ママと赤ちゃん

赤ちゃんが生まれたら「血液型は何型なんだろう?」って気になりますよね。

「ママが○型で、パパが○型だから・・・○型の可能性があるね!」なんて、血液型占いが好きな日本では、話題になることも多いのではないでしょうか。

ですが、最近の産院では新生児の赤ちゃんの血液型を教えてくれないところも増えてきました。

赤ちゃんの血液型を早く知りたいのに、どうして検査してくれなくなったのでしょうか?また、いつわかるのでしょうか?

ここでは、新生児赤ちゃんの血液型がわかる時期と、産院が血液型を教えてくれない理由についてお話します。

Sponserd Link

出生時、血液型の検査はしないのはどうして?

上にお子さんがいる場合は、出生時に産院で検査して教えてくれた!という方が多く、新生児の赤ちゃんでも血液型が判るのが当たり前でしたよね。

それなのに、わざわざ調べなくても教えてもらえると思っていたのに、下のお子さんの場合は教えてもらえなかった・・・どうしてだろう?と思っているママもいらっしゃるかと思います。

新生児の赤ちゃんはまだ、正確な血液型がわからないので、最近は出産時に血液検査を行わないのが一般的になりつつあります。

いつわかるかと言うと、だいたい3~4歳頃に確定するとされています。

トラブルを回避するために教えない?

赤ちゃんが病院で検査

新生児の赤ちゃんの血液型を以前は教えてくれたのに?と疑問に感じてしまいますが、医療技術が進み血液型の分類が複雑になってきたことも教えてくれない理由の1つです。

一般的に血液型と言えば「A型・B型・O型・AB型」、「RH+」「RH-」を思い浮かべますが、現在ではもっと細かく分類され、正確な血液型は血清学的方法によって以前よりたくさんの型に分類されるようになってきました。

また、生まれたばかりの新生児赤ちゃんはママの体から受け継いでいる抗体の影響を受けていたり、血漿内の抗A型抗体と抗B型抗体がまだ不安定だったり、赤血球側のA抗原・B抗原がまだ未熟で反応が薄かったりする場合も多いので、検査をしても後から血液型が変わってしまうという例が多くあります。

「産院で○型と言われたのに、実は違った!」というトラブルを回避するためにも、新生児の赤ちゃんの血液型は告知しないのが通例となったようです。

正確な血液型はいつわかる?

寝ている赤ちゃん

では、赤ちゃんの正確な血液型がいつわかるかと言うと、血液型安定するまでは約2~4年かかるといわれているので、4歳以降に血液型検査をするのが、もっとも正確な血液型がわかるタイミングとされています。

新生児の赤ちゃんの血液型を早く知りたい!と思うかもしれませんが、4年位は我慢ですね!

検査は小児科や内科などで受けられますが、血液検査は病気の治療ではないので保険適用外となりますの全額自己負担だと、覚えておくとよいでしょう。

新生児の血液型の検査方法と費用

産院にもよりますが、検査を申し出ればだいたい3000円前後で検査をしてくれる場合もありますが、あくまで「現在の血液型」という認識で検査を行うのがいいでしょう。

赤ちゃんの足から採血して、大体一ヶ月後の検診のときには結果が帰ってきますが、ただ、新生児は血液型検査で必要な血漿内の抗A抗体と抗B型抗体がまだ作られていないため、ABO検査では正確な血液型が出るとは限りません。

「子供の頃に親から聞いた血液型と実は違っていた」というトラブルを防ぐためにも、仮に出生時に検査をして血液型が判明しても、あくまで「仮の血液型」と認識しておくようにしましょう!

血液型検査は必要?

風邪をひいた赤ちゃんを、お風呂に入れるか判断する時のポイント

血液型検査は保険適用外で、わざわざ病院に行って検査を受けないと正確な血液型が判明しない・・・となれば、血液型検査は本当に必要なのか?必要ないのでは?と思うご家庭が多いようです。

実際の所、自分の血液型を知っていなくても生活に支障はありませんし、もし輸血などの緊急時には正確性を保つために必ず血液型検査を実施するので特に問題はないのです。

小学生くらいになると血液型占いに興味を持ち「私は○型なの?いつわかるの?」と興味を持ち始めたら、一緒に病院に行って検査するのもいいですね!

新生児の赤ちゃんの血液型を早く知りたい!と今は思うかもしれませんが、もう少し大きくなるまで「何型だろう?」とお楽しみにしておきましょう☆