赤ちゃんの部屋に冬エアコンを使うときの室温 は何度が適温?湿度は?

冬になると赤ちゃんの過ごすお部屋を、エアコンを使って温める家庭が多いと思います。エアコンは乾燥にさえ気をつければ、赤ちゃんのお部屋の冬の暖房器具としては最適ですが、室温設定は何度にしたらいいんだろう?と悩みますよね。

ママ2

また、寝るときはエアコンをつけっぱなしにしてもいいのか?湿度は何%にしておいた方がいいのか?など、冬の暖房器具の使い方で迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

ここでは、冬エアコンを使う時、赤ちゃんの部屋の室温 と寝るときのエアコンの使い方のポイントについて紹介します☆

Sponserd Link

冬エアコンを使う時、赤ちゃんの室温は何度がいい?

冬の赤ちゃん赤ちゃんの過ごすお部屋の室温は、冬の場合は20~23℃位が適温なので、エアコンを使ってお部屋を温める場合も、室温設定は20~23℃に設定するのがおすすめです。冬、エアコンで室温を20~23℃に設定している時に気をつけたいのが、赤ちゃんの服装です。

ママ

お部屋が暖かいのに、過剰に冬用のべビー服を重ね着させたり、靴下や帽子をかぶせたりすると体温調節機能が未熟な赤ちゃんは暑くて汗をたくさんかいて、眠りが浅くなってしまいます。

汗をかいたままにしておくと汗が冷えて風邪の原因になったり、冬でもあせもの原因にもなってしまうので、エアコンを使って室温を20~23℃に設定しているときは、赤ちゃんに厚着をさせすぎないように注意するようにしましょう!

エアコンのつけっぱなしはNG!

冬の赤ちゃん冬は冷え込むからといって赤ちゃんの寝室にエアコンをつけっぱなしにする家庭もあると思いますが、あまりおすすめできません。その理由は、赤ちゃんは寝るときは自分で体温調節をする機能が働くからです。

ママ

「冬は寒いからエアコンをつけっぱなしにしないと可哀想」と思うのは実は間違いで、赤ちゃんが暑くなりすぎてぐずってしまったり、お肌が乾燥してカサカサになってしまう原因にもなります。

また、赤ちゃんが寝ている時に温めすぎると、乳幼児突然死症候群の原因にもなりかねないことが分かっているので、冬でも赤ちゃんのお部屋にエアコンをつけっぱなしにしないように注意するようにしてくださいね!

もし、エアコンを使っていない時の寒さ対策には、さっと羽織れるスリーパーを着せて暖かくしてあげるのがおすすめです☆

おすすめのスリーパー
矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

*関連記事  冬、赤ちゃんには布団の中でスリーパーを着せる?布団は何枚かける?

加湿器と併用が◎

お布団をかぶって笑顔の赤ちゃん安全な暖房器具の代表格のエアコンですが、空気を乾燥させてしまうという難点もあるので、冬に赤ちゃんのお部屋でエアコンを使う時は加湿器と一緒に使うようにしましょう。

ママ

加湿器を使うことでお部屋の湿度が上がり、お肌を乾燥から守るだけでなく、風邪のウィルスを寄せ付けない効果もあるので、赤ちゃんが冬に元気に過ごすための必須アイテムでもあります。

エアコンを使っているお部屋で加湿器を使う場合は、湿度は60%を目安に設定すると、赤ちゃんを乾燥やウィルスから守ることが出来ますよ!

*関連記事  冬の赤ちゃんの服装・肌着の室内・外出時別の選び方のポイント

赤ちゃんが快適な冬の湿度とは?

笑顔の赤ちゃん赤ちゃんは、冬は温度だけでなく湿度の影響も受けやすいということをご存知でしょうか?

ママ

寒そうにしているのかと思えばすぐに汗をかき、着せたり着替えさせたりの繰り返しとなり、赤ちゃんの体温調節には四苦八苦してしまうのも温度と湿度が大きく関係しています。

赤ちゃんの体はまだ未熟なため、自分自身で体温調節が出来ないばかりが、湿度の影響を受けやすいのです。ここでは、赤ちゃんを守り快適に過ごさせてあげるための、冬の理想的な湿度と注意点を紹介します☆

冬の理想的な湿度は50~60%

冬の赤ちゃん赤ちゃんにとって快適な冬の湿度は、50~60%と言われています。温度や湿度の影響を受けやすいからこそ、室内を快適に保つためにも湿度計を用意して、室内環境に常に目を向けるようにしましょう。

ママ

この時、湿度計を置く場所は赤ちゃんが寝ている場所や、遊ぶ部屋など、赤ちゃんに近いところにおいておくのがオススメ!

