NewサイトOpen★月齢別お世話のポイント・悩みの解決方法を紹介!
ベビーカー

ベビーカーはいつまで使う?何歳まで?卒業するタイミングと注意点

ベビーカーに乗っている赤ちゃん

ベビーカーには安定重視のA型と、コンパクトなB型・バギーなど色々な種類がありますが、それぞれ使える期間が異なってくるので、いつからいつまで使えるのか?

何歳まで使うのか?など、安全に使うためにも使用期限を確認する必要がありますね。

また、実際にベビーカーをいつまで使うかについては、3歳になってもベビーカーに乗りたがる子もいるように、ベビーカーを卒業するのはいつがいいのか?悩むママも多いのではないでしょうか?

また、ほとんどのベビーカーが3歳頃まで使用可能ですが、大きくなったお子さんを乗せていると「発育に悪いから歩かせた方がいい」や「甘やかしている」などと白い目を向けられてしまうこともあり、肩身が狭い思いをしてしまうこともありますよね。

ここでは、ベビーカーをいつまで使ってもいいのか?という疑問と、ベビーカーを卒業する時期について考えてみたいと思います。

ベビーカーはいつまで乗せせていい?

ベビーカーに乗っている赤ちゃんA型・B型・バギーなど色々な種類のベビーカーがありますが、いつまで使えるかと言うと、36か月(15kgまで)と記載があるタイプが多くなっています。

月齢と体重のどちらを重視すべきか?というと、体重を重視を重視して判断するようにしましょう!

例えば、大き目のお子さんの場合、36か月前でも15kgを超えてしまいますが、その場合は安全面を考慮してベビーカーに乗せるのはやめるようにしてくださいね。

多少、目安の体重を超えてしまっても大丈夫かな?という気もしますが、万が一の事故を防ぐためにも、ベビーカーに表記されている制限体重を重視するようにしてくださいね!

嫌ががらないうちは乗せてあげてOK!

一般的に、1歳半を過ぎてくると赤ちゃんも一人で歩けるようになってくるので、お散歩の時は歩かせた方が足の筋肉を鍛えることができるので健康的と言われています。

歩けるようになったからと言って、A型ベビーカーに乗せてはいけないという訳ではないので「ベビーカーをいつまで使う」という明確な決まりはなのです。

小さな子供はまだ体力がなくてすぐに疲れてしまうので、ベビーカーを嫌がらないうちは徒歩との併用で使って全く問題ないので安心して使ってくださいね。

B型タイプのベビーカーはコンパクトなので、大きくなった赤ちゃんを乗せても気にならないので2台目として購入するご家庭が増えているので、チェックしてみてくださいね!

おすすめのB型ベビーカー

矢印アイコンB型ベビーカーの人気ランキング

ベビーカーに乗っている赤ちゃん
ベビーカーのB型とは?いつまで使える?人気の機種4選ベビーカーにはa型とb型があり、a型は新生児から使えるタイプということは知られていますが、b型とはどんなものなのか?意外と知られていない...

敢えて大き目に作られている理由とは?

ベビーカーがしっかりしたタイプが多いのは、長く使うことを想定して作られているからです。

例えば、2歳の子と徒歩で買い物に出掛ければ、疲れて「抱っこ!」とせがまれ、買い物中は、好奇心旺盛なために我先にと走り回り、迷子になりかねないのでベビーカーに乗せると安心です。

だからこそ、A型ベビーカーはあえて3歳頃まで利用できるよう、大きめに作られているのです。

「もう体が大きいから乗せないほうがいいかな?いつまで使うのかな?」など気にせずに、ママの負担が減ると感じているうちは使ってOKです!




ベビーカーの選び方のポイント

ベビーカーに乗っている赤ちゃんベビーカーが必要かどうか?いつまで使うことができるのかは、ベビーカーをどのように使うかによりますし、必要な時期もそれぞれのご家庭の環境によって異なります。

買い物などでは車+抱っこ紐を使う場合には、あまりベビーカーの必要ありませんよね。

しかし、車を使わないで電車やバスでの移動、または徒歩での移動がほとんどという場合には、ベビーカーが早い時期から必要になります。

本当にベビーカーが必要かどうか?はご自身の環境をシュミレーションしてみてじっくり検討してみるのがおすすめです。

また、ベビーカーはハイスペックのものが増えてきていますし、それぞれのニーズに特化したタイプのものも増えてきています。

買い物のときに便利なカゴを置けるタイプや、シートが高くて地面のチリやほこり、地熱から赤ちゃんを遠ざけてくれるものなどあるので必要に応じて選びましょう!




ベビーカーの種類と特徴

ベビーカーに乗っている赤ちゃんベビーカーには大きく分けて3つの種類があります。

A型ベビーカー

A型は新生児から使えてママと赤ちゃんが向かい合わせになるベビーカーです。

コンパクトさには欠けますが、安定感がありますが、首がすわらないうちから外出時に必要になるご家庭に重宝してくれます。

B型ベビーカー

B型は腰がすわる頃から使うことができ、コンパクトで軽量なのが特徴です。

新生児期の赤ちゃんには使えないものの、女性でも手軽に持ち運びができ、小回りもきくので扱いやすいので重宝しますよ。

この他、AB兼用タイプ、バギー、三輪など様々なタイプがあるので、実際お店に行って操作性を確認してから選ぶのがおすすめです。

どういうベビーカーが欲しいのか、どういうベビーカーが使いやすそうか、必要な時期はいつなのかを比較検討してじっくり選びましょう!

まとめ

椅子に座っている赤ちゃんいかがでしたか?ベビーカーはいつまで使うのか?何歳まで使っていいのか?という疑問は少しは解消されたでしょうか?

赤ちゃんが歩けるようになったらベビーカーはもういらない、いつまでも使うものじゃない、という考えもありますが3歳頃までは上手に使えばとても助かるアイテムです。

例えば、時間を気にしなくていいお散歩などは徒歩でも良いでしょうし、ママから離れずにしっかりと手を繋いでいられるなら歩きながら買い物をするのも良いですが、そううまくいかないのが子育てです。

車の多い道路や、迷子になりやすいお店の中など、子供達の廻りには危険がいっぱいなので、徒歩異動中に危険が伴う場合にベビーカーを利用することは子供の命を守ることにも繋がります。

ベビーカーに乗せずに歩いた方がいいと言う人もいますが、子供に危険が及ばないように守ることが出来るのは親だけなのです。

ベビーカーの使用制限がくるまでは臨機応変に活用してみるのも安全に過ごすための一つの知恵でなので「いつまで使っていいのか?」と捕らわれずに、有効に活用するようにしましょう☆