いかもしれませんが、近年の夏の暑さを考えると熱中症予防の観点からも、元気に動いてすぐに汗だくになってしまう生後7ヶ月の赤ちゃんが過ごすお部屋をエアコンで26~28℃設定にしてあげることが推奨されています。

でも、エアコンを使うと体を冷やしてしまうのでは?と心配になりますよね。そんな時は、ガーゼ素材のスリーパーを羽織らせてあげて、冷気から守ってあげましょう。

スリーパーなんて夏は暑いのでは?と思うかもしれませんが、5重・6重に重ねられたガーゼ素材のものなら、素早く汗を吸収して熱を放出してくれますし、活発に体を動かす生後7ヶ月の赤ちゃんのお腹を冷えから守ってくれます。年間を通して使えるアイテムなので、夏も冷え対策としておすすめです☆

おすすめの夏用スリーパー
矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

✽関連記事  赤ちゃんの夏用のスリーパーは必要?いらない?選び方のポイント

足元の冷えに要注意!

レッグウォーマーを履いている赤ちゃんエアコンを使う時に気にして欲しいのが、赤ちゃんの足の冷えです。冷気は低い位置にたまりやすい性質があるので、生後7ヶ月の赤ちゃんが過ごすことの多い床部分が冷えていることが多く、短い裾の夏服を着せていると足が冷たくなっていて驚いてしまうことも。

足元が冷えると体全体が冷えてしまいやすいので、エアコンを使う時はレッグウォーマーでふくらはぎを温めて、冷えから守ってあげましょう。

靴下派の方もいるかもしれませんが、活発な生後7ヶ月の赤ちゃんに靴下を履かせてもすぐに脱げてしまいますし、ふくらはぎを温めると体温が1.5℃上昇すると言われているので、冬だけでなく夏の冷え対策としてもおすすめです☆

おすすめのレッグウォーマー
矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

まとめと注意点

赤ちゃんとママいかがでしたか?全身を活発に動かして色々な方法で移動する生後7ヶ月の赤ちゃんの夏の肌着・服装は、特に吸湿性・通気性を重視して、さらりと涼しく着られるものを選ぶことが大切ですが、エアコンを使う場合は冷え対策を忘れずにしてあげてくださいね。

また、夏は外出する機会も多いですが、お店の中などは冷房が効きすぎていて寒いことも多いので、さっと羽織れるカーディガンやレッグウォーマーを持って行って、冷えから赤ちゃんを守ってあげましょう。

肌着・服装・生活環境を整えて、生後7ヶ月の赤ちゃんが楽しく夏を過ごせるようにしてあげてくださいね☆