新生児期の赤ちゃんは寝ているか授乳しているかのどちらかのことが多く、なかなか寝てくれない赤ちゃんの寝かしつけに時間がかかる時期でもあり、苦労しているママも多いのではないでしょうか?

そんな時、ママのお腹の中にいるような感覚で優しく包み込んでくれるスリングが大活躍します!スリングとは袋状の抱っこ紐の一種で、袋の中に包まれている間隔がママのお腹の中にいた頃と似ているので、新生児の赤ちゃんは落ち着いてぐっすり眠ってくれます。

でも、実際どのような方法で寝かしつけをしたらいいのか?はじめてスリングを使うママにはわからないこともたくさんありますよね。ここでは、スリングを使って新生児を寝かしつけるポイントと注意点をご紹介したいと思います☆

Sponserd Link

完全に眠るまで抱っこしよう!

スリングで抱かれている赤ちゃんまず、新生児をスリングで寝かしつけるポイントは、とにかく赤ちゃんが安心して眠るまでスリングの中で抱っこしてあげることです。新生児の赤ちゃんが寝つけないのは、安心できないから。という説もあります。

スリングを使って新生児を寝かしつけると、お母さんの心臓の音を赤ちゃんが感じることができる為安心していつのまにか眠ってしまっていることが多いので、眠るまでスリングの中で抱っこをしながら少し揺らしてあげましょう。

故意に揺らさなくてもお母さんが用事をしている間に寝ていたなんて言うこともよくありますし、新生児の赤ちゃんは敏感なのでスリングから下した途端に泣いてしまうということもあるので、完全に眠るまで抱っこしてあげてくださいね☆

スリングの使い方のポイント

スリングで抱かれている赤ちゃん赤ちゃんをスリングで抱っこするとすぐに寝るので、いつも使いたくなってしまいますが使い方のポイントがあります。まず、授乳してすぐは赤ちゃんのお腹を圧迫したり、気道を狭めますのでスリングの使用はやめましょう。 すこし経ってからならOKです。

また、スリングで赤ちゃんが気持ちよく寝ることがあっても、 必ず時々顔を見て呼吸や顔色などを確認するようにすることが大切です。スリングに入れていればずっとおとなしく寝る赤ちゃんもいますが、 入れっぱなしはよくありませんのでぐずりが収まったり寝てくれたら静かにベビー布団に寝かせ、身体を伸ばしてあげてくださいね。

スリングはあくまでも一時的なゆりかごということを理解し、 赤ちゃんがよく寝ている時は、布団に寝かせてママも一緒に添い寝をしてあげたり、または一緒に仮眠をとることが大切です☆
✽関連記事  新生児の赤ちゃんから使える!スリングの比較と使い方のポイント

布団に降ろすのも簡単!

スリング新生児をスリングを使って寝かしつける方法としておすすめなのが、赤ちゃんをお布団に降ろす時にはお母さんも赤ちゃんと一緒に覆いかぶさるようにスリングごとお布団にもたれこむことです。

そして、スリングをそっとお母さんからはずしてスリングごと新生児の赤ちゃんを布団に寝かせます。スリングは抱っこ紐のようにカチッっという音がしないので、赤ちゃんがびくっとならないので寝かしつけやすいこともママにとっては嬉しい利点ですね。

敏感な新生児の赤ちゃんの寝かしつけに手を焼いているようなら、迷わずスリングを購入することをおすすめします☆

抱き方次第で長く使えて便利!

スリングで赤ちゃんを抱いているママ赤ちゃんは寝る時ぐずってしまうことが多く、抱っこししたりゆらゆらしたり大変ですよね。特に月齢の低い赤ちゃんは寝る時にぐずりますが、 この寝かしつけはママにとっては重労働で、新生児でもずっと抱っこをして寝かしつけるていると、両腕がずっしりと重くなり、筋肉痛や腱鞘炎になってしまうママもいるほどです。

そんな時こそ、リングの出番です!どんなタイプのスリングでも、赤ちゃんをすっぽり入れる事ができるものであれば 赤ちゃんのぐずりも収まってすんないり寝ることが多いのです。ただし、正しい使い方をしないと事故につながることもありますので、 きちんと説明書きを読んで使用しましょう☆

寝かしつけに使えるのは新生児期だけですが、抱き方によっては2歳過ぎまで使えます。縦抱き・カンガルー抱きなど様々な抱き方ができますし、ベビーキャリーより小さくコンパクトに折りたたみできるので持ち運びにも便利なのでおすすめです☆
✽関連記事  新生児の赤ちゃんをスリングで抱きながら家事をする方法と注意点

スリングの人気ランキングと選び方のポイント

スリングで抱かれている赤ちゃん赤ちゃんはスリングが大好きです。ママのお腹にいた時、狭い場所で小さく身体を丸めて生活していたので、お腹の中と同じような狭い環境のスリングを好むと言われています。

こんなにスリングが楽なら早く買えばよかった!と言うママの声をよく聞きますが、 本当にスリングというのは便利ですし、赤ちゃんの気持ちの安定にも役に立つものなのです。

ここでは、新生児の赤ちゃんも使える人気のスリングランキングと選び方のポイントを紹介します☆

スリングには色々なタイプ、オシャレなデザインがあって人気!

スリングで抱かれている赤ちゃんまず、ランキングで人気のタイプはリング式のスリングです。小さい赤ちゃんでも大きめの赤ちゃんでもリングでスリングの長さを調節でき、 ママの体型にもパパの大きな体型にも自由に調節が可能です。

リングで調節できるので厚手のコットン布地で出来ている事が多く、 厚手の綿100%なのでとても頑丈です。綿入りのフカフカのものや、ママの肩にあたるところだけは布地が二重になっていたり 肩に負担がかからなくなっているものまで種類も様々。

その他には、リングなしのスリングで 赤ちゃんが入る袋状の部分にだけギャザーがよせてあり、ゴムが入っているものも人気があります。スリングの長さは調節できませんが、調節できない分だけ装着も簡単です。

伸びにくく、赤ちゃんに優しいコットンニット素材で洗濯してもよれよれにならない、 しっかりしたタイプを選ぶのがおすすめです☆
おすすめのスリング
矢印アイコンスリングの人気ランキング

赤ちゃんがスリングが好きな理由

スリングで抱かれている赤ちゃん赤ちゃんがスリングが大好きな理由は、ママの子宮の中の環境と似ているからと言われています。

自分を包んでくれているママの子宮の中はとても穏やかで 気持ちのいい所ろいう記憶があるため、 赤ちゃんはとても落ち着くき、ママとの密着ができとても気持ちのいい居場所となります。だから気持ちも落ち着いて自然に入眠してくれることが多いのですね。

ママにとっても、赤ちゃんをずっと支えて抱っこしなくても済みますのでスリングは人気があります。 スリングはしっかりとした生地でできているので、赤ちゃんが落下する心配もないので安心して使えることができるのでおすすめです☆