冬の過ごし方

冬の赤ちゃんの首元・足元を寒さから守る!おすすめアイテムと使い方のコツ

冬の赤ちゃん

気温が低く体が冷えやすくなる冬は、赤ちゃんの首元の冷えも気になってしまいますよね。大人はハイネックのウエアを着たり、マフラーをして首元を寒さから守りますが、赤ちゃんにマフラーをしてしまうと苦しくなってしまうのでは?と心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。

また、寒い冬の季節、ふと赤ちゃんの足を触ると冷たくなっていることも多く、足元の冷えが気になりますよね。

上半身は温かいアウターや帽子などを身につければ暖かくなりますが、足元はどのような防寒アイテムを使ったらいいのでしょうか?ここでは、冬の赤ちゃんの首元・足元のを冷えから守る!おすすめのアイテムと使い方のポイントを紹介します☆

ネックウォーマーで暖か☆

冬の赤ちゃん赤ちゃんの首元を冬の寒さから守りたい時におすすめのアイテムは、暖かな素材でできているネックウォーマーです。

リング状になっているので、広げて赤ちゃんの頭を通すだけで装着することができますし、マフラーのようにきつく締めすぎて窒息してしまうこともないので安心ですよ。

可愛い帽子とネックウォーマーが一体化しているアイテムもあり、頭と首元を一緒に寒さから守ってくれるので冬の外出時に大活躍してくれるのでおすすめです☆

おすすめのネックウォーマー

矢印アイコンネックウォーマーの人気ランキング

首元の温めすぎに注意!

冬の赤ちゃん冬の寒さから赤ちゃんの首元を守ってくれるネックウォーマーは、単品でも可愛らしいデザインのものがたくさんあるので、暖かい室内で過ごしている時も付けてあげたくなりますよね。

でも、寒くないのにネックウォーマーをつけてしまうと、赤ちゃんの体に熱が溜まって汗をたくさんかいてしまうので注意が必要です。

特に首元はしわが寄りやすい場所なので、汗をかいたままにしておくと冬でもあせもが出来てしまうことがあるので、暖かい室内や寝る時にはつけないのがベスト。北風が冷たい冬の外出時の防寒アイテムとしてネックウォーマーを使い、赤ちゃんの体が冷えないようにしてあげましょう☆




*関連記事  冬の赤ちゃんのお風呂の温度は何度?湯冷めから守る寒さ対策

赤ちゃんの足元の冷えを守る!おすすめの防寒アイテムの使い方

赤ちゃんの足赤ちゃんはまだ体温調節機能が未熟なため、手のひら・足の裏からも熱を放出させて体温調節をしているので、一年を通して靴下をはかせない方が赤ちゃんの体の発達のためにも良いとされています。

しかし、それはあくまで「室内」の話です。

気温が低い冬に外出する時に靴下を履かせないと、さすがに足元から冷えて体温が下がってしまったり、最悪の場合しもやけになってしまうこともあるので、赤ちゃんと外出するときは靴下を履かせてあげるようにしましょう。

寝るときも靴下を履かせないように!

布団で寝ている赤ちゃんただし、いつも履き慣れていない靴下を履くと、嫌がって脱いでしまう場合もあります。

そういう場合は無理に履かせようとせず、足が出ないタイプの防寒カバーオールを着せたり、おくるみで包んであげて、足を冷気にさらさないようにするのが◎

また、冬の夜は更に気温が寒くなるので、防寒対策として赤ちゃんに靴下を履かせているというご家庭もあるかもしれませんが、就寝時に熱を足の裏から発散できずに、暑くなりすぎて布団を蹴って寝冷えの原因になることもあるので、同様に避けるようにしてくださいね!

レッグウォーマーで足首~ふくらはぎをしっかり防寒!

レッグウォーマーを履いている赤ちゃん冬の赤ちゃんの足元の冷えを防ぐ防寒アイテムの中で、一番活躍してくれるのがレッグウォーマーです。ふくらはぎは第二の心臓とも言われていて、レッグウォーマーでふくらはぎを温めることで全身の血流が良くなり、体温が上昇してポカポカにしてくれます。

履かせ方は色々あり、スカートやショートパンツにそのまま履かせてもいいですし、ズボンの下、または上に履かせてもOK!

冬の防寒アイテムとしてはもちろんですが、夏も冷房の寒さ対策として使うことができるので、1つ持っていると重宝しますよ!

赤ちゃん用のレッグウォーマーには、新生児用、子供用、ショートタイプ、ロングタイプなど様々な種類がありますが、小さすぎると窮屈で嫌がってしまいますし、かと言って大きすぎてもブカブカですぐに脱げてしまうので、購入する時は赤ちゃんのふくらはぎのサイズに合うものを選んであげるようにして下さいね。

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

*関連記事  冬、赤ちゃんに靴下を履かせる?外出時はどうする?冷え対策と注意点

赤ちゃんの冷えとりにレッグウォーマーがおすすめの理由

レッグウォーマーを履いている赤ちゃん冬の時期、赤ちゃんにも効果的なレッグウォーマーを使った冷えとり健康法なるものがありますが、ご存知でしょうか?

タレントがテレビで実践していると紹介されたことで、人気に火がつきましたが赤ちゃんの冷え性にも効果的なのでしょうか?

冷えとり健康法というのは、冷えは万病の元とうことでいろんな生活、環境すべての冷えをとるという考え方の健康法ですが、赤ちゃんの冷え取りにはレッグウォーマーがおすすめです。

ここでは、赤ちゃんの冷えとりにレッグウォーマーがおすすめの理由を紹介します!

赤ちゃんのための冷えとりとは?

冬の赤ちゃんまず、冷え取りとはどのようなものかと言うと、冷えとりのための服装というものに重点を置かれています。

天然素材を使ったものを使用し、服と体はつかず離れず!で頭のほうは温めずに、足を温めます。極端な話、上半身は裸でもOKで、足は靴下を履きましょうという感じです。

赤ちゃんの場合は、冷えとりをどういう風に実践すれば良いのかと言うと、これは考え方にもよるのですが、冷えとり健康法に完全にのっとるならば、赤ちゃんに靴下を履かせなければいけないのです。

足裏を覆わないのが◎

しかし、赤ちゃんの場合靴下はあまり良くないのです。その理由は、足の裏は体の余計な熱を放出する場所なので、靴下で覆うことはNGと言われているからです。

しかし、靴下の代わりにレッグウォーマーをつけると、足の裏を覆わずに足元を温めることができるので、赤ちゃんの冷えとりにレッグウォーマーがおすすめなのです。

身体を温めることが大切!

冬の赤ちゃん本来の冷えとり健康法からは少し外れるかもしれませんが、レッグウォーマーを履かせることで赤ちゃん版の冷えとり健康法なると覚えておくと良いかもしれませんね。

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、あまり温めすぎると汗をかいてしまいまうので、過保護になってたくさん着込ませすぎないようにしてくださいね。

大人の健康法が必ずしも赤ちゃんにも効果的とも限らないので、冷えとりを実践する際には、きちんと調べてから実践することも大切ですよ。

まとめと注意点

冬の赤ちゃん寒い冬の冷えは首元・足元から来るので、ここで紹介したネックウォーマー・レッグウォーマーなど防寒アイテムを駆使して冷えから守ってあげる事は大切ですが、赤ちゃんは大人より体温が高く、暑がりなので、温めすぎると暑くなって汗をたくさんかいてしまいます。

特に室内では暖房を使ってお部屋の中を温めている場合は、靴下ははかせずに素足で過ごさせてあげた方が赤ちゃんも体温調節がしやすく、快適なのです。

もちろん、冬の外出時は冷えから守るために、ネックウォーマーやレッグウォーマーを履かせたりしっかり防寒するのはいいことですが、赤ちゃんの様子を見ながら暑そうなら防寒アイテムを1つ減らしたありしながら、暑すぎず寒すぎないように調節してあげてくださいね!