秋になると、日中は過ごしやすい気温でも、朝晩ぐっと冷え込むことが増えてきて、赤ちゃんが体調を崩しやすい季節になってくるので、体を冷やさないように注意が必要になってきます。特に、この時期気になるのが、冷え込む秋の夜、寝ているときに寝冷えをしてしまわないか?ということですよね。

赤ちゃんは寝相が悪い子が多いので、夜に何度布団をかけても蹴るから、寝冷えをしてしまわないか心配・・・というママも多いのではないでしょうか?

また、秋はどんな寝具を使ったらいいのか?パジャマは何を着せたらいいのか??など、赤ちゃんを快適に寝かせてあげるために、悩んでしまうことがたくさんありますよね!

ここでは、秋に赤ちゃんがぐっすり眠れるために準備しておきたいアイテムと、環境の整え方について紹介していきます!

Sponserd Link

赤ちゃんが布団を蹴る時の秋の対策方法

寝返りをしている赤ちゃん寝相の悪い赤ちゃんは、お布団をかけてもすぐに蹴る、体をまっすぐにしても反対側に向いていたりする、布団から足が出てしまっている・・・など、よくそれでぐっすり眠れてるなぁ、とある意味関心してしまうこともありますよね。

夏の間は布団を蹴ることが多くてもそれほど気にならなくても、朝晩の気温がぐっと下がってくる秋になると、お腹を冷やして風邪を引かせてしまうのではないか?と心配になってくるママも多いのではないでしょうか?

でも、かけてもかけても、布団を蹴る・・・そんな時は、赤ちゃんが暑がって布団を蹴っている可能性があるので、まずは赤ちゃんが寝るときの服装・寝具・環境を見直してみましょう!

秋~冬に大活躍のスリーパーは1枚あると便利!

寝ている赤ちゃん「スリーパー」は、秋~冬にかけての寝冷えの心配がある季節に、1枚持っているととても重宝するおすすめの赤ちゃんのためのねんねアイテムです。

色々なタイプのスリーパーがありますが、秋におすすめなのは、5重または6重ガーゼで作られた、ベストタイプのものです。ガーゼ素材は、通気性・吸湿性・保温性に優れているので、赤ちゃんが寝汗をかいてもさっと吸収してくれますし、保温性が高いのでお布団から体が出てしまっても、寝冷えを防いでくれますよ!

更に、肩のスナップボタンで留めるベストタイプのものなら、寝相の悪い赤ちゃんがどんなに動いても脱げることがないので、秋に布団を蹴ることが多い赤ちゃんに着せてあげると、万が一布団をかぶっていなくてもお腹を冷やすことがないので安心です。

ボア・フリースなどの秋冬用のあったか素材で作られたスリーパーも販売されていますが、ガーゼ素材のものなら、秋~冬だけでなく、春~秋も使えて1年中大活躍してくれますよ!

おすすめのスリーパー
矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

秋の赤ちゃんの寝具は、厚手のものはNG!

布団に寝ている赤ちゃん布団を蹴る理由の1つとして、かけてあげてるお布団が厚すぎる、ということがあります。

秋になると夏に使っていたタオルケットなどでは寒いかな?と思って、中綿入りの掛け布団や、毛布など暖かい寝具を準備してあげるご家庭が多いですが、赤ちゃんは大人より体温が高く暑がりなので、秋はまだ厚手の寝具は必要ありません。

もし、夏に使っていたタオルケットなど薄手の寝具では心配・・・という場合は、タオルケットにバスタオルを1枚追加してかけてあげたり、スリーパーを着せて寝かせてあげることで、夜中に布団を蹴る赤ちゃんも寝冷えの心配もなくなり、ママも安心して眠ることができますよ!

✽関連記事  赤ちゃんの秋冬の室温は何度が適温?過ごし方のポイントと便利なアイテム

秋、赤ちゃんにパジャマは何を着せたらいい?

布団に寝ている赤ちゃん夏は肌着や薄手のロンパース、甚平など、赤ちゃんのパジャマの種類が豊富ですが、秋になったら何を着せたらいいのか?迷ってしまいますよね。赤ちゃんは寝るときに熱を放出するので薄着がいい、と言われているものの、薄着すぎると冷えてしまったり、逆に厚手のものだと汗をかきすぎてしまったり・・・パジャマとして何を着せるのがいいのでしょうか?

一般的に秋用のパジャマというと、長袖・長ズボンになるように、赤ちゃんにも長袖のロンパースや、上下セットアップのパジャマを着せてあげますが、パジャマの上にお布団もかけるので、まずは赤ちゃんの様子を見ながらパジャマを選んであげるのがおすすめです。

例えば、秋用の長袖のパジャマ+お布団の組み合わせだと、寝汗をかいたり布団を蹴る赤ちゃんは、それだと暑いので、半袖のパジャマでもOKですし、長袖のパジャマ+薄手のお布団がちょうどいいという子もいるので、赤ちゃんの様子を見ながら臨機応変にパジャマと寝具の組み合わせを変えていくようにしましょう!

気温差の大きい秋は、寝冷えをさせないことが大事!

寝ている赤ちゃん「秋」と一言で言っても、秋の入り口はまだ夜の気温も高く、エアコンが必要な日もありますし、秋が深まる頃には朝晩の気温がぐっと下がって冬のような寒さを感じる日もあるので、赤ちゃんが体調を崩してしまわないように、寝具・パジャマの種類をその日の気温を見ながら上手に調節してあげましょう。

また、布団を蹴る赤ちゃんはお腹を冷やして下痢になったり、風邪をひいてしまったりすることが増えてくる季節でもあるので、ガーゼ素材のスリーパーを着せたり、腹巻き付きのパジャマを着せてあげるなどして、デリケートなお腹を守ってあげるようにしてくださいね!