ツーウェイオールを着ている赤ちゃんベビー服には色々な種類がありますが、カバーオールとツーウェイオールは一見似たような感じのベビーウェアなのでどちらを買ったらいいのか?また、どう着せたらいいのか?迷ってしまいますよね。

まず、カバーオールは全身をすっぽり覆ってくれるつなぎ状のベビー服で、足が分かれているのが特徴です。ツーウェイオールは、スナップボタンの留め方でドレスオールとカバーオールタイプの2通りの着せ方ができるベビーウェアで新生時期から着せられるのが特徴です。

これから生まれる赤ちゃんのために準備するのなら、まずはツーウェイオールを購入しましょう!

ここでは、カバーオールとツーウェイオールはどっちがいいの?の疑問と、着せ方・選び方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

カバーオールとツーウェイオールの違いとは?

カバーオールを着ている6ヶ月の赤ちゃん 冬先ほども紹介しましたが、カバーオールとツーウェイオールは一見似ているようですが、機能的に異なるベビーウェアです。大きな違いは、ツーウェイオールは股下のスナップボタンの留め方でドレスオールとカバーオールタイプの2通りの着せ方ができますが、カバーオールタイプはボタンの付け替えができないのでドレスオールにはならない所です。

ツーウェイオールはボタンの付け替えで両足が分かれたカバーオールタイプになりますが、厳密に言うとカバーオールとは違います。また、カバーオールはサイズ展開が70cm~のものが多く、しっかりとした造りですが、新生時期の赤ちゃんには大きすぎて手足の動きが制限されてしまうので、生後4ヶ月頃から着せてあげるのがおすすめです。

次に、ツーウェイオールとカバーオール、それぞれの着せ方と選び方のポイントを紹介していきます☆

ツーウェイオールの着せ方・選び方

ツーウェイオールを着ている赤ちゃんツーウェイオールは、生まれたばかりの新生時期の赤ちゃんから着せてあげることができるベビーウェアで、サイズ展開は50-60cmのものがメインとなります。

おむつ交換が頻繁な新生児~手足が動き始めた位(生後2ヶ月位まで)の赤ちゃんにはオムツ替えやおしっこラインのチェックをこまめにしなくてはならないので、ツーウェイオールのボタンを留めずにドレスタイプにするととても便利です。

着せ方は、短肌着の上にコンビ肌着を着せ、その上にツーウェイオールを着せます。新生時期(0~3ヶ月)の赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、肌着2枚+ツーウェイオールの3枚重ねが基本です。

カバーオールとツーウェイオールのどっちにするか?迷っているときは、まずツーウェイオールを着させてみてドレスタイプとカバーオールタイプのどちらが使いやすいか?を見定めてから使いやすい方を選ぶようにしましょう☆

着せ方のポイント
・短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオール

おすすめのツーウェイオール

矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

カバーオールの着せ方・選び方

カバーオールを着ている5ヶ月の赤ちゃんカバーオールは全身をすっぽり覆ってくれる長袖・長ズボンのベビーウェアで、サイズ展開が70cm~のものがほとんどなので、オムツ換えの頻度が減って手足が元気に動くようになった生後4ヶ月以降の赤ちゃんにおすすめです。

袖と裾にゴムが入っていたり、リブ編みの生地が使われているものが多いので、寒い時期はしっかりと防寒してくれます。また、足付きタイプのカバーオールは足元からの冷えを守ってくれるので、寒い冬に重宝するベビーウェアです。

着せ方は、つなぎタイプのボディ肌着の上にカバーオールを着せるだけで大丈夫です。生後4ヶ月以降の赤ちゃんは体温調節機能が整ってくるので、肌着+カバーオールの2枚重ねで大丈夫になります。

カバーオールとツーウェイオールのどっちがいいか?は月齢・用途によって異なるので、月齢が小さいうちはツーウェイオール→カバーオールの順に着せてあげましょう☆

着せ方のポイント
・ボディ肌着+カバーオール
・生後4ヶ月~がおすすめ

おすすめのカバーオール

矢印アイコンカバーオールの人気ランキング

カバーオールとジャンプスーツの違いとは?

ジャンプスーツを着ている赤ちゃん冬になると、赤ちゃんの防寒着としてカバーオールが大活躍してくれますが、色々見ていると「ジャンプスーツ」という言葉も耳にするようになりますが、一見カバーオールと同じつなぎタイプの形状のジャンプスーツとはどんなものなのでしょうか?

まず、カバーオールとジャンプスーツの大きな違いは、カバーオールがスナップボタンで脱着させますが、ジャンプスーツは首~足元までファスナーで脱着させるので、寒い冬の時期の外出時にさっと着せてあげることができるのが特徴です。

また、表面が撥水加工されていたり、特殊な風を通さない素材が使われていたり、中綿やダウンが入っているものが多く、特に寒さが厳しい時期のアウターとして重宝するベビーウェアです。ベビーカーでのお出かけが多い場合、このジャンプスーツを着せてあげれば、しっかり寒さから守ってくれるので安心ですよ!

着せ方のポイント
・肌着+冬用の服装+ジャンプスーツ

おすすめのジャンプスーツ

矢印アイコンジャンプスーツの人気ランキング

体の大きさに合わせてベビーウェアを選ぶことが大切!

笑顔の赤ちゃんいかがでしたか?ベビー服にはツーウェイオール、カバーオール、ジャンプスーツ、ロンパースなど色々な種類があり、どっちを着せていいのか?わからなくなってしまうこともありますが、赤ちゃんの体の大きさに合わせたベビーウェアを選んで着せてあげることが大切です。

生まれたばかりの新生時期にルーウェイオールとカバーオール、どっちを着せようかな?と迷っているなら、迷わず小さなサイズ展開のツーウェイオールを選び、赤ちゃんが成長してきたらカバーオールを着せてあげるようにしましょう。

また、季節ごとに色々な素材を使ったツーウェイオール、カバーオールが販売されますので、季節に合った素材のものを着せてあげることで、赤ちゃんも快適に過ごせますよ☆