ベビーカーのバギーはいつから使えるの?使い方と注意点

赤ちゃんが少し大きくなってくるとA型ベビーカーが重くなり、軽くてコンパクトなバギーの購入を検討するご家庭が増えてきますよね。

でも、一体いつからバギーに赤ちゃんを乗せることができるのか?疑問に思っている方も多いのでは内でしょうか?

また、バギーと似ている、B型ベビーカーとの違いは一体何なのでしょうか?

ここでは、ベビーカーの中でも最も軽量でコンパクトなバギーの使い方のポイントと注意点、色々な種類のベビーカーとの違いを紹介します☆

Sponserd Link

生後7ヶ月頃~使用可能!

コンパクトで扱いやすく人気を集めているバギーはいつから使えるのかというと、B型ベビーカーと同じで腰がすわる7か月頃から2~3歳頃まで使うことができます。

リクライニング機能はありませんが、造りが簡単になっているために折りたたんだ時もとてもコンパクトになり軽いのが特徴なので、電車やバスに乗ることが多い方はバギーがおすすめです。

でも、造りが簡単なために長時間赤ちゃんを乗せると負担がかかってしまうかもしれませんので注意が必要でが、短時間の使用ならバギーが断然使いやすくておすすめです☆

おすすめのバギー

矢印アイコンバギーの人気ランキング

B型ベビーカーとバギーとの違いとは?

ベビーカーには、A型・B型・バギーと大きく分けて3つの種類がありますが、一見みんな同じように感じるので、違いがよくわからないですよね。

A型はリクライニング機能がついていて新生児から使えるのが特徴で、B型は腰がすわってから使えるリクライニング機能がついていない軽量タイプのものを指します。

では、バギーとは何かというと、B型より更に軽量で小さく折りたためるタイプのベビーカーを指しますが、大型ベビーカーのエアバギーも「バギー」と名前につくので、こんがらがってしまいますよね。

ベビーカーのタイプに明確な基準はないので、商品名によっても異なってきますが、一般的に最も軽量でコンパクトなタイプのベビーカーを指しますが、購入を検討する際はいつから使えるかを必ず確認するようにしましょう!

ベビーカーの使用可能月齢まとめ

ベビーカーに乗っている赤ちゃん

ベビーカーとバギーはいつから使えるか?ここでまとめてみます!

・A型ベビーカーは、新生児~3歳頃まで。

・B型ベビーカーとバギーは使える対象年齢は同じで、腰がすわる頃~3歳頃まで。

1台で長く使いたい方はA型、軽量でコンパクトを重視されるならB型かバギーがおすすめです。

ベビーカーとバギーで購入を悩まれている方は、ベビーカーとバギーをいつから使うかについても考えて、商品をチェックしてみるのがおすすめです☆