冬、赤ちゃんが布団から手が出て冷たい時の対処法
冬の夜は気温がぐっと冷え込むので、暖かい服装+暖かいお布団をかけて赤ちゃんを寝かせてあげると思いますが、気づいたら赤ちゃんの手がお布団から出てしまって冷たくなってた!と驚いてしまうこともありますよね。

しかし、赤ちゃんが体を冷やしてしまわないように、と何度手を布団の中に入れてもまた出てしまうから、寝るときに暖房をつけた方がいいのかな?と、悩んでいるママもいるのではないでしょうか。

ここでは、冬の夜に赤ちゃんの手がお布団から出てしまう時の対処法と、寝るときの暖房の使い方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

赤ちゃんの手が冷たくても問題ない!?

冬の寒い夜でも、お布団から両手をバンザイの状態に出していて、手が冷たくなっている赤ちゃん。手が冷たい=体が冷えてしまってる!=風邪をひかせてしまう!と焦ってしまいますが、実は赤ちゃんの手が冷たくなっていても問題ないのです。

その理由は、赤ちゃんはまだ体温調節機能が未熟なので、手と足から熱を発散させて体温調節をしているからなのです。赤ちゃんがお布団から手を出してしまう時はお布団の中が暑いからで、手をお布団の外に出して、体温調節をしてるってことですね。

でも、暖房も使っていないし、室温もそんなに高くないし、どうして暑いの??と思ってしまうかもしれませんが、赤ちゃんは寝入る時に体温が上昇して、体内の血液の循環がよくなり代謝が上がるので、大人が感じるよりポカポカ温かい状態のようです。

だから例え手が冷たくても心配はないのですが、やっぱり赤ちゃんの手が冷たいのは気になっちゃいますよね。そんな時は、赤ちゃんにスリーパーを着せてあげると、身体全体を温めてくれて寝冷えの心配もないのでおすすめです。

スリーパーは保温性だけでなく汗を吸い取る吸湿性もあるので、赤ちゃんを寒さと寝冷えから守ってくれる冬におすすめのアイテムですよ☆

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

ミトンは防寒対策アイテムではない!?

冬、赤ちゃんの手が布団から出ていて、冷たくなるのは寒そうで可哀想…と言って、ミトンや手袋を手にかぶせて寝かせてあげたくなる親心はわかりますが、それはやってはいけないことの1つです。

ミトンで手を覆ってしまうと、赤ちゃんは熱を発散できず、体内に余計な熱をため込んでしまい寝汗をたくさんかいたり、暑くて夜中に起きて泣いてしまう原因になってしまいます。冬に赤ちゃんの手がお布団の外に出て冷たくなってしまっても、それは生理現象なので特別な対処法はしなくてOKです。

また、赤ちゃんは手と同じように、足の裏からも熱を放出させているので、寝るときは靴下ははかせなくてOK!寒そうだから…とついつい履かせたくなってしまいますが、赤ちゃんが体温調節をしながらぐっすり眠らせてあげるためにも、靴下は履かせずに素足で寝かせてあげるようにしましょう!

寝るときに手が冷たい…暖房を使うべき??

寝ている赤ちゃん

赤ちゃんが手が冷たいから、温めてあげるために暖房を使ってお部屋を暖めてあげよう!と思うママもいると思いますが、基本的に冬に赤ちゃんが寝るときは暖房を使う必要はありません。

赤ちゃんが寝るときの室温は18℃~23℃が適温と言われていますが、冬はもちろん暖房を使わないとその温度にはならないですよね。でも、先ほどもお話ししたように、赤ちゃんは眠ると体温が上昇しますし、冬は暖かいパジャマ+お布団を掛けてあげているので暖房を使って室温を上げてしまうと暑くなりすぎてしまうことも。

と言っても、お住まいの地域によっては、冬の夜中は暖房を使わないと氷点下まで室温が下がることもありますが、そんな時は弱く暖房をかけてあげるのは問題ありません。ただし、暖房を使うと空気も乾燥してしまうので、湿度が50~60%を保てるように、加湿器も使うようにしてくださいね!

まとめと注意点

赤ちゃんに話しかけているママ

冬に赤ちゃんが布団 から手が出てしまい、冷たい…そんな時の対処法は、何度も布団に手を入れるのではなく、「手から熱を放出してるんだな」と思いながら、見守ってあげることです。

だいたい生後8か月頃には、体温調節機能が整ってきて、寝ながらバンザイをしているように布団から両手を出すことも少なくなってきますが、それまでの間は手を布団から出すことも多いので、こまめに様子を見てあげるようにしましょう。

また、手が冷たいからと言って暖房を使って室温を上げる必要はないので、赤ちゃんは大人より体温が高くて暑がり!ということを頭に入れながら、ぐっすり眠れる環境を作ってあげてくださいね☆