夏生まれの赤ちゃん用のおくるみの選び方のポイント

 退院時や寝かしつけにも便利なおくるみですが、夏生まれの赤ちゃんには少し暑苦しいと感じているママもいるのではないでしょうか?

しかし、夏におくるみは必要ないと思っていたら大間違い!

ここでは、夏でもおくるみが必要な理由と、選び方のポイントを紹介します。

Sponserd Link

夏の冷房対策には、おくるみが最適!

夏の屋外はとても暑いですが室内や車内は冷房がよくきいているため、小さな赤ちゃんの体を冷やす原因となります。

夏生まれの赤ちゃんはまだ体温調節昨日が未熟なので、温度差にうまく対応できません。

そんな時、サッと取り出せるおくるみが1枚あればお出かけ時の冷房対策だけでなく、強い日差しや紫外線から赤ちゃんを守る肌掛けや日除けとしても利用できてとても便利です☆

おすすめのおくるみ

矢印アイコンおくるみの人気ランキング

ソレイアード 足つき6重ガーゼアフガン

こちらのおくるみは、密度が異なるガーゼを6層に重ねることにより、ふんわりと空気を含ませた夏生まれの赤ちゃんにおすすめのおくるみです。

寒い時は保温性を発揮し、暑い時は汗を素早く吸収してさらさらの状態に保ってくれるため、季節を問わず使えます。

1年中使えるというのも利点ですが、こちらのおくるみは、足つきになっているので、着用したままベビーカーやチャイルドシートに乗せられるので人気です☆

矢印アイコンソレイアード 足つき6重ガーゼアフガンの詳細はこちら

トゥシェ 日本製 4重ガーゼ 耳付きおくるみ

こちらは、ふんわり柔らかい肌さわりが優しい夏生まれの赤ちゃんに最適な4重ガーゼのおくるみです。

耳付きのデザインとクマの模様が可愛らしく、通気性の吸水性に特化した素材でつくられているので、夏でも扱いやすいおくるみです。

また日本製にこだわった上質なガーゼの生地が、赤ちゃんの肌に良くなじみ、お風呂上がりにサッと着せてあげれば、ベビーガウンにもなり重宝します。

矢印アイコン日本製 4重ガーゼ 耳付きおくるみの詳細はこちら

ガーゼのおくるみがおすすめ!

おくるみの見た目から暑そうに感じてしまうので夏生まれの赤ちゃんにはいらないかも?と思うこともあるかと思いますが、1枚持っておくだけで助かるシーンがたくさんあります。

通気性と吸水性に優れたガーゼ素材のおくるみなら夏も涼しく、それでいて汗も吸ってくれるためオススメです☆