寒くても大丈夫!?冬に赤ちゃんに外遊びをさせるメリットと注意点

冬になると気温が低く、北風が冷たい日も増えてくるので、赤ちゃんを冷やして風邪を引かせてしまったら大変だから、外遊びを指せない方がいいのかな?と迷ってしまいますよね。

寒いと大人は外出するのが億劫になってしまいますが、赤ちゃんの運動不足解消&免疫力アップのためにも可能な限り外遊びを楽しむのがおすすめ!

ここでは、赤ちゃんに冬でも外遊びをさせるメリットと注意したいポイントについて詳しく紹介します☆

Sponserd Link

しっかり防寒すれば問題なし!

冬になると外は寒いから、外遊びなんかさせないで暖かいお部屋で過ごさせた方がいいに決まってる!と考えるママもいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

確かに冬の屋外は気温が低く北風も冷たいのですが、もともと大人より体温が高い赤ちゃんは少しくらい寒くてもすぐに風邪を引いてしまうようなことはありません。

むしろ、冬に外遊びをして冷たい空気に触れることで赤ちゃんの心配やお肌を上部にし、日光浴することでビタミンDを形成し骨の発達に役立丈夫な体を作ることができます。

赤ちゃんを外遊びさせるときは、全身をすっぽり覆うことができるカバーオールや、風を通さない素材でできたジャンプスーツを着させてしっかり防寒さえすれば、北風が冷たい日の外遊びも積極的に出かけて問題ありません☆

おすすめのジャンプスーツ

矢印アイコンジャンプスーツの人気ランキング

室内の方がウィルスが多い!?

寒い冬に赤ちゃんを外遊びさせると、体が冷えるから風邪を引きやすくなる。

そう思っている方もいるかもしれませんが、冷え=風邪という訳ではなく、免疫力が低下している時に風邪のウィルスが入り込んでしまった時に風邪の症状が出るのです。

あまりに寒い時に鼻水が出ることがありますが、これは風邪からくるものではなく、身体を守るために鼻水が出るだけで、暖かいお部屋に入れば治まることがほとんどなので特に心配しなくて大丈夫なのです。

実は冬は屋外より暖かい室内の方がウィルスの数が多いので、「寒いから」と外遊びをさせずにショッピングモールなど人が集まる暖かい場所に赤ちゃんを連れて行く方が、ウィルスに感染するリスクが高いので注意が必要です。

とは言え、北風が強くて手もかじかんでしまうような冬の寒い日、に無理して赤ちゃんに外遊びをさせる必要はないので、比較的暖かい日の日中を選んで公園などで外遊びをさせてあげてくださいね☆