おくるみに包まれている赤ちゃん

新生児の寝かしつけに便利なおくるみですが、巻かれた状態を見ていると少し窮屈に感じてしまいますが、寝るときに大活躍してくれるアイテムです。

おくるみに包んで抱っこしてユラユラしているとすぐに寝てくれて便利なのですが、寝るときにおくるみに巻いたままで、成長を妨げたりしないのか?心配になってしまいますよね。

かと言って、新生児の赤ちゃんは敏感なので、おくるみを外すとすぐに目を覚ましてしまうので、どのくらいなら巻いていても大丈夫なのか? など気になることも多いのではないでしょうか?

ここでは、新生児の赤ちゃんが寝るときにおくるみを巻いたままで大丈夫なのか?上手な使い方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

寝ている間なら、ずっとくるんだままでも大丈夫!

新生児の赤ちゃんが寝るときにおくるみで巻いてあげることによって、手足の動きが制限され、発達や運動機能が遅れてしまうのではないか?と不安に思っているお母さんも多いのではないでしょうか?

おくるみは寝かしつけに便利だけど、成長に妨げになるものを長時間は使いたくない!という気持ちはよくわかりますが、心配しなくても大丈夫です!

新生児児の赤ちゃんの睡眠サイクルは短いので、おくるみで24時間ずっと包みっぱなしということはないでしょうし、寝るときだけおくるみを使う分には、何ら心配はないので安心してくださいね!

しかし、赤ちゃんが暑くて汗だくになっていたり、窮屈そうにしている場合は様子を見ながらそっとおくるみを外してあげるようにしてください☆

おすすめのおくるみ

矢印アイコンおくるみの人気ランキング

いつまでおくるみで寝かしつけができる?

新生児の赤ちゃんは、生まれて間もなくから授乳やオムツ替え、沐浴、うつ伏せなどさまざまな運動によって刺激を受け骨や筋肉をだんだんと発達させていきます。

始めは、寝るときはおくるみに包まれてスヤスヤ寝ていた新生児の赤ちゃんも、足の筋肉がついてくるとおくるみを嫌がるようになるので、おくるみを卒業するタイミングが来ます。

おくるみを使っての寝かしつけができるのは、個人差があるもののだいたい生後6ヶ月頃までになります。

卒業するタイミングが来ていて嫌がっているるのに、寝るときに便利だからと言っておくるみに包もうとすると、赤ちゃんにとって大きなストレスになってしまい、寝グズリをしてしまうことも。。。

おくるみを嫌がらない新生児の時期なら、寝るときにおくるみを巻いたままでも問題ありませんが、嫌がる時期におくるみを使うことは避けましょう☆