チャイルドシートに座っている赤ちゃん

新生児のためのチャイルドシートは後ろ向きで後部座席に設置するのが一般的ですが、助手席にはいつから設置してもいいのでしょうか?

赤ちゃんを後部座席のチャイルドシートに乗せていると嫌がって泣いてしまったり、運転している側からするとお世話が大変なので助手席に設置した方が何かと便利そうですよね。

でも、重大な危険も潜んでいることを知っておいて欲しいと思います。

ここでは、チャイルドシートを安全に使うためのポイントと注意点を紹介します。

Sponserd Link

1歳前後からOKですが・・・

いつからチャイルドシートを助手席に設置できるのかと言うと、前向きで1人で座ることができるようになる1歳前後が目安。

助手席にチャイルドシートを置くと赤ちゃんのお世話が楽というメリットもありますが、運転している時に赤ちゃんの方に目が行きやすいので、思わぬ事故につながりやすいと言うデメリットもあります。

「運転だけに集中できるから大丈夫!」と思っていても、小さな子供は急に泣き出したり食べ物や飲み物を要求することが多いので、ついつい脇見運転をしがちになってしまいやすくなり1ます。

子供の安全のことを考えると、チャイルドシートは助手席に設置するのはおすすめできないのでなるべく避けるようにしましょう。

助手席に座らせるのは違反?

助手席にチャイルドシートを置くのは危険ということは理解していただけたと思いますが、このことはあくまでも一般的な危険認知の見解なだけで、法律的に違反という訳ではありません。

いつから助手席に座らせるのか?は最終的にはご家庭の判断によるので、前向きで座れるようになった赤ちゃんのチャイルドシートをすぐに助手席に設置しても罰せられることはありません。

繰り返しになりますが、万が一の事故の時に助手席が一番危険ということを忘れないようにしてくださいね!

どこの座席が一番安全?

体が小さな子供は少しの衝撃で怪我をしやすいので、チャイルドシートは万が一の事故の時の衝撃が最も小さい場所に置きたいですよね。

一番衝撃を受けやすく危険が高いのは助手席で、次に助手席の後ろの席になります。

という事は、一番衝撃を受けにくいのは運転席の後ろの席ということになりますね。

いつから助手席に子供を座らせても安全なのか?と言うと、チャイルドシートからジュニアシートに移行する4歳頃が目安のです。