雛人形の前で微笑む女の子の赤ちゃん

女の子が生まれたら、3月3日の雛祭りに初節句のお祝いをしますよね。

でも、3月3日は祝日ではないので、休みを取りにくかったり、親戚を呼ぶのが難しかったりする場合もありますよね。

ここでは、3月3日が平日の場合、初節句を迎える女の子のお祝いはいつすべきなのか?初節句のお祝いの日取りの決め方について紹介します☆

Sponserd Link

無理のない日取りを選べばOK!

初節句を迎える女の子のお祝いは、出来るなら3月3日の雛祭りにしてあげるのがよいですが、3月3日は祝日ではないため、休みを取りづらい場合もあるかと思います。

そうなった場合は、いつ女の子の初節句のお祝いをするのがいいのかと言うと、皆が集まれる無理のない日取りを選べばOKです。

3月3日のひな祭りの日には家族で簡単にお祝いをして、土日など都合のつきやすい日に盛大に行うのが良いでしょう。

お祝いは前倒しでするのがベター

ただし、お祝い事は遅れてするものではないものなので、たとえ3月3日に近くても、4日以降に行うのはさけ、3月3日より前の日取りを選らんで女の子の初節句のお祝いするのがベストです。

ただし、地域によっては旧暦にしたがって祝うこともありますので、旧暦で行う場合は4月3日に行っても構わないので、女の子の初節句のお祝いをいつするのかはご家族と相談するようにしましょう。

しきたりや時期は地域により違いはありますが、どちらにせよ初節句は我が子の成長を願ってお祝いする素敵な記念日です。

初めて迎える女の子の初節句だからこそ、「いつ行うか」にこだわりすぎず、家族皆で集まれる日に盛大にお祝いをしましょう!

なぜ桃の節句は3月3日なの?

女の子の初節句は「上巳の節句」に行うとされていて、この上巳の節句にあたるのが、現代の雛祭り、つまり「桃の節句」です。

節句とは、暦の上で「節目」になる日のことを差し、一年間を通して5回の節句があります。

その5つのうちの一つが、桃の節句で、奇数が重なる日は、邪気をはらうことができるとも言われているため、我が子の無病息災と健やかな成長を願って、縁起の良い節句の日に行われています。

いつ女の子の初節句のお祝いをするのか決まったら、雛人形を飾ったり、お祝いの料理など色々決めることがあるので、用意周到に準備をしましょう!