笑顔の赤ちゃん

冬は気温が低くてとても寒いので、赤ちゃんと外出する時は靴下を履かせるべきか?迷ってしまいますよね。

赤ちゃんは足の裏からも熱を発散しているので、一般的には冬でも靴下を履かせない方がいいと言われていますが、それは外出の時はまた別の話になります。

ここでは、冬の外出時の赤ちゃんの靴下の履かせ方と、冷え対策について紹介します☆

Sponserd Link

靴下+レッグウォーマーでしっかり防寒!

赤ちゃんの足の裏を覆う靴下は体温調節が難しいと言われているので、最近は靴下よりもレッグウォーマー派が増えてきましたよね。

冬の暖房で温められている室内では、赤ちゃんに靴下は履かせずにレッグウォーマーだけで過ごす方が快適ですが、外出時は靴下を履かせてあげるようにしましょう。

その理由は、いくら足の裏が熱を発散する大事な場所だからと言っても、冬の冷たい外気に無防備にさらしてしまうと、身体の芯から冷えて風邪を引かせてしまう可能性があるからです。

赤ちゃんを冷やさないためにも、冬の外出時はレッグウォーマー+靴下を履かせておいて、室内に入ったら靴下を脱がせるのがせてあげるのがおすすめです☆

 

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

臨機応変に組み合わせを変えよう!

冬の外出時の赤ちゃんのベビー服も色々あり、足先まですっぽり覆うことができるカバーオールもとても暖かいので人気があります。

冬と言ってもお住まいの地域やその日の天候によって外出時の気温が異なるので、臨機応変にレッグウォーマーと靴下の
組み合わせを変えたり、全身を覆うことができるカバーオールを使ってみると赤ちゃんも快適に過ごせますよ!

一般的に冬でも赤ちゃんに着せすぎ・温めすぎは良くない!と言われていますが、外出時は赤ちゃんの様子を見ながらなるべく外気に体が触れないよう工夫してあげるようにしましょう☆