NewサイトOpen★月齢別お世話のポイント・悩みの解決方法を紹介!
冬生まれのお世話

冬生まれ(12月・1月・2月)の肌着・ベビー服のサイズ選びのポイント

新生児の赤ちゃん

冬生まれ(12・1・2月)の赤ちゃんのために、べビー服を準備するときは何センチのものを購入しておけばいいのか?迷ってしまいますよね。また、どんな肌着・べビー服が必要になるのでしょうか?

一年のうちで最も寒い真冬の時期に新生児期を過ごす冬生まれの赤ちゃんは、体温調節機能が未熟な新生児期は特に注意が必要です。

と言っても、冬の寒い時期は部屋の中を暖房で温めるので、赤ちゃんに必要以上に厚着をさせる必要はありませんが、どのような服装を準備しておいたらいいのでしょうか。ここでは、冬生まれの赤ちゃんのベビー服のサイズと揃えておきたいアイテムを紹介します☆

冬生まれのベビー服のサイズ

新生児の赤ちゃん生まれたての新生児の赤ちゃんのべビー服のサイズは、赤ちゃんの大きさにもよりますが一般的に50cmのものがジャストサイズです。

でも、冬生まれの赤ちゃんは寒い時には肌着を重ね着することもあるので、50cmのべビー服だと生後1ヶ月まで着られないこともあるので、50-60cmの2サイズにまたがったサイズのべビー服がおすすめです。

出産前に揃えておきたい肌着とべビー服の種類は、新生児の基本のウェアである短肌着・コンビ肌着・ツーウェイオールの3種類と、防寒用のカバーオールがあれば安心です。

服装の着せ方と選び方

肌着姿の赤ちゃん冬生まれの赤ちゃんは寒い時期に新生児期を過ごすので、冷えて風邪を引かせないように厚手の温かい服装をさせなくちゃ!と思いがちですが、暖房を使って部屋を暖めて暖かいお布団で眠る赤ちゃんに厚着のさせすぎはNG!!

赤ちゃんは大人よりも体温が高く暑がりなので、暖かいお部屋で過ごす時の服装は短肌着+コンビ肌着+秋冬物のツーウェイオールで、靴下も履かせなくて大丈夫です。

ただし、冬の外出時は北風が強く寒いので防寒用の厚手のカバーオールを着せて、靴下・帽子でしっかり寒さを防ぐようにしてくださいね☆

冬生まれの赤ちゃんのベビー服を選ぶポイントは、お肌に直接触れるベビー用肌着はジャストサイズのものを選んで、カバーオールは大きめの60~70センチのものを選んでおくと春先まで着ることができて経済的ですよ☆

おすすめのツーウェイオール

矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

*関連記事  1月生まれの赤ちゃんの布団の選び方と寝冷え防止対策

ベストやスリーパーで体温調節が◎

スリーパーを着ている赤ちゃん生まれたばかりの新生児の赤ちゃんは、基礎代謝が活発で体温が高い状態ですが、体温調節機能がまだ未熟なので、気温の上下とともに体温も上下してしまいやすいので注意が必要です。

少し寒いかな?と感じた時は、さっと羽織れるベストやスリーパーで体温調節をしてあげましょう。

肌触りのいい綿100%のガーゼ素材のものなら、保温性だけでなく通気性・吸湿性にも優れているので、冬だけでなく春先にかけても重宝しますよ!

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

新生児の赤ちゃん
冬、赤ちゃんには布団の中でスリーパーを着せる?布団は何枚かける?冬になると気になるのが、赤ちゃんや子供の寝冷えですよね。 きちんとお布団の中に手足を入れて寝かせたのに、気づいたら手足がお布団から...

冬生まれの赤ちゃんの肌着の準備

新生児の赤ちゃん冬生まれの赤ちゃんの肌着の基本的な着せ方は、短肌着+コンビ肌着の重ね着です。

肌着には長袖のものもありますが、寒い地域にお住まいの方以外は短肌着・コンビ肌着共に半袖の肌着を多めに、長袖の肌着を2枚程度準備しておけばOKです。

ここでは、冬生まれの赤ちゃんの肌着の出産準備リストを紹介します。(注)お住まいの地域によって気温差が大きいので、あくまで参考にしてください☆

短肌着の選び方

短肌着を着ている赤ちゃん短肌着は新生児の赤ちゃん用の肌着で、前で打ちかけて2本の紐を結んで脱着させるタイプの肌着です。赤ちゃんのお肌に直接触れる肌着なので、吸湿性に優れた上質の綿100%の素材(ダブルガーゼ・フライス)がおすすめ!

冬生まれの赤ちゃんでも汗をかいて1日に何度も着替えをさせるので、6~8枚準備しておくと安心です☆
おすすめの短肌着

矢印アイコン短肌着の人気ランキング

コンビ肌着の選び方

コンビ肌着を着ている赤ちゃんコンビ肌着は裾が膝丈までの長さで、股下をスナップボタンで留めることができるタイプの肌着です。赤ちゃんの足が元気に動いてもはだけることがないので、生後4~5ヶ月頃まではメインで着せる肌着になります。

冬生まれの赤ちゃんには、暖かいニット素材のコンビ肌着を4~6枚準備しておきましょう☆
おすすめのコンビ肌着

矢印アイコンコンビ肌着の人気ランキング

長肌着は必要ないの?

長肌着ベビー用品店に置いてある出産準備リストにも「長肌着」の記載がありますが、短肌着の丈が長いバージョンの長肌着は生後1ヶ月頃までしか使えない肌着で、全く必要なかった!という意見もある肌着です。

おむつ交換が頻繁な時期には便利ですが、同じ丈の長さでスナップボタンが付いていて扱いやすく、長く着せられるコンビ肌着で代用できるので、出産準備として最低の1~2枚用意しておけば大丈夫です。

実際に長肌着を使ってみて、使いやすく感じたら買い足すようにすれば無駄にならないのでおすすめです☆

冬生まれの赤ちゃんの肌着の着せ方と選び方

新生児の赤ちゃん冬生まれの赤ちゃんの肌着の着せ方は、まず一番下に短肌着を着せ、その上に長肌着またはコンビ肌着を着せた上にベビー服を着せます。

長肌着は、生後1ヶ月を過ぎると赤ちゃんの足がよく動くようになり裾が丸まってしまうので扱いにくくなるので、最初からコンビ肌着を使う方もたくさんいるので、実際に使ってみて使いやすい方を選びましょう!

また、肌着には半袖と長袖のものや「冬素材」と呼ばれる暖かい生地でできたものもありますが、冬は赤ちゃんを肌着だけで過ごさせることはないので通年素材の半袖のものを用意しておけば大丈夫です☆

赤ちゃんの肌着の準備リスト

短肌着
準備枚数:4~6枚
重要度:重要度-高
寒い日用に長袖を2枚程度準備しておきましょう。
長肌着
準備枚数:1~2枚
重要度:重要度-低
生後1ヶ月まで活躍しますがコンビ肌着で代用できます。
コンビ肌着
準備枚数:4~6枚
 重要度:重要度-高
寒い日用に長袖を2枚程度準備しておきましょう。