新生児の赤ちゃんにはいつからおしゃぶりを与える?

新生児の赤ちゃん=おしゃぶりを吸っている可愛らしいイメージがありますよね。

口寂しくてよく泣いてしまう赤ちゃんにも、おしゃぶりをくわえさせることで泣き止んだり、寝かしつけに便利なアイテムでもありますが、新生児の赤ちゃんにはいつから与えてもいいのか?癖になってしまわないのか?疑問に思うママも多いのではないでしょうか。

また、新生児の赤ちゃんはとても「吸いたい」という欲求が強いため、指しゃぶりを始めるようになります。赤ちゃんの指しゃぶりは、放っておいても大丈夫だといいますが、ちょっと心配になることもありますよね?

そんなときには、おしゃぶりを使って上手に指しゃぶりから卒業させてあげることもできるのです。

ここでは、新生児の赤ちゃんにおしゃぶりはいつから与えるべきなのか?その時期と注意点をお話します。

Sponserd Link

おしゃぶりは生後1~2ヶ月から

赤ちゃんが生後1~2ヶ月になり、頻繁に指しゃぶりをするようになっているなら、「いつから?」と考えずに、新生児期からおしゃぶりを開始しても問題ありません。

しかし、あまり指しゃぶりをしないようであれば、おしゃぶりはまた必要ないという合図なので、無理に与える必要はありません。

新生児の赤ちゃんが、指しゃぶりをするのは、不安を解消したり自分を落ち着かせるためのものなので、指しゃぶりをしないなら、あえておしゃぶりを使う必要はありませんし、せっかく買っても使ってくれない場合も多くあるので赤ちゃんの様子を見ながら判断しましょう。

新生児には0~3ヶ月用を使おう!

「おしゃぶり」と一言でいっても、色々な種類があるのはもちろん、購入する時に気をつけなければいけないのが、赤ちゃんの月齢に合ったサイズのものを選ぶと言うことです。

新生児の赤ちゃんなら0~3ヶ月用。それが小さくなってよく口から落ちるようになったら、3~6ヶ月用とサイズアップしていきます。

いちいち買い換えるのが面倒!と思ってしまいがちですが、小さなお口の新生児の赤ちゃんに合ったサイズのおしゃぶりでないと咥えることもできないので、必ず一番小さなサイズのおしゃぶりを与えるようにしましょう!

おしゃぶりを卒業する目安はいつ?

おしゃぶりを開始する目安は、生後1~2ヶ月の新生時期からOK!と書きましたが、逆に卒業する目安は赤ちゃんがハイハイを始めるころが良いと言われています。

おしゃぶりは、あまりに長く続けてしまうと、会話や言葉の発達を妨げる恐れがあるとされています。

赤ちゃんがおしゃぶりをくわえている姿はとても可愛いのですが、こういった懸念材料もあるので、赤ちゃんがハイハイを始める前に少しずつ、おしゃぶりを使わない時間を増やし、スムーズに卒業できるようにしましょう。

おしゃぶりと上手に付き合おう!

新生児期からおしゃぶりを始める場合には、いつから与えるかも重要ですが、その付き合い方にも注意が必要です。

母乳やミルクを与えている最初の数ヶ月は、できるだけ沢山の栄養を補ってほしい時期でもあるので、特に母乳育児を始めている方は、母乳の出を安定させるためにも、できるだけおしゃぶりではなく、おっぱいを吸わせてあげましょう。

また、赤ちゃんに母乳やミルクを与えてから一時間半以上たっている場合、次の授乳への妨げにもなりますので、極力おしゃぶりは与えないようにするなどして、新生時期からのおしゃぶりと上手に付き合って行くようにしましょう☆