冬エアコンを使う時、赤ちゃんの部屋の室温 は何度が適温?

冬になると赤ちゃんの過ごすお部屋を、エアコンを使って温める家庭が多いと思います。

エアコンは乾燥にさえ気をつければ、赤ちゃんのお部屋の冬の暖房器具としては最適ですが、室温設定は何度にしたらいいんだろう?と悩みますよね。

ここでは、冬エアコンを使う時、赤ちゃんの部屋の室温 は何度が適温?について紹介します☆

Sponserd Link

冬エアコンを使う時、赤ちゃんの室温は何度がいい?

赤ちゃんの過ごすお部屋の室温は、冬の場合は20~23℃位が適温なので、エアコンを使ってお部屋を温める場合も、室温設定は20~23℃に設定するのがおすすめです。

冬、エアコンで室温を20~23℃に設定している時に気をつけたいのが、赤ちゃんの服装です。

お部屋が暖かいのに、過剰に冬用のべビー服を重ね着させたり、靴下や帽子をかぶせたりすると体温調節機能が未熟な赤ちゃんは暑くて汗をたくさんかいて、眠りが浅くなってしまいます。

汗をかいたままにしておくと汗が冷えて風邪の原因になったり、冬でもあせもの原因にもなってしまうので、エアコンを使って室温を20~23℃に設定しているときは、赤ちゃんに厚着をさせすぎないように注意するようにしましょう!

夜はエアコンをつけっぱなしにすると乾燥するので、スリーパーを着せて暖かくして寝かせてあげるのがおすすめです☆

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

赤ちゃんの寝室にエアコンはOK?

冬の夜は冷え込むからといって赤ちゃんの寝室にエアコンをつけっぱなしにする家庭もあると思いますが、あまりおすすめできません。

その理由は、赤ちゃんは寝るときは自分で体温調節をする機能が働くからです。

「冬は寒いから寝室にエアコンをつけないと可哀想」と思うのは実は間違いで、赤ちゃんが暑くなりすぎて夜中にぐずってしまったり、お肌が乾燥してカサカサになってしまう原因にもなります。

また、赤ちゃんが寝ている時に温めすぎると、乳幼児突然死症候群の原因にもなりかねないことが分かっているので、冬でも赤ちゃんの寝室にエアコンをつけっぱなしにしないように注意するようにしてくださいね!