キンダベート
赤ちゃんが虫さされの時、病院で処方される薬は何種類かありますが、その中の1つである「キンダベート」とはどんなお薬なのでしょうか?

聞き慣れない名前のお薬なので、「これってもしかしてステロイド薬なんじゃないのかな?」と不安になる方もいるかもしれませんね。

ここでは、虫さされなどで処方される「キンダベート」軟膏がどのような薬なのか?使い方と注意点を紹介します!

Sponserd Link

「キンダベート」ってステロイド?

赤ちゃんが虫さされの時に処方される塗り薬である「キンダベート」とは、合成副腎皮質ホルモン、つまりステロイド外用薬です。

軟膏タイプで、ステロイドとは言え比較的ゆるやかに効いてくるため、アトピー性皮膚炎や顔面、頸部、わきの下、陰部の湿疹・皮膚炎など、皮膚の弱い部分の治療に多く用いられる薬であり、炎症を抑える作用があります。

え?ステロイドなの??と驚いてしまう方もいるかもしれませんが、一般的にステロイドの強さは5段階あり、キンタベートは弱い方から数えて2番目のお薬なので、副作用などの心配が少ない、比較的弱いお薬なので安心して赤ちゃんの虫さされに使うことができますよ!

ステロイド薬は治りが早いって本当?

赤ちゃんの手

赤ちゃんの体を考えると、あまりステロイド薬は使いたくない・・・と、考えてしまうママも多いと思います。

しかし、ステロイドの薬はは虫さされなど、皮膚の炎症を素早くしずめる強い作用があり、比較的短期間で皮膚炎をおさえることが可能なのです。

市販されている一般的なかゆみ止めのお薬より治りが早いので、虫さされで赤ちゃんがかゆがって皮膚をかきむしって炎症をひどくする前に「キンダベート」などのステロイド薬の力をかりて、早めに腫れや痒みをとってあげるのが得策です!

キンダベートの使い方は、虫さされの患部を清潔にしてから指の先につけて塗布しますが、塗る回数は虫さされの症状によるので、医師の指示を仰ぐようにしてくださいね。

ステロイドは虫さされにも効くの?

軟膏を塗られている赤ちゃん

ステロイドの軟膏といえば、アトピー性皮膚炎などの治療薬のイメージがあり、虫さされにどうしてステロイドが必要なの?と思ってしまいますよね。

赤ちゃんの虫さされの厄介なところは、かきむしることで、更に「とびひ」になる可能性があるということなので、皮膚の炎症を沈める作用がある「キンダベート」を使い、かゆみや痛みを伴う虫さされに効果を発揮してくれお薬なのです。

ステロイド薬ではありますが、だからこそキンダベートは、虫さされの炎症を更に悪化させないようにしてくれるので、医者の指示に従い使用すれば副作用の心配は少なく、安心して使うことができますよ!

お出かけ前に虫さされ対策をしよう!

ベビーカーに乗っている赤ちゃん

赤ちゃんの皮膚は柔らかく、蚊などの害虫に刺されやすいので、お出かけの前に虫さされ対策をしましょう!

色々な虫除けグッズが販売されていますが、お肌に塗るタイプの虫除けは赤ちゃんが使っても大丈夫なものか?必ず確認し、以外と塗り忘れてさされてしまいがちな足の指や、耳~うなじにかけての部分にもしっかり塗って上げてくださいね。

また、キンダベートなど処方されたお薬をお持ちなら、万が一外出先で虫さされになってしまった時にさっと塗ることができるので、忘れずに持って行くようにしてくださいね☆