おくるみに包まれている赤ちゃん

新生児期から赤ちゃんの寝かしつけや、ブランケット代わりとして大活躍のおくるみですが、いつまで使える物なのでしょうか?

お気に入りのおくるみがないと寝付けない・・・そんな赤ちゃんもいますよね。

また、赤ちゃんの体が少し大きくなってきて、おくるみで巻くと窮屈そうに見えるようになったから、いつまで使用していいのか迷ってる、その後はどうやって寝かしつけをしたらいいのか?悩んでいる、というママもらっしゃるのではないでしょうか?

ここでは、おくるみの使用期間と、卒業のタイミングの見極め方についてお話しします☆

Sponserd Link

おくるみはいつまで使えるの?

基本的におくるみは新生児の赤ちゃんから使えるアイテムですが、「いつまで使用できる」という明確な使用期限は定められてい
ないので、必要とする間は使ってもOK!

しかし、おくるみを使って寝かしつけができるのは、手足の動きが激しくなり、自我が芽生え出す生後4ヶ月前後までだと言われています。

体が大きくなると赤ちゃん自身も固定された感覚を嫌うようになり、自分からおくるみを抜け出すことができるようになるので、おくるみを正しい方法でしっかりと巻いていても赤ちゃんが嫌がり泣くようになったら、それがおくるみを卒業するタイミングだと捉えましょう。

おくるみの使用には個人差があり、3ヶ月で卒業する子もいれば、6ヶ月ごろまで使用できる子います。

しかし、おくるみはいつまでも使うものではなく、いずれ赤ちゃんのほうから『やめ時』のサインがあるので、その時期を見極めて卒業するようにしましょう。

おすすめのおくるみ

矢印アイコンおくるみの人気ランキング

おくるみを卒業したらどうなる?

新生児の赤ちゃんの頃から今まで、おくるみで寝かしつけていた子をおくるみなしで寝かしつけるのは、ハッキリいってそう簡単なことではありません。

はじめの頃は必ず泣きますが、それまでにその子に合ったおくるみなしの入眠方法をマスターしておくことが大切です。

入眠方法にも様々なコツがあり、赤ちゃんによって合う・合わないがあります。

お母さんの胎動音を聞かせたり、絵本を読み聞かせたり、入眠方法をマスターしておけば、そのあとの寝かしつけはグッと楽になるので、色々な方法を試してみて、赤ちゃんにあった寝かしつけ方を見つけましょう。

そして「気がつけば、赤ちゃんがおくるみなしで眠れるようになっていた!」そんなスムーズな卒業ができたら素敵ですよね!

おくるみでの寝かしつけを卒業しても、オムツ替えシートとして、ブランケットとしてまだまだ大活躍してくれますよ☆