赤ちゃんに抱っこ紐はいつからいつまで使える?後悔しない選び方

街で抱っこ紐で赤ちゃんを抱いているママを見かけると、「生まれてくる赤ちゃんを早く抱っこ紐で抱っこしたい!だけど、新生児の赤ちゃんにいつから使えうるのかな?」と疑問に思いますよね!

ママ

一般的な抱っこ紐(ベビーキャリー)は首がすわった頃(生後4ヶ月~)使うことができますが、抱っこ紐の種類によって異なるので確認が必要です。

そのままで新生児~使えるものや、オプションの新生児パットを使えば生後すぐから使うことができるアイテムなど様々なので、いつから使えるのか?を確認して選ぶことが大切です。

また、抱っこ紐はいつまで使えるのでしょうか?ここでは、抱っこ紐の使用開始から使用期限について、ここでは、抱っこ紐と、ライフスタイルに合わせた選び方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

いつから使えるかはメーカーによって異なる!?

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん抱っこ紐は色々なメーカーから色々なタイプの抱っこ紐が販売されていて、昔ながらの背中に背負おう抱っこ紐も今でも販売されていますが、近年人気なのは対面抱っこ・おんぶができる抱っこ紐(ベビーキャリー)です。

一番人気のエルゴベビーを例にすると、新生児の赤ちゃんにいつから使えるのか?と言うと、オプションのインファントインサート(新生児用パット)を使うと、生後すぐの赤ちゃんから使用可能です。

ママ

インサートなしで生後すぐから使えるADAPTシリーズも人気を集めています。

このように、抱っこ紐には色々なタイプがあるので、どれを選んだらいいのか?迷ってしまうのも当然ですが、新生児のうちから使いたい場合は、いつから使えるのか?新生児用パットは必要なのか?を必ず確認して選ぶようにしましょう!

インサートなしの抱っこ紐が人気!

エルゴ ADAPT新生児から使える抱っこ紐=オプションのインサートが必要、という概念を覆した、インサートなしで新生児から使える抱っこ紐が人気を集めています。

ママ

先ほど紹介したエルゴベビーのADAPTをはじめ、エルゴと並んで人気が高いベビービョルンのベビーキャリアOne KAI Airは、インサートを使わなくても新生児の赤ちゃんから3歳頃(15キロまで)使うことができます。

新生児用インサートは生後4ヶ月頃にはいらなくなってしまうので、最初からそのまま新生児の赤ちゃんを抱けるタイプの抱っこ紐の方が便利だし、せっかくインサートを買っても短期間しか使えないなら勿体ない!ということから、このタイプが人気を集めています。色々な抱っこ紐が販売されているので、チェックしてみて下さいね☆
おすすめの抱っこ紐
矢印アイコン抱っこ紐の人気ランキング

 

*関連記事  赤ちゃんと抱っこ紐でお出かけの服装はどうする?季節ごとの選び方

抱っこ紐はいつまで使う?

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん赤ちゃんのお世話に便利そうな抱っこ紐を買おうかと思っているんだけど、一体いつまで使えるのかな?と疑問に思っている方も多いと思います。

ママ

メーカーにもよりますが、一般的に抱っこ紐は15kgまで対応しているものが多いですが、15kgとなると3歳頃の体重なので、もっと早い段階で抱っこ紐を使わなくなるケースが多いようです。

また、小柄な方や、腰痛持ちの方は、赤ちゃんが重くなるに連れて抱っこ紐を使うと体がしんどくなってしまうので、一概にいつまで使えるとは言えない物なのです。

先輩ママは、抱っこ紐をいつまで使った?

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん新生児から使える抱っこ紐は種類によって許容体重は異なるものの、だいたい赤ちゃんの体重が10kg前後を超えるとママの体への負担が大きくなってきます。

ママ

1歳を過ぎて赤ちゃんが歩けるようになると、抱っこ紐の使用頻度は減って、手が離せないときや、眠そうな時だけ使うようになってきます。

周りの先輩ママに抱っこ紐はいつまで使ったか聞いてみると、だいたい1歳半~2歳位まで使ったというケースが多いようです。それでも抱っこ紐は新生児~長期間使えて便利なアイテムなので、1つ持っていると育児がとても楽になりますよ☆

*関連記事  雨の日の抱っこひもでのお出かけに!レインケープの選び方のポイント

抱っこ紐を使う時の注意点

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん赤ちゃんによっては抱っこ紐でママに抱っこされるのが大好きで、なかなかやめられないという子もいますが、赤ちゃんが大きくなってくると動きも激しくなってくるので落下に注意する必要があります。

ママ3

抱っこ紐から赤ちゃんが落下したという事故は、意外に多く発生していて、きちんとベルトやファスナーを締めても、大きくなった赤ちゃんの重みに耐えられなくて破損してしまったというケースもあるようです。

抱っこ紐はいつまで使っていい、という決まりはないですが、赤ちゃんが大きくなってきたら安全面を考慮して使う前にベルトやファスナーの状態を確認するようにしましょう☆

ベビーカーとの併用がおすすめ!

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃんさっと使えて便利な抱っこ紐ですが、いつまでも使える訳ではないですし、長時間の移動やお出かけの時は、ベビーカーと併用するのがおすすめです。

ママ3

また、夏の暑い時期に抱っこ紐を使うと、ママと赤ちゃんが密着するので2人とも汗だくになってしまい、赤ちゃんがぐずつく原因になってしまうので、そんな時はベビーカーが大活躍してくれます。

赤ちゃんが小さいうちはメインの移動は抱っこ紐、重くなってきたらベビーカーと併用する、などライフスタイルに合わせた上手な使い方をすると、体への負担も少なくお出かけを楽しめますよ!
おすすめのA型ベビーカー
矢印アイコンA型ベビーカーの人気ランキング

*関連記事  何が違う?ベビーカーの a型・ b型・ バギーの違いとは?選び方のポイント

ライフスタイルに合ったものが◎

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん新生児の赤ちゃんは首がすわっていないのはもちろん体全体が柔らかく衝撃に弱いので、いくら新生児から使える抱っこ紐でも長時間の使用は避けてください。抱っこ紐は新生児の赤ちゃんには負担がかかる体勢なので、長くても1~2時間のみ使用するようにしましょう。

ママ3

いつから長時間使用できるのかと言うと、首がすわって体がしっかりすると体への負担も減るのでそれまでは寝かしつけの短時間の使用を心がけ、安全に使うようにしましょう!

新生児の赤ちゃんから使える抱っこ紐は色々なタイプがあるので、まずは自分がどう使いたいか?いつからいつまでつかいたいか?をよく考えて、ライフスタイルに合ったものを選ぶと失敗がないのでおすすめです☆