寝ている新生児

新生児の赤ちゃんのお世話はとても大変で、ちょっとしたことにも敏感になってしまうものですよね。

特に初めての育児なら尚更、赤ちゃんの毎日の変化・体調を心配してしまうのも当然のこと。

そんな手探りの育児の中、赤ちゃんのくしゃみが多い時は「寒いのかな?」「もしかして風邪?」「それともアレルギー?」と心配になるママも多いようです。

でも、心配しすぎなくて大丈夫。
新生児の赤ちゃんがくしゃみをするのは原因があるので当然のことなのです。

ここでは、新生児がくしゃみが多い理由と家庭でできる対策方法についてお話しするので、参考にしてくださいね!

Sponserd Link

新生児のくしゃみが多い色々な原因

鼻風邪をひいている赤ちゃん

新生児の限らず、鼻水は出ていない、その他に体調が悪そうにも見えないけどくしゃみが多い場合、風邪やアレルギー、ハウスダスト(ほこり)など、さまざまな原因が考えられます。

しかし、それ以前に、新生児のくしゃみが多い理由は、次の二点があげられます。

鼻の粘膜が敏感

新生児は、大人に比べて、鼻の粘膜がとっても敏感です。

なぜなら、生まれたばかりの赤ちゃんの体の機能はまだ未熟な部分が多いので、鼻としての機能がまだ正常に働いていないのです。

そのため、ほんの些細な刺激でも、くしゃみが出てしまうことがありますが、くしゃみが多いからと言って、すぐに風邪やアレルギーに結び付くわけではないので安心してくださいね!

鼻毛が生えていない

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんには、まだ鼻毛が生えていませんよね。

そのため、ほこりや異物が鼻の穴からダイレクトに侵入しやすく、また粘膜にも刺激を与えてしまうため、くしゃみが多い原因になってしまいます。

鼻毛の役割は、体内に入ろうとする、ほこりや異物を絡めとることを主な目的としています。

個人差はありますが、生後6ヶ月ぐらいから鼻毛が少しずつ生えてくるので、くしゃみの回数も減少してくるので安心してくださいね!

家庭でできる対策方法

赤ちゃんに話しかけているママ

このようなことから、新生児がくしゃみをするのは、実はごくごく当たり前のこと!とも言えますが、家庭でできる対策方法でくしゃみの回数を減らしてあげましょう!

まず、新生児期の敏感なときには、赤ちゃんのお部屋に空気清浄機を置いてホコリ対策をしっかりすることが効果的です。

空気清浄機と併せて加湿器を使用することで、ホコリの拡散をさらに抑えてくれるだけでなく、赤ちゃんの粘膜に潤いを与えて風邪やお肌の乾燥を防いでくれるのでおすすめです。

また、ホコリは夜寝静まった間に空気中から床に落下して溜まっていくので、朝起きたらすぐにクイックルワイパーのようなモップでさっと拭くだけで、床からホコリが舞い上がるのを防ぐことができますよ!

それでも気になるようなら病院へ!

赤ちゃんが風邪の時に病院に行かない判断基準と、ホームケアの方法

新生児はまだ体の機能が未発達な部分が多く、くしゃみが多いのもその原因の1つですが、風邪・アレルギーなどの原因も考えられるので、症状が続く場合は病院を受診し、医師の指示を仰ぐようにしてください。

くしゃみと言えば耳鼻科ですが、生まれたばかりの新生児の場合はまず総合的に診てもらえる小児科を受診するのがよいでしょう。

赤ちゃんの鼻・粘膜は少しずつ成長していきますので、くしゃみもいずれは落ち着いてきますが、新生児期の敏感なときにはホコリ対策をしっかりして、必要以上に神経質にならないようにしましょう!