ママに抱かれる赤ちゃん

授乳時やげっぷをさせる時など、新生児の赤ちゃんを抱っこしていて、十分気をつけていたのに首がガクンと後ろに倒れてしまい、「脳に障害が起こったり、悪い影響があるかも!?」と焦ってしまいますよね。

新生児の頭は意外と重いため、支え方が少し足りないだけでもすぐに首がガクンとなってしまいます。

そして、首がガクンとなると脳への影響を懸念してしまいがちで、中には心配のあまり小児科に相談するママもいるでしょう。

ここでは、もしも新生児の赤ちゃんの首がガクンとなってしまったとき、脳へ障害などの影響があるのかどうかと、その後の対処法についてお話します。

Sponserd Link

首がガクンとなっても焦らなくて大丈夫!

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ首がすわっていないため、しっかりと首を支えてあげないと頭の重さを支えられず、後ろにガクンとなってしまうものです。

そして、大泣きする子もいれば、全く泣かない子、ミルクを吐き戻してしまう子などもいますが、デリケートな赤ちゃんだからこそ凄く心配になってしまいますよね。

ですが、新生児の赤ちゃんは首だけでなく全身がまだ柔らかく柔軟性があるので、首をガクンとさせてしまったからと言って即座に神経や脳に障害を起こしてしまうようなことはないので安心してくださいね!

頭を強くぶつけたり、何度も揺さぶられたりしない限り、脳への影響はほとんどありません。

脳に影響がでるのは、どんなとき?対処法は?

頭を抱えている赤ちゃんいくら新生児とはいえ、自身で体を守る機能は生まれながらに備わっているので、少し首がガクンとなったくらいで、脳にダメージを与えることはほとんどないので、心配しなくても大丈夫でしょう。

ただし、新生児~1歳くらいまでの赤ちゃんの脳はまだとても未熟です。

首が前後にガクンとなるくらいなら大丈夫ですが、激しく揺さぶられたり、強くぶつけたりすると、揺さぶられっ子症候群のような、脳へ障害などのダメージにつながる場合があるので注意が必要です。

対処法としては、授乳中であっても赤ちゃんを寝かせて安静にさせるようにしましょう。

そして焦らずに、暫く様子を見てからその後の判断をすることが大切です。

気になる症状があればすぐに受診!

もしも新生児の赤ちゃんの首をガクンとさせてしまったことで何かしらのダメージを受けた場合には、いつもとは違う症状が現れるので、しばらく様子を見ることも大切です。

ミルクを何度も吐き戻す、ずっと泣き続ける、気を失う、顔色が悪くなったりと、赤ちゃんにいつもとは違う症状が現れてきたら要注意!

そのような時には、一刻も早く病院を受診して診てもらうことをお勧めしますが、いつもと変わらない様子なら心配しなくても大丈夫です。

心配しすぎなくて大丈夫!

ママと赤ちゃん新生児の赤ちゃんはまだ首がすわっていないからこそ、首ガクンは意外とよくあることです。

初めて首をガクンとさせてしまった時には「脳に障害が起きたらどうしよう!?」と焦ってしまいますが、どの家庭でも1度や2度は必ずあることなので心配しすぎなくて大丈夫!

首には色々な神経が通っているので心配になってしまいますが、その後の様子に変化がなければ焦って病院を受診する必要はありません。

とは言え首が大切な部分に変わりはないので、今まで以上に意識して首をサポートする抱き方をしてあげてくださいね☆