寝ている赤ちゃん

暑くて寝苦しい夏は、暑がりな赤ちゃんは、寝ている時にいつも以上にコロコロ転がってしまい、布団から体が半分はみ出たり、お布団を何度かけ直してもすぐに剥いでしまい、寝相悪い事が多いのではないでしょうか。

特に寝返りができるようになると、寝ている間も赤ちゃんはあちこちに寝返りをしてしまい、夜中にじっとしていることがありませんが、赤ちゃんの寝相が悪いと心配になるのが、夏の赤ちゃんの寝冷えですよね。

ここでは、寝相悪い赤ちゃんのための、夏の寝冷え対策と注意したいポイントについてお話しします☆

Sponserd Link

気になるお腹の冷えにはスリーパーがおすすめ!

気温が高く蒸し暑い夏は、赤ちゃんに布団やタオルケットをかけても、寝相悪いとすぐにはだけてしまいまい、ママとしては気になるのが、お腹の冷えですよね。

赤ちゃんはお腹が冷えるとすぐに体調を崩したり、下痢をしてしまうことがあるため、お腹は極力冷やさないようにする必要があります。

そんな時におすすめしたいのが、夏でも使えるガーゼ素材のスリーパーです。

スリーパーと言えば冬のねんねアイテムのような気がしてしまいますが、通気性が優れたガーゼ素材のものなら、暑い夏でも快適に使うことができますよ!

夏は肌着の上にスリーパーさえ着せておけば、コロコロ転がって寝相悪い赤ちゃんでも、お腹を冷やすことがないので安心です☆

おすすめの夏用スリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

室温を上手に調節して快適な環境を作ろう!

夏になって赤ちゃんの寝相悪い事が増えた場合は、まず室温を見直してみましょう!

寝ている時の室温が高いと、体温が高い赤ちゃんは更に体内の熱が上昇してしまい、ひんやり涼しい場所を求めて寝ながらコロコロ転がってしまい寝相悪い事が増えてしまいます。

赤ちゃんが寝る時の室温は、夏は26~28度くらいに設定し、赤ちゃんが快適に眠れるような環境を作ってあげましょう!

また、室温の調節だけでなく、夏はシーツをひんやり冷たい冷触タイプのひんやりマットにしてあげると、寝相悪い赤ちゃんは更に快適にぐっすり眠れるようになりますよ!

おすすめのひんやりマット

矢印アイコンひんやりマットの人気ランキング

寝冷えを防いで快適に!

寝ている赤ちゃん

寝苦しい夏は、赤ちゃんはどうしても寝相悪くなりがちですが、布団を蹴ってしまい被らないなら、スリーパーを着せてあげ、ひんやりマットの上に寝かせてあげるだけで、寝冷えを防いで快適に眠らせてあげることができます。

ただし、冬物の厚手のスリーパーは余計に熱がこもって暑くなってしまうので、夏でも使えるガーゼタイプのものを選ぶようにしましょう。

また、大人用のひんやりマットは冷却力が強く、赤ちゃんには不向きなので、ベビー用のひんやりマットを準備してあげてくださいね!

寝苦しい夏の夜、寝相悪い赤ちゃんの体を冷やして風邪を引かせてしまわないように、スリーパーやひんやりマットを上手に使ってぐっすり眠らせてあげましょう☆