新生児のお宮参りはいつするのがベスト?時期をずらしても大丈夫?

赤ちゃんが生まれてから行われる特別な行事のひとつとして「お宮参り」があります。

「お宮参り」は、生まれたばかりの新生児の赤ちゃんの健やかな成長を祈って行われる行事ですが、一体いつ行うのが一般的なのか?どのような服装で行くべきなのか?どんなマナーがあるのか?わからないことが色々ありますよね。

お宮参りは、赤ちゃんにとっても家族にとっても特別な行事だからこそ、しっかりと調べてから準備したいものです。ここでは、新生児の赤ちゃんのお宮参りはどの時期にするのがよいのか?また、その時の注意点についてお話します。

Sponserd Link

男の子は生後30日、女の子は生後31日

お宮参り「お宮参り」とは、生まれたばかりの新生児の赤ちゃんの健やかな成長と健康を願って、近くにある神社(産土神・うぶすながみ)に出産のご報告もかねてお参りに行く行事の事をいいます。

お宮参りに行く時期は、一般的に男の子は生後30日、女の子は生後31日に行くのが良いとされていますが、最近では生まれてから約1ヶ月頃を目安として、都合のよい日に行うのが慣例となっています。

お宮参りはどの神社で行っても大丈夫なのですが、お住まいの地域の氏神さまが奉ってある神社に参拝に行くケースが多いようです。

絶対に生後1ヶ月に行かなくても大丈夫!

新生児の赤ちゃんを連れてお宮参りのために神社に行くのは気が引ける…というママもいらっしゃるかもしれませんが、生後1ヶ月を過ぎれば外出しても大丈夫です。

とくに、夏や冬の気候が厳しい時期の場合には、新生児の赤ちゃんの体調を考慮して、天候のよい時期にずらしてお宮参りを行う場合も最近では多いようです。

絶対生後1ヶ月頃の時期にお宮参りに行かなければいけない!というものでもないので、安心してくださいね。

赤ちゃんやお母さんの体調も考えて時期を決めよう!

ママと赤ちゃん

お宮参りは、生まれたばかりの新生児の赤ちゃんにとっても家族にとっても、大事な儀式のひとつです。もちろん時期やマナーなど形式的なことも大切ですが、一番に考えなくてはならないのは、お宮参りの主人公でもある赤ちゃんやお母さんの体調です。

出産という大仕事を終えたお母さんの体は想像以上にダメージが大きく、産後1ヶ月ではまだ回復しておらず、体調が思わしくない場合には、生後1ヶ月頃とは言わずに時期をずらして行うのがよいでしょう。

また、新生児の赤ちゃんが風邪気味であったり体調が思わしくない場合も無理はさせず、時期をずらして元気な時にお宮参りに行くようにしましょう。

混雑状況を確認しておくと安心!

母親に抱かれている赤ちゃん

ただし、お宮参りをする際は、予め神社にお参りの予約が必要な場合がありますので、お宮参りをする時期が決まったら、早めに予約の電話をいれて、お宮参りの準備をしておきましょう。

神社のお祭りや七五三などの時期に重なるととても混み合うので、予め混雑状況を確認しておくのもよいでしょう。また、お宮参りに行く時の新生児の赤ちゃんの服装はベビードレス!と思われがちですが、普通のベビー服で参拝されている方もたくさんいるので、赤ちゃんが寒くないような服装さえさせてあげれば大丈夫です。

お宮参りは時期にこだわりすぎず、お母さんと新生児の赤ちゃんのことを第一に考えて行うようにしましょう!

*関連記事  新生児のオムツ替えで足を伸ばすのが危険な理由とは?

新生児期とは生後何日まで?乳児期との違いとは?

新生児の赤ちゃん生まれたばかりの赤ちゃんのことを「新生児」と言いますよね。でも「新生児」が生後何日までの赤ちゃんのことをいうのか、疑問に持っている方も多いのではないでしょうか?

ベビー服・肌着を選ぶときも「新生児用」というものがあり、サイズが50-60cmと曖昧なことも多いので、どのサイズを選んだらいいのか?迷ってしまうこともありますよね。

ここでは、新生児とは生後何日までなのかと、乳児になるまでの期間についてお話しします☆

「新生児」とはいつまで?

「新生児」とは生後何日までの赤ちゃんのことを指すかというと、生まれた日を0日と数えて、生後0日から28日未満の赤ちゃんのことをいいます。

生後7日未満の赤ちゃんのことを「早期新生児」といい、この定義は早産児や未熟児の場合にも適用されるそうです。

また、ベビー服・肌着の「新生児用」は50-60cmの2サイズにまたがったものが多く、主に生後すぐ~生後3ヶ月頃まで使用できるので、出産準備として買い揃えるならまずは新生児用の物を選ぶのがおすすめです☆

「乳児」になるのはいつから?

新生児の赤ちゃん赤ちゃんが「新生児」から「乳児」と呼ばれるようになるのは、簡単に考えて、出生後29日以降ということになります。しかし、新生児期と乳児期に、大きな違いがあるかと言えば、そういうわけではありませんが、「新生児」期は、生まれてから、母体の外での生活に慣れるまでのとても大切な時期でもあります。

個人差はありますが、この新生児期に臍帯が脱落し、黄疸が消え、血液循環が確立していく身体的に変化が大きい時期とされています。そのため、新生児期の赤ちゃんの体はとても未熟で、感染症などにもかかると重症化してしまう恐れもあるので注意が必要なのです。

新生児期とは、母体外での生活が出来るようになるまでの準備期間なので、赤ちゃんの体の機能がしっかりと落ち着くまでは、赤ちゃんを頻繁に外に連れ出すのはひかえるようにしましょう。

新生児期は無理のない生活を心がけよう!

新生児の赤ちゃん赤ちゃんがうまれたら、生後1ヶ月ごろに赤ちゃんの誕生を神様に報告し、健やかな成長を願う「お宮参り」の行事があります。

ですが、そのお宮参りが生まれてすぐではなく、新生児期を過ぎてから行われるにも、赤ちゃんやママの体のことを配慮してのことかもしれませんね。

生後28日と聞くととても短く感じてしまうかもしれませんが、新生児と乳児の違いと、その意味をしっかりと理解して、赤ちゃんに無理のない生活を心がけましょう♪