チャイルドーシートに座っている赤ちゃん

車移動の多いご家庭に赤ちゃんが生まれるとなると、まず必要になってくるのはチャイルドシートですよね。

無事に赤ちゃんが生まれ、病院から退院する時に車で帰宅する場合、チャイルドシートに生まれたばかりの新生児をいつから乗せてもいいのか?と心配になるお父さんお母さん方が多いと思います。

今は新生児対応のチャイルドシートがほとんどですので、選ぶときに適応月齢さえ確認すれば「いつから」と心配する必要はありませんが、色々なタイプのチャイルドシートがあるので、自分の車に装着できるのか?新生児から使えるのか?を必ず確認するようにしましょう。

ここでは、新生児にも安心して使えるチャイルドシートと、使い方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

退院時からチャイルドシートは法律的にも必須!

病院から退院して、赤ちゃんと一緒に車で帰宅する時、「少しの距離だし、まだ新生児だから抱っこすれば大丈夫!」と考えるのは、実は大きな間違いです。

法律では新生児から5歳まで車に乗った際はチャイルドシートの着用の義務付け範囲とされています。

新生児の赤ちゃんがいつからチャイルドシートが必要になるかと言うと、退院時に自家用車で帰宅する場合はその時から必要になるので、あらかじめ用意しておく必要があります。

退院時にタクシーやバスなどの公共機関を使って帰宅する場合、法律上はチャイルドシートの着用が免除されますが、タクシー会社によっては依頼すれば準備してくれるので問い合わせてみましょう!

おすすめのチャイルドシート

矢印アイコンチャイルドシートの人気ランキング

赤ちゃんが泣いても降ろさないように!

「チャイルドシートはいつから必要?」という質問に対しては、生まれたての新生児からチャイルドシートが必要になります。

とはいっても、新生児の赤ちゃんをチャイルドシートに座らせると、たいていの赤ちゃんはチャイルドシートに長時間座ることを嫌がってしまうものです。

でも、ぐずってしまうからといって新生児をチャイルドシートに乗せずに運転することだけは避け、安全のことを第一に考えて多少泣いてでもぐっと堪えてチャイルドシートに乗せるようにしましょう!

少し運転すると意外と落ち着いて寝てしまう赤ちゃんもいますし、長時間になる場合は休憩をこまめにとって赤ちゃんの負担をなるべく軽減してあげるように心がけましょう☆