【生後7ヶ月】赤ちゃんの春の服装と肌着の着せ方

【生後7ヶ月】赤ちゃんの春の服装と肌着の着せ方
生後7ヶ月の赤ちゃんの春の服装は、ボディ肌着+カバーオールor上下が分かれた洋服がおすすめです。

この頃の赤ちゃんはお座りが上手になるので、上下が分かれたセパレートタイプの服装が着せやすくなってきます。

ここでは、生後7ヶ月の赤ちゃんの春服と肌着の着せ方を紹介します☆

Sponserd Link

生後7ヶ月赤ちゃんの春の肌着の着せ方

赤ちゃんは生後7ヶ月を過ぎるとほとんどの子が腰が座るので、股下をスナップボタンで留めるボディ肌着以外にも、一般的な肌着も着せてあげられるようになります。

ただ、生後7ヶ月を過ぎるとずりばいを始める赤ちゃんが多いので、春暖かくなってきてもお腹を冷やさないためにも、引き続きボディスーツがおすすめです。

ずりばいを始めると赤ちゃんは汗をたくさんかくので、春の暖かい日は肌着をこまめにチェックして汗をかいていたらすぐに交換するようにしてあげましょう☆

おすすめのボディスーツ

矢印アイコンボディスーツの人気ランキングはこちら

生後7ヶ月の赤ちゃんにおすすめの春の服装

ずりばいを始める生後7ヶ月頃の赤ちゃんにおすすめの春の服装は、ロンパースor上下別の洋服です。

ロンパースは胸の部分にボタンがないので、あかちゃんがずりばいをしてもボタンが当たって痛くなることがないので安心です。

上下別の洋服はモンキーパンツなど可愛いものが多いのですが、ずりばいをするとお腹周りがめくれやすくなります。

春はまだまだ冷える日も多く、赤ちゃんがお腹を冷やさないためにも上下別の服を着せるときにはボディ肌着を着せてあげましょう☆

おすすめのカバーオール

※クリックで商品ページへ移動できます。

矢印アイコンカバーオールの人気ランキングはこちら

生後7ヶ月の赤ちゃんの肌着・服のサイズと大きさ

サイズ 70センチ
肌着 ボディ肌着:4~6枚
服装 カバーオール・ロンパース:4~6枚
セパレートタイプ:2~3セット