レッグウォーマーを履いている赤ちゃん

赤ちゃんに冬は靴下を履かせるべきか?それとも、レッグウォーマーの方がいいのか?迷ってしまいますよね。

赤ちゃんは足の裏からも熱を発散させて体温調節をしているので、冬でも室内で過ごす時は素足の方がいいと言われているので、靴下を履かせずにレッグウォーマーを履かせてあげるのがおすすめです。

ここでは、冬の時期の赤ちゃんの靴下とレッグウォーマーの履かせ方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

靴下とレッグウォーマー、どっちがいい?

冬になるとついつい赤ちゃんに厚着をさせてしまいますが、赤ちゃんは体温が高く体温調節機能が未熟なのですぐに体に熱がこもってしまうので、着せすぎに注意が必要です。

特に暖房で温められた室内で赤ちゃんに靴下を履かせると、足の裏を塞いでしまうので熱が逃げずに体温が上昇してしまうので、レッグウォーマーの方がおすすめです。
レッグウォーマーは体に面している面積が広いので、靴下よりも体を温めてくれますし、足の裏から熱も放出してくれるので赤ちゃんの体温調節にも役立ちます。

また、ハイハイやつかまり立ちを始める頃の赤ちゃんに靴下を履かせると、滑ってしまい動きにくくなってしまうので、色々なな面から見ても、冬でも靴下よりもレッグウォーマーを履かせる方がおススメです☆

おすすめのレッグウォーマー
矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

屋外では靴下+レッグウォーマーが最適!

冬に赤ちゃんが暖かい室内で過ごす時はレッグウォーマーの方がおすすめですが、屋外の場合は体に冷たい空気が当たらないようにしなければいけないので、靴下を履かせてあげるようにしましょう。

気温が低く寒い場合には、靴下+レッグウォーマーを履かせてあげると暖かく過ごせるのでおすすめです。

冬は赤ちゃんにできるだけ暖かい服装をさせてあげたくなりますが、赤ちゃんの様子や、気温(室温)を意識して靴下・レッグウォーマー・タイツなどを履かせた冬服をコーデしてあげてくださいね☆