冬のお宮参りの時の赤ちゃんの服装のおすすめは?赤ちゃんのお宮参りは、一般的に生後30日前後に行いますが、冬生まれの赤ちゃんは寒い時期にお宮参りをすることになるので、赤ちゃんの服装は何を着せたらいいのか?迷ってしまいますよね。

お宮参り=セレモニードレスというイメージがありますが、冬はどのようなものを選んで、防寒対策には何を使って寒さから赤ちゃんを守ってあげたらいいのでしょうか?

ここでは、冬のお宮参りの時の赤ちゃんの服装の選び方と、おすすめの防寒対策を紹介します。

Sponserd Link

赤ちゃんの冬のお宮参りの服装

お宮参りの赤ちゃんの服装で人気なのが純白のセレモニードレスですが、冬生まれの赤ちゃんには寒さからしっかりと守ってくれる冬用素材(キルトニットや中綿入り)のカバーオールタイプのセレモニードレスをの選ぶようにしましょう。

セレモニードレスを選ぶ時は単体でも問題ありませんが、帽子・おくるみ・靴下などセットになっている物なら必要なものが一度に揃うので、産前産後のバタバタした時期にはとても便利ですよ!

また、純白のセレモニードレスは退院時とお宮参りにしか使う機会がないから、わざわざ購入するのも勿体ないなぁ、と思っている場合は、服装は暖かい冬用の普段着でもOK!その場合は、暖かいおくるみで赤ちゃんを包んであげると、外からはどんな服装をしているのかは見えないので、わざわざお宮参り用の服装を買わなくても大丈夫です。

おすすめのセレモニードレス

矢印アイコンセレモニードレスの人気ランキング

おくるみに包んでしっかり防寒!

冬生まれの赤ちゃんを連れてお宮参りに行く時は、外が寒いことが予想されるので、ベビードレスだけだと寒いので、暖かい冬用のおくるみやケープで赤ちゃんを包んで寒さから守ってあげましょう。

おくるみはお宮参り以外にも、赤ちゃんとの日常生活に大活躍してくれるアイテムなので1枚持っていると重宝してくれるアイテムです。

使い方としては、新生時期の赤ちゃんの防寒用のアウターとして、授乳ケープやブランケット・敷物として使うことができたり、おくるみに包まれることでママのお腹の中にいた頃のような体勢になれるので、赤ちゃんが安心して眠りにつくことができますよ!

冬のお宮参りの赤ちゃんの服装は、おくるみなど防寒アイテムも使いながら、暖かい服装であることを第一に考えて選んであげましょう!

おすすめのおくるみ

矢印アイコンおくるみの人気ランキング

時期をずらしても大丈夫!?

お宮参り
北風が冷たくて寒い中、冬生まれの赤ちゃんを連れてお宮参りのために神社に行くのは、体を冷やしてしまったり、風邪をもらってきてしまうのでは?と心配になってしまうママもいるかと思いますが、そういう場合は無理に寒い時期にお宮参りはせずに、暖かくなってから参拝に入っても大丈夫です。

産後はママも肉体的・精神的に疲労していますし、寒い中無理にお宮参りに行くということがストレスになってしまう場合もあるので、ママの体調と赤ちゃんの体調を考慮して、暖かい時期にずらしてお宮参りを行う場合も最近では多いようです。

生後1ヶ月頃の時期に必ずお宮参りを行わなければいけない!というものでもないので、安心してくださいね!お宮参りは時期にこだわりすぎず、お母さんと新生児の赤ちゃんのことを第一に考えて行うようにしましょう!

関連記事