1月生まれの赤ちゃんの退院時の服装のとおうちの環境の整え方

新しい年を迎え、ますます寒さが厳しくなってくる時期に誕生する1月生まれの赤ちゃんの退院時の服装は、冷たい外気に触れても驚かないように暖かいものを選ぶことが大切ですが、どんなものを選んだらいいのでしょうか?

ママ

赤ちゃんがはじめて外に出る退院時は、冬物の厚手の肌着・ベビー服とおくるみ+帽子などの防寒アイテムを用意しておくと安心です☆

ここでは、1月生まれの赤ちゃんの退院時の服装の選び方と、おうちの環境の整え方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

寒い日を想定して、暖かい素材を選ぼう!

新生児の赤ちゃん年が明けるとますます冷え込みが厳しくなる日が多いので、1月生まれの赤ちゃんが退院する時の服装は、寒いということを想定して暖かい素材のアイテムを選びましょう。

ママ

新生児の赤ちゃんの退院時の服装の基本は、短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオールなどのベビー服+おくるみですが、雪が降ったり寒さが厳しい時のことも考え、厚手のカバーオールも準備しておくと安心!

新生児用の帽子や靴下もあれば、1月生まれの赤ちゃんが初めて外気に触れても驚かず暖かくお家へ帰ることができますよ☆

ベビードレスは必要??

新生児の赤ちゃん1月生まれの赤ちゃんの退院時の服装は純白のベビードレスを着せたい!という方もいらっしゃると思いますが、必ずベビードレスが必要!という訳ではありません。

ママ

ベビードレスは退院時の他には、お宮参り位しか使うことがないので、お持ちでない場合はわざわざ買う必要はありませんよ。

普通のツーウェイオールにも退院時の服装としても、普段使いにも使える上品なタイプもありますし、おくるみで包んでしまえば何を着ているのかわからないので、1月生まれの赤ちゃんの退院時の服装はベビードレスでなくても大丈夫です☆

退院時におすすめのツーウェイオール
矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

*関連記事  冬生まれの赤ちゃんの退院時の服装の選び方と用意したいアイテム

【1月生まれ】退院時におくるみは本当に必要?

おくるみに包まれている赤ちゃん赤ちゃんが退院する時に必須のアイテムとされているおくるみですが、本当に必要なのかな?なくてもいいんじゃない?と思うこともあるかもしれませんね。

ママ

確かに退院時には肌着と温かいベビーウェアがあれば問題ないと言えばないのですが、おくるみがあれば北風が冷たく寒い時期に退院する1月生まれの赤ちゃんを寒さから守ってくれます。

寒波が訪れることも多い時期に退院する1月生まれの赤ちゃんに、暖かいおくるみは必須アイテムです。

抱きやすく、安全面でも◎

暖かいベビー服を着せてから、おくるみで包んであげるだけで赤ちゃんを寒さから守れるだけでなく、柔らかい体の赤ちゃんを安定して抱くことができるので安全面でも優れています。

また、退院時以外にもおうちでの赤ちゃんとの毎日に役立つアイテムなので1枚だけでも持っていると重宝しますよ!

おくるみの色々な使い方

おくるみに包まれている赤ちゃんまず、新生時期の赤ちゃんを寒さから守る防寒着、アウターとして1月生まれの赤ちゃんに必要になってきます。

ママ

赤ちゃんの防寒着の定番の防寒着といえばカバーオールですが、新生時期のベビー服のサイズに合うカバーオールはないので、温かい素材のカバーオールで寒さ対策をしてあげましょう。

おくるみは1月生まれの赤ちゃんの退院時だけでなく、冷え込む夜中の授乳時のケープとして、おむつ交換シートとして、ベビーカーでのブランケットとしても活躍してくれるので、肌触りのいいおくるみを準備しておくのがおすすめです☆

おすすめのおくるみ
矢印アイコンおくるみの人気ランキング

*関連記事  赤ちゃんの退院時におくるみは必要?どんな服装をさせたらいい?

おくるみの選び方のポイント

おくるみに包まれている赤ちゃん「おくるみ」とひとことで言っても色々なタイプがあるので、どんなものを選んだらいいのか?はじめてのことなのでわからないですよね。

一般的には正方形の形の大きな一枚布で、その上に赤ちゃんを抱いて巻いていきますが、足が二股に分れていてポッケ状態になっているものや、フード付きのタイプなど様々な形状のものがあります。

ママ

一枚布のタイプは色々な巻き方ができますが、寒い時期に生まれてくる1月生まれの赤ちゃんには、巻く手間が省けてさっと温めてあげることが出来る足付タイプが冬はとても便利ですよ。

また、冬用のキルトやフリースなど色々な素材を使ったおくるみがありますが、生まれたてのデリケートな赤ちゃんのお肌にも優しい綿100%の素材のものが通気性・保温性に優れているのでおすすめです☆

*関連記事  赤ちゃんの退院時におくるみは必要?どんな服装をさせたらいい?

【1月生まれ】部屋の環境の整え方

新生児の赤ちゃん寒さが厳しい1月に生まれてくる赤ちゃんのために、退院後もおうちで快適に過ごせる環境づくりをしておきたいですよね。

ママ

赤ちゃんが快適に過ごせる室温は、18~23度なので、必要になってくるのがお部屋を安全に暖める暖房器具です。

寒さが厳しい真冬は、石油ストーブを使っているご家庭も多いと思いますが、生まれたばかりの赤ちゃんのことを考えると、実はなるべく避けたい暖房器具です。

安全な暖房器具を選ぼう

オイルヒーター石油ファンヒーターはお部屋を暖める力は強いのですが、空気を汚してしまうのでこまめな換気が必要になってきますし、空気も乾燥させるだけでなく、やけどの危険性も。

ママ

赤ちゃんに安全な暖房器具といえば、空気を汚さず乾燥もしないパネルヒーターやオイルヒーターですが即暖効果が低いので、まずエアコンでお部屋を暖めてから使うのがおすすめです。

また、暖房器具だけに頼らず、赤ちゃんに暖かい服装をさせたり、レッグウォーマーやスリーパーで足元~上半身を温めてあげることでも1月生まれの赤ちゃんを寒さから守ってあげることが出来ますよ!

おすすめのスリーパー
矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

*関連記事  冬、赤ちゃんには布団の中でスリーパーを着せる?布団は何枚かける?

まとめ

新生児の赤ちゃんいかがでしたか?新年を迎え、更に冷え込みが強くなってくる1月生まれの赤ちゃんの退院時の服装の基本は、肌着+カバーオールに温かいおくるみを準備しておくと安心です。

ママ

そして退院後も赤ちゃんがおうちで体調を崩すことなく快適に過ごせるためには、安全な暖房器具と加湿器を使って、室温を18~23度、湿度を60%前後に保つようにしてくださいね。

寒い時期に新生時期を過ごす1月生まれの赤ちゃんだからこそ寒さ対策が必要になってきますが、新生児の赤ちゃんの温めすぎもよくないので、赤ちゃんの様子をよく観察しながら、快適に過ごせるような服装と環境作りをするように心がけるようにしましょう☆