温度と湿度は場所によって変わってくるので、離れた所よりも赤ちゃんに近くで確認する方が、より赤ちゃんによい環境を作り出すことが出来ます。

また、冬は外気が寒いので換気を怠りがちになるため、空気が乾燥しやすくなります。空気が乾燥し汚れると赤ちゃんにとっても良くないので、換気と加湿を心掛けながら快適な湿度を維持できるように注意しましょう。

赤ちゃんが湿度の影響を受けやすい理由

冬の赤ちゃん一歳までの赤ちゃんの体はまだまだ未発達の状態であり、自分で体温を調節することが出来ません。また、赤ちゃんは体表面積が大人の三倍とも言われており、特に冬は温度や湿度の影響を受けやすいと言われています。

ママ

赤ちゃんの感じている温度と湿度は大人が感じている感覚と違い、大人が「寒い」と思っていても赤ちゃんはあまり寒さを感じていない場合があります。

気がつけば低体温、高体温になっていた!なんてことを防ぐためにも、こまめに赤ちゃんに触れて体温を確認するようにして、足元の冷えが気になる時は靴下ではなくレッグウォーマーを履かせて温めてあげてくださいね。

おすすめのレッグウォーマー
矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング
*関連記事  冬、赤ちゃんには布団の中でスリーパーを着せる?布団は何枚かける?

冬の夜、赤ちゃんが寝る時にエアコンはつける?

布団で寝ている赤ちゃん気温がぐっと冷え込む寒い冬の夜は、赤ちゃんが寝る時にエアコンをつけるべきか?迷ってしまいますよね。

ママ

赤ちゃんにとって最適な冬の室温の目安は、20℃~23℃くらいなので、自分で体温調節が出来ない赤ちゃんだからこそ、常に部屋を暖かくしておくために、冬はエアコンを有効的に利用しているご家庭も多いでしょう。

ですが、常にエアコンつけっぱなしとなると、部屋の乾燥と電気代が心配になってきますよね。ここでは、寒い冬の夜に寝る時にもエアコンをつけるべきなのかを検証するので参考にしてみてください☆

エアコンのつけっぱなしは乾燥の原因に!

冬の赤ちゃんお住まいの地域やご家庭により様々ですが、冬に赤ちゃんが寝る時はエアコンはつけっぱなしにする必要はありません。特に、寝る時より夜中~朝方にかけて室内も冷えますが、布団に入ってさえいれば温かいので問題ありません。

ママ

エアコンをつけっぱなしにすることにより、室内はとても乾燥してしまい、お肌がカサカサになってしまいますし、暖かいお部で厚着をさせて寝かせてしまうと、赤ちゃんは逆に汗をかいて風邪をひいてしまうので、暖めすぎには特に注意しましょう。

また、どうしても寒くて眠れないというのであれば、寝る前に一時的に部屋を暖めたり、予めスリーパーを着せて寝かせるようにすると寒い冬でも朝まで暖かく眠れますよ☆

寒さ対策にはオイルヒーター・パネルヒーターがオススメ!

赤ちゃんと暖房器具赤ちゃんは良くても、パパやママが冷え性で冬の夜寝る時はエアコンをつけないと寒くては眠れない!というのであれば、つけっぱなしにしていても空気が乾燥しないくて安全なオイルヒーター・パネルヒーターを選ぶのはいかがでしょうか?

ママ

即暖性がないのが難点ですが、ストーブかエアコンである程度お部屋を暖めてからオイルヒーターやパネルヒーターを使えば、電気代も抑えられるうえに、寝る時の乾燥を気にすることもありません。

これから冬の暖房器具を検討するのであれば、赤ちゃんの体にも優しく安全性の高いオイルヒーターがおすすめです☆

*関連記事  赤ちゃんに安全で、省エネで電気代が安い暖房器具とは?選び方のポイント

まとめと注意点

冬の赤ちゃんいかがでしたか?エアコンは安全性が高く、赤ちゃんの過ごすお部屋に最適な暖房器具ですが、空気を乾燥させてしまうので加湿器を併用し、室温は20~23℃、湿度は60%位になるように設定するのがおすすめです。

ママ

エアコンをつけっぱなしにすると空気が乾燥するのはもちろん、電気代も高くなってしまうので、日中温かくなったら一度止めて服装で体温調整をしたり、夜寝るときはスリーパーを着せて冷えから守ってあげましょう。

また、エアコンでお部屋を暖めてから、省エネのパネルヒーターや、空気を汚さず安全性の高いパネルヒーターを併用するなど、ご家庭の環境に合わせた暖房器具を使い、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてくださいね☆