新生児をスリングで寝かしつける時のポイントと注意点新生児期の赤ちゃんは寝ているか授乳しているかのどちらかのことが多く、なかなか寝てくれない赤ちゃんの寝かしつけに時間がかかる時期でもあり、苦労しているママも多いのではないでしょうか?

そんな時、ママのお腹の中にいるような感覚で優しく包み込んでくれるスリングが大活躍してくれます!

スリングとは袋状の抱っこ紐の一種で、袋の中に包まれている間隔がママのお腹の中にいた頃と似ているので、新生児の赤ちゃんは落ち着いてぐっすり眠ってくれます。

でも、実際どのような方法で寝かしつけをしたらいいのか?はじめてスリングを使うママにはわからないこともたくさんありますよね。

ここでは、スリングを使って新生児を寝かしつけるポイントと注意点をご紹介したいと思います☆

Sponserd Link

完全に眠るまで抱っこしよう!

まず、新生児をスリングで寝かしつけるポイントは、とにかく赤ちゃんが安心して眠るまでスリングの中で抱っこしてあげることです。

新生児の赤ちゃんが寝つけないのは、安心できないから。という説もあります。

スリングを使って新生児を寝かしつけると、お母さんの心臓の音を赤ちゃんが感じることができる為安心していつのまにか眠ってしまっていることが多いので、眠るまでスリングの中で抱っこをしながら少し揺らしてあげましょう。

故意に揺らさなくてもお母さんが用事をしている間に寝ていたなんて言うこともよくありますし、新生児の赤ちゃんは敏感なのでスリングから下した途端に泣いてしまうということもあるので、完全に眠るまで