冬、赤ちゃんに靴下を履かせる?外出時はどうする?冷え対策と注意点

冬になり寒くなると、赤ちゃんにも暖かい靴下を履かせた方がいいのでは?と思いがちですが、室内で過ごす場合は冬でも靴下を履かせる必要はありません。その理由は、赤ちゃんはまだ体温調節がうまくできないので、靴下を履かせてしまうと熱が体内にこもってしまい汗をたくさんかいたり、手足が冷たくなったりしてしまうからです。

冬は気温が低くてとても寒いので、赤ちゃんと外出する時は靴下を履かせるべきか?迷ってしまいますよね。

ママ

赤ちゃんは足の裏からも熱を発散しているので、一般的には冬でも靴下を履かせない方がいいと言われていますが、それは外出の時はまた別の話になります。

また、赤ちゃんの足が冷えないように靴下を履かせているのに、いつのまにか脱いでいたり、靴下を履くのを嫌がって泣いたりすることってありませんか?実は、赤ちゃんは冬だって素足で過ごしても全く問題はないのです。ここでは、冬の赤ちゃんの靴下の履かせ方と(室内・外出時)冷え対策について紹介します☆

Sponserd Link

【室内】冬でも靴下は不要!素足でOK!

赤ちゃんの足の裏靴下を履かせても、いつの間にか脱いで素足になってしまったり、ぐずってしまう理由は「暑いから」というのをご存知でしょうか?これを聞くと「え?どうして冬なのに暑いの?」と疑問に思うこともあるかもしれませんよね。

その理由は、赤ちゃんはまだ体温調節が未熟で自分で体温を調節することが出来ない為、自分の手足から体に溜まった熱を放出しています。なので、靴下を履いていると、熱を上手く放出してくれなくなるため、赤ちゃんは嫌がり靴下を脱いで素足になりたがるのです。

ママ

それでも赤ちゃんの足元の冷えが心配だという場合は、レッグウォーマーを履かせてふくらはぎを温めてあげるのが、靴下を履かない赤ちゃんの冷え対策としてオススメです☆

【外出時】靴下+レッグウォーマーでしっかり防寒!

レッグウォーマーを履いている赤ちゃん冬でも足の裏から熱を放出している赤ちゃんに靴下をはかせるのがよくないとわかっていても、寒くて可哀想になることもありますよね。そんな時は、靴下の代わりにレッグウォーマーを使うのがおすすめです。

レッグウォーマーはふくらはぎを温めてくれるので体が暖かくなりますし、それに接している面積も靴下の時よりは広いので、暖かさを感じやすいというメリットもあります。

ママ

冬の暖房で温められている室内では、赤ちゃんに靴下は履かせずにレッグウォーマーだけで過ごす方が快適ですが、外出時は靴下を履かせてあげるようにしましょう。

おすすめのレッグウォーマー
矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

体の芯から冷やさないように注意!

その理由は、いくら足の裏が熱を発散する大事な場所だからと言っても、冬の冷たい外気に無防備にさらしてしまうと、身体の芯から冷えて風邪を引かせてしまう可能性があるからです。

赤ちゃんを冷やさないためにも、冬の外出時はレッグウォーマー+靴下を履かせておいて、室内に入ったら靴下を脱がせるのがせてあげるのがおすすめです☆

ハイハイやあんよの時期も素足のほうが安全!

レッグウォーマーを履いている赤ちゃんハイハイやあんよの練習をするような時期になると、靴下を履いていると、滑ってうまく練習が出来ないので、冬でも素足で過ごすほうがオススメです。赤ちゃんの素足で過ごさせることで、足の裏の感覚を養うこともできますよ!

また、裸足で過ごすことは赤ちゃんの発達や成長に大きな影響を及ぼし、足の裏でいろんな感覚を覚えることができますし、土踏まずの形成を促すためにも、冬でも赤ちゃんに靴下をはかせずに裸足でいることはとても大事なことなのです。

ママ

でも、素足が良いからと言って靴下が全く必要ないという訳ではなく、室内では素足でも良いですが、冬の屋外では防寒対策もかねて靴下を履かせて外出しましょう。

また、冷え込む冬の夜は赤ちゃんにも靴下を履かせてあげたくなりますが、身体に熱がこもりすぎてしまい汗をたくさんかくので素足のまま寝かせてあげるようにしましてくださいね☆

✽関連記事✽  6ヶ月の赤ちゃんのパジャマ、冬は何を着せる?選び方のポイント

冬、靴下とレッグウォーマーのどっちを履かせたらいい?

レッグウォーマーを履いている赤ちゃん

赤ちゃんに冬は靴下を履かせるべきか?それとも、レッグウォーマーの方がいいのか?迷ってしまいますよね。

赤ちゃんは足の裏からも熱を発散させて体温調節をしているので、冬でも室内で過ごす時は素足の方がいいと言われているので、靴下を履かせずにレッグウォーマーを履かせてあげるのがおすすめです。

次に、冬の時期の赤ちゃんの靴下とレッグウォーマーの履かせ方のポイントを紹介します☆

靴下とレッグウォーマーの違いとメリット

靴下をはいている赤ちゃん冬になるとついつい赤ちゃんに厚着をさせてしまいますが、赤ちゃんは体温が高く体温調節機能が未熟なのですぐに体に熱がこもってしまうので、着せすぎに注意が必要です。

特に暖房で温められた室内で赤ちゃんに靴下を履かせると、足の裏を塞いでしまうので熱が逃げずに体温が上昇してしまうので、レッグウォーマーの方がおすすめです。レッグウォーマーは体に面している面積が広いので、靴下よりも体を温めてくれますし、足の裏から熱も放出してくれるので赤ちゃんの体温調節にも役立ちます。

ママ

また、ハイハイやつかまり立ちを始める頃の赤ちゃんに靴下を履かせると、滑ってしまい動きにくくなってしまうので、色々なな面から見ても、冬でも靴下よりもレッグウォーマーを履かせる方がおススメです☆

屋外では靴下+レッグウォーマーが◎

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん冬に赤ちゃんが暖かい室内で過ごす時はレッグウォーマーの方がおすすめですが、屋外の場合は体に冷たい空気が当たらないようにしなければいけないので、靴下を履かせてあげるようにしましょう。

ママ

気温が低く寒い場合には、靴下+レッグウォーマーを履かせてあげると暖かく過ごせるのでおすすめです。

冬は赤ちゃんにできるだけ暖かい服装をさせてあげたくなりますが、赤ちゃんの様子や、気温(室温)を意識して靴下・レッグウォーマー・タイツなどを履かせた冬服をコーデしてあげてくださいね。

臨機応変に組み合わせを変えよう!

レッグウォーマーを履いている赤ちゃんいかがでしたか?冬でも室内で過ごす時は靴下は履かせずに、素足で過ごすことで赤ちゃんにメリットがたくさんあることがわかっていただけたでしょうか?

また、冬の外出時の赤ちゃんのベビー服も色々あり、靴下+レッグウォーマーの他にも、足先まですっぽり覆うことができるカバーオールもとても暖かいので人気があります。

ママ

冬と言ってもお住まいの地域やその日の天候によって外出時の気温が異なるので、臨機応変にレッグウォーマーと靴下の組み合わせを変えたり、全身を覆うことができるカバーオールを使ってみると赤ちゃんも快適に過ごせますよ!

一般的に冬でも赤ちゃんに着せすぎ・温めすぎは良くない!と言われていますが、外出時は赤ちゃんの様子を見ながらなるべく外気に体が触れないよう工夫してあげるようにしましょう☆