赤ちゃんは大人よりも暑がりなので、夏に布団をかけているとびっくりする位の寝汗をかいてしまい、汗で髪の毛や肌着が湿ってしまうことがあるので、何か対策してあげて快適に眠らせてあげたいですよね。

汗をかいたままにするとお肌がデリケートな赤ちゃんはすぐにあせもができてしまいますし、汗が冷えて夏風邪をひかせてしまう可能性もあるので、夏の赤ちゃんの布団選びは実はとても重要です。

寝苦しい暑い夏の夜は、赤ちゃんが快適に過ごすための対策をしてあげることで、寝汗を減らすことができますよ!ここでは、赤ちゃんが快適に眠れるための夏の布団選びと、寝汗対策のポイントと注意点を紹介します☆

Sponserd Link

寝具や衣類は通気性の良いものが◎

寝ている赤ちゃん赤ちゃんは大人よりも新陳代謝が活発なため、普段から汗をたくさんかきますが、気温と湿度が高い夏の夜は、更にたくさんの寝汗をかいてしまうのも当然なことなのです。

そんな赤ちゃんの寝汗を少しでも減らすための対策方法として、まず寝具や衣類を通気性の良いもに変えてあげるのがおすすめです。寝具は通気性がよく吸湿性にも優れた綿素材のものを使用し、赤ちゃんが寝るときの服装は大人よりも1枚少な目を意識し、お腹が出ない涼しいパジャマを着せてあげましょう。

また、赤ちゃんは夏は汗をたくさんかくから、布団をかけなくてもいいのでは?と思うかもしれませんが、全くお布団をかけないのはよくないので、お腹が冷えないようにタオル位はかけてあげましょう。

布団の上にひんやりマットで快適!

夏の汗対策としておすすめしたいのは、赤ちゃんの布団の上に敷いて使う冷感タイプのひんやりマットです。赤ちゃん用のお肌に優しい素材で作られた冷感マットは、ただ冷やすだけでなく汗を素早く吸収し、お家で洗濯して繰り返し使うことができるのでおすすめ!

ただし、一般的なジェルタイプのひんやりマットは赤ちゃんの体を冷やしすぎてしまう恐れがあるので、赤ちゃんには優しい冷たさの冷触素材で作られたマットを選ぶことが大切です。

おすすめのひんやりマット

矢印アイコンベビー用ひんやりマットの人気ランキング

汗取りパットで汗疹を防いで背中サラサラ!

赤ちゃんは、寝入り時に汗を大量にかくため、夏は寝かしつけの短時間だけで肌着が汗でびっしょり!なんてこともありますよね。そのような場合におすすめなのが、衣類と背中の間に挟む「汗取りパット」です。

「汗取りパット」は汗をかいたら、襟元から簡単に抜き取ることができますので、寝汗対策だけでなく、日中の汗対策にも大活躍してくれるので、夏は多めに準備しておき、汗をかいたらすぐに交換してあげることでお肌を清潔に保ち、あせもを防いでくれますよ!

エアコンを上手に使って室内環境を整えよう!

気温と湿度が高い夏は、いくら寝具や衣類で寝汗対策をしても、室内が暑いと寝汗をかいてしまうので、エアコンを上手に使用しながら、過ごしやすい環境を作ってあげましょう!

赤ちゃんに最適な室温は、温度26~28度、湿度50~60度なので、大人には少し暑いかもしれませんが、冷やしすぎは赤ちゃんの体に良くないので、必要以上に設定温度を下げないようにすることが大切です。

また、エアコンをあまり使用したくない場合には、冷却シートやアイスノンを使い体感温度を下げる方法も◎ですが、赤ちゃんは大人より体温が高く暑がりということを忘れないようにして、上手にエアコンを使って寝汗と熱中症の対策をするようにしてくださいね!

寝冷え防止対策はスリーパーが◎

スリーパーを着ている赤ちゃん赤ちゃんは寝相が悪い子が多いので、夏用の薄手の布団をかけても気付いたら布団を蹴ってしまっていた、なんてこともよくあることです。寝ている時は暑くて汗をかいて布団をかけるのを嫌がっても、朝方気温が下がって冷えてくると寒くなり、寝冷えをしまうことがあります。

そんな夏の夜には、通気性が良くて汗を吸い取ってくれる素材でできたスリーパーを着せてあげると寝冷えや夏風邪の心配もなく安心です。スリーパーは夏だけでなく、秋・冬・春と一年を通して使うことができるので、1枚持っていると重宝しますよ!

おすすめのスリーパー


矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

夏の布団の選び方のポイント

夏は厚い布団をかけると赤ちゃんはすぐに汗だくになってしまうので、通気性がよくて汗をしっかり吸い取ってくれるタオルケットやガーゼケットなど、お肌に優しい素材の布団が赤ちゃんが快適に眠るためにもおすすめです。

また、赤ちゃんが汗を書いたらこまめに肌着を交換してあげないと、汗疹になったり体を冷やしてしまうので、すぐに着替えができるように準備しておくと安心!暑くて寝汗をたくさんかいてしまう夏の夜を快適に過ごすために、ひんやりマットやスリーパーを活用して快適に寝かせてあげるようにしましょう!

水分補給も忘れずに!

ミルクを飲んでいる赤ちゃん暑い夏の夜は寝汗対策に気取られてしまいがちですが、赤ちゃんは汗をたくさんかいてしまうことによって脱水症状にもなりやすいので、水分補給も忘れずにするようにしてくださいね!

寝ている赤ちゃんをわざわざ起こしてまで水分補給をする必要はありませんが、赤ちゃんが目を覚ました時にすぐに飲ませてあげられるように、枕元に哺乳瓶やマグに入れたお茶やお水を準備しておくのがおすすめです。

大人でも寝苦しい夏の夜は、赤ちゃんは更に寝苦しく寝汗をたくさんかいたり、愚図ってしまいがちなので、ここで紹介したお布団の選び方・寝汗対策方法で快適な環境を作ってあげましょう!