万歳して寝ている男の子の赤ちゃん冬生まれ(12・1・2月)生まれの男の子の赤ちゃんは、1年のうちで最も寒い時期に新生時期を過ごすので、寒くて体を冷やしてしまって体調を崩さないように、服装選びに特に気を配らなければいけないので、何をどう着せてあげたらいのか?迷ってしまいますよね。

寒い思いをすると可哀想だから…とついつい暖かい服装をさせて温めてあげたくなりますが、赤ちゃんは大人より体温が高く暑がりなので、必要以上に厚着をさせる必要はないので心配しすぎないようにしてくださいね。

ここでは、冬生まれの男の子の赤ちゃんの服装の選び方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

暑すぎず・寒すぎない服装をすることが大切!

冬生まれ(12・1・2月)生まれの男の子の赤ちゃんは、寒い時期に新生時期を過ごすので「体を冷やさないようにしなくちゃ!」と寒さに対して過敏になってしまいますが、赤ちゃんが過ごすお部屋は暖房を使って温めているのなら、服装を選ぶ時は逆に暑すぎていないかな?と確認することも大切です。

新生時期の基本的な服装は、短肌着+長肌着(コンビ肌着)+ベビー服の3枚重ねですが、お部屋の室温や赤ちゃんの様子を見ながら、寒そうならベビーベストを重ねて着せてあげたり、暑そうなら長肌着を脱がして短肌着+ベビー服の2枚重ねにしてあげたり、臨機応変に服装の枚数を調整してあげましょう。

ベビー用品店に行くと、色々な種類の冬物のベビー服が販売されているので、あれこれ欲しくなってしまいますが、新生時期はあっという間に過ぎてしまいサイズアウトして着られなくなってしまうので、必要なものを必要なだけ準備しておくのがおすすめです。

これから冬生まれの男の子の赤ちゃんの出産準備をする時の、服装(肌着・ベビーウェア・防寒アイテム)の選び方のポイントについて詳しく紹介していきます。

①肌着

冬生まれの男の子の赤ちゃんに必要な肌着は、短肌着と長肌着またはコンビ肌着です。短肌着は丈が短くて、2本の紐で結んで脱着させるタイプの肌着で、赤ちゃんのお肌に直接触れる肌着なのでお肌に優しいコットン素材のものが適しています。

短肌着の上に長肌着またはコンビ肌着のどちらかを着せますが、長肌着は丈が長くて扱いにくいという意見も多く、股下にスナップボタンがついているコンビ肌着の方が着せやすいですし、長く着せることができるので、どちらにするか迷っている場合はコンビ肌着の方をおすすめします。

必要枚数
・短肌着:5~8枚
・コンビ肌着:5枚

おすすめの肌着セット

矢印アイコン肌着セットの人気ランキング

②ツーウェイオール

冬生まれの男の子の赤ちゃんには、肌着を2枚重ねた上にツーウェイオールを着せてあげましょう。
ツーウェイオールとは、股下のスナップボタンの付け方によって2通りの着せ方ができる便利なベビー服で、生後すぐはボタンを留めずにドレスオールとして、足がよく動くようになってきたらボタンを留めてカバーオールとして着せてあげましょう。

基本的には体温調節がしやすい綿素材のツーウェイオールを着せてあげますが、寒い日や体調を崩してしまった時に着せてあげるために、キルトなど暖かい素材のものも準備しておくと安心です。

必要枚数
・綿素材のツーウェイオール:5枚
・キルトなど冬素材のもの:1~2枚

おすすめのツーウェイオール

矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

 

③おくるみ

冬生まれの男の子の赤ちゃんが初めて外出するのは1ヶ月検診になりますが、検診時~春までは防寒着のかわりとして暖かいおくるみで包んであげるのがおすすめです。色々な種類のおくるみがありますが、冬は寒いので赤ちゃんが冷えないよう手早くさっとおくるみに包んであげることができる、足付きタイプのおくるみが人気なのでチェックしてみて下さいね!

おすすめのおくるみ

矢印アイコンおくるみの人気ランキング

④ジャンプスーツ

冬生まれの赤ちゃんをあまり外へ連れ出す機会も少ないかもしれませんが、毎日のお買い物や病院通い、上の子の送迎などでどうしても外へ連れ出さなければならない時は、全身をすっぽり覆ってくれるジャンプスーツがアウターとして活躍してくれます。

男の子の赤ちゃんでもくま耳付のジャンプスーツはとても可愛く着こなすことができるのでおすすめです。

おすすめのジャンプスーツ

矢印アイコンジャンプスーツの人気ランキング

⑤靴下・レッグウォーマー

赤ちゃんは冬でも室内で過ごす時は基本的に裸足で大丈夫ですが、外出時には靴下を履かせて足元からの冷えを防いであげましょう。また、ふくらはぎを温めてくれるレッグウォーマーは、冬生まれの赤ちゃんの体温調節に便利なアイテムです。男の子用のかっこいいデザインのレッグウォーマーもたくさん販売されているのでチェックしてみて下さいね!

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

⑥冬用帽子

冬生まれの赤ちゃんは髪の毛がまだ薄く、冷気や北風をダイレクトに頭皮に受けて体を冷やしてしまうので、暖かい冬用の帽子を被せて寒さから守ってあげましょう。男の子でも動物の耳つきの帽子はとても赤ちゃんらしくて可愛いのでおすすめです。

おすすめの帽子

矢印アイコンベビー帽子の人気ランキング

冬におすすめの素材

冬生まれの赤ちゃんには、新生時期から暖かい冬用素材の肌着・ベビー服を準備しておくと寒さから守ってくれて安心です。また、赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、綿100%のものやオーガニックコットンのものを選ぶと安心ですよ。

スムース
ベビー服の定番の素材のスムースは、目が詰まっているリブ編みで保温性が高く、生地の伸縮性も高いので、柔らかく脱着がしやすい生地です。厚さも様々あり、冬用は厚めの生地が使われます。
フライス
リブ編みのさらっとした肌触りの生地で、赤ちゃん肌着の定番素材です。スムース生地よりは薄手で、伸縮性・吸湿性が高いので冬用としてだけでなく、年中素材としてよく使われている素材です。
キルト
生地と生地の間に中綿が挟んである生地で、保温性が高いので冬の赤ちゃんの防寒着、おくるみとしてよく使われる生地です。保温性は高いのですが、伸縮性は低いので主にアウターに用いられる生地です。

体の大きさに合った服を選んであげることも大切!

男の子の赤ちゃん冬生まれの男の子の赤ちゃんのために買いそろえる服は、来年の冬も着られるように大きめを買っておこう!と思うかもしれませんが、体に合わない大きめのベビー服は重くて赤ちゃんの手足の動きを制限してしまうので、1シーズンしか着せてあげることができなくても体の大きさに合った服を選んであげましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは50-60cmのサイズですが、1年後には80cmくらいのベビー服が着られるようになっているので、少し勿体ない気もしますが、今しかない小さな体の時期を可愛らしいベビー服を着せて記憶に残してあげるようにしてくださいね!