初夏になると気温も上がり、赤ちゃんは汗をたくさんかくようになるので肌着がたくさん必要になりますが、どのような肌着を選んだらいいのか?迷ってしまいますよね。初夏の赤ちゃんの肌着は、通気性と汗を吸い取る吸湿性の高い、夏まで使える涼しい素材のものがおすすめです。

また、汗をたくさんかく=肌着に汗がついたままになるので、少しでも汗をかいたらすぐに着替えさせることであせもや湿疹などの肌トラブルを未然に防ぐことができますよ!ここでは、初夏の赤ちゃんの肌着の選び方と着せ方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

夏素材の肌着が◎

笑顔の赤ちゃん肌着とひとことで言っても、色々なタイプ・素材がありますが、初夏からの暑い季節に適しているのは「夏素材」と呼ばれる通気性・吸湿性に優れた素材です。赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、なるべく綿100%のダブルガーゼ・フライス素材で作られた肌着がおすすめです。

冬~春に着ていた半袖の肌着がまだ使えそうだけど?と思った時は、まずは夏素材と触って生地を比較してみて、保温性の高いニット素材で「暑そうだな」と感じたら、初夏からの季節には向いていないので、夏素材のものを着せてあげるようにしてくださいね!

新生児~3ヶ月の赤ちゃんの肌着の着せ方のポイント

この頃の初夏の赤ちゃんの肌着の着せ方は、短肌着+コンビ肌着の重ね着が基本ですが、初夏でも20℃以上で汗ばむような日は、短肌着は着せずにコンビ肌着だけでもOK!逆に短肌着だけだとお腹が出てしまい冷やしてしまうので、1枚で着せる場合は必ずコンビ肌着を着せてあげるようにしましょう!

初夏から夏にかけては、1日に何度も肌着を着替えることになるので、手頃なお値段でコーディネイトできる肌着セットがおすすめです。

おすすめの肌着セット

肌着セットの人気ランキング

3ヶ月~6ヶ月の赤ちゃんの肌着の着せ方のポイント

この頃の初夏の赤ちゃんの肌着の着せ方は、半袖の前開きボディ肌着が基本になります。多くの赤ちゃんが寝返りをする時期なので、もし前開きタイプの肌着だと胸にボタンが当たって赤くなったり、痛がったりする様子が見られたら、頭からかぶるタイプのボディスーツを着せるようにしましょう!

6ヶ月~の赤ちゃんの肌着の着せ方のポイント

この頃の初夏の赤ちゃんの肌着の着せ方は、頭からかぶるタイプのロンパースが基本になります。動きやすくてお腹もすっぽりカバーしてくれるので、活発に動く赤ちゃんでもお腹が冷える心配が無いので安心です。

おすすめのロンパース

矢印アイコンロンパースの人気ランキング

あせも対策を考えよう!

肌着姿の赤ちゃん初夏になると、夏のように暑い日も増えてくるので、大人よりも体温が高い赤ちゃんはたくさんの汗をかくようになるので、知らないうちに肌着が汗で濡れていた…なんてこともよくありますが、汗をかいたままにしておくとデリケートな赤ちゃんのお肌にはすぐにあせもができてしまいます。

あせもができるメカニズムは、汗をかいたままの肌着から雑菌が繁殖して肌に移ることなので、初夏も気を抜かずにこまめに肌着の交換をしてあげることで、あせもを未然に防ぐことができますよ!

✽関連記事  初夏は赤ちゃんに靴下を履かせる?月齢別のおすすめの服装と冷え対策

吸湿性・通気性に優れた綿素材が◎

あせもを防ぐためにも、初夏~夏の赤ちゃんの肌着を選ぶ時はなるべく化学繊維を避け、吸湿性・通気性に優れた綿素材のものを選びましょう。また、特に首のしわや関節にあせもができやすいので、肌着を着替える際に濡れたタオルで優しく拭いてあげるだけで、肌トラブルの回避率がぐっとあがるので試してみてくださいね☆