新生児の赤ちゃんのオムツ交換の観察項目を体調管理に役立てる方法

新生児のオムツ交換は、ただオムツを変えるだけでよいというわけではなく、赤ちゃんの様子・排泄に関する観察項目と注意点がいくつかあります。

ママ

一日のおしっこ、うんちの回数を始め、色やかぶれなど確認することで、体調不良や肌トラブルを把握することができ、トラブルを未然に防ぐことができるのです。

また、赤ちゃんのオムツ交換はどのタイミングで行うのがベストなのでしょうか?ここでは、新生児のベビーのおむつ交換の際に確認したい観察項目と、おむつ交換のタイミングについて紹介します。

Sponserd Link

おしっことうんちの回数をチェック

おむつ新生児の赤ちゃんは排泄の回数が多いので、定期的に行うおむつ交換に合わせて、一日に何回のおしっことうんちをしたか、その回数をチェックしておくことが観察項目として重要です。

ママ

その理由は、排泄の回数は、赤ちゃんの健康のバロメーターでもあるからです。

新生児の赤ちゃんの一日のおおよその回数は、おしっこなら10~20回、うんちなら4~8回程とも言われています。注意点としては、少なすぎないか?または多すぎないかをチェックしておきましょう。

排泄物の色を確認しよう!

おむつ排泄物の色を確認することは、新生児の赤ちゃんの健康状態を知るためにもとても大切な観察項目です。

ママ

うんちの場合新生児の赤ちゃんのうんちの色を確認する時の観察項目は、血が混じったりしていないか、異物がないかなどを確認し、母子手帳に添付されている便色チェック表と照らし合わせてうんちの色を見てみましょう。

色が黒すぎたりする場合には、病気が隠れている可能性もありますので、産婦人科か小児科で診てもらいましょう。

おしっこの色も確認!

おしっこの場合新生児の赤ちゃんのおしっこの色を確認する時の注意点は、いつもと比べて色が濃いか?ということです。

ママ

もし、いつもより濃いオレンジ色をしている時は脱水気味になっている可能性があります。

その場合は、母乳やミルクをいつもより多めにあげたり、部屋が暑くないか、室温にも気をつけましょう。

おむつかぶれがないか?

おむつ最後の観察項目として、新生児の赤ちゃんのおしりや股に、オムツかぶれができていないかをチェックしましょう。

ママ

赤くなっている場合の注意点としては、よく乾燥させてからオムツをつけるか、ベビーローションを塗るかなどして、かぶれがひどくならないようにすることで、早く改善することができますよ。

また、あまりに長く赤みが続いたり、ただれてしまった場合には、病院にいき診てもらうようにしましょう!

新生児の赤ちゃんは、体調を崩しやすいので、おむつ交換の際の確認はとても大切です。観察項目をしっかり確認して、ベビーの体の健康状態を把握し、いつもと違う様子ならすぐに病院を受診するようにしましょう!

*関連記事  新生児の赤ちゃんのくしゃみが多い原因とは?家庭できる対策方法

新生児の赤ちゃんのオムツ替えのタイミングの見分け方

おむつ新生児の赤ちゃんのオムツ替えは、慣れるまではどのようなタイミングで変えたらいいのか?迷ってしまうママも多いと思います。

ママ

新生児期の排泄は1日に10~20回と言われていますが、うんちはすぐにオムツ替えをするべきですが、おしっこまで毎回交換するのはちょっと難しいので、どれくらいの間隔で換えてあげたらいいのでしょうか?

できるだけ交換してあげたい気持ちはあっても、大泣きしていて抱っこしていないといけなかったり、スヤスヤ眠ってしまっていたりと、なかなかタイミングの難しいオムツ替え。ここでは、新生児のオムツ替えのタイミングと注意したいポイントについてお話しします☆

赤ちゃんの変化を良く観察しよう!

オムツ姿の赤ちゃん生まれて間もない新生児の赤ちゃんでも、おしっこやうんちをする際は、赤ちゃんから何らかのサインが現れます。

ママ

そのサインは赤ちゃんによって異なり、寝ていても急に泣き出す子もいれば、いきむようなしぐさを見せる赤ちゃんもいるので、一重に泣き出したからといってオムツ替えのサインとも限らないものです。

我が子のしぐさや泣くタイミングを観察して、排泄のサインを見つけたら、そのタイミングでオムツを確認し、濡れているならオムツ交換をするようにしましょう。オムツ替えのタイミングは、新生児のベビーとママにとって適切だと思えるタイミングを見つけていくことが大切です。

授乳の前や時間で区切って替えるのも◎

母乳を飲んでいる赤ちゃん新生児の赤ちゃんのオムツ替えのタイミングは、生活の区切りで自分なりにタイミングを見つけていくのが最ももよいと言われています。

ママ

たとえば、授乳の前に必ず確認するなど、2時間おきに確認するなど、定期的にタイミングを作っていくことで、オムツ替えを忘れることもなくなります。

また、新生児の赤ちゃんの生活リズムを整える効果もありますので、自分が楽にオムツ替えを出来るタイミングで区切っていくのもよいでしょう。

吸収率が良いからと放置しないで!!

おむつ姿の赤ちゃん最近の新生児用の赤ちゃんのオムツはとても吸収率が良いので、うんちは比較的早く変えても、おしっことなるとつい「まだ大丈夫かも?」と思いがち…

ママ

オムツ替えのタイミングを見つけることは、赤ちゃんをおむつかぶれから守ることにもつながるので、タイミングよく交換して、いつまでも放置しないようにしてくださいね。

「吸水性・吸湿性に優れて長時間サラサラ!」と謳っているオムツでも、お肌の弱い新生児の赤ちゃんはオムツかぶれを起こしやすいので、気付いたらすぐに交換をするように心がけ、デリケートなベビーのお肌を守りましょう☆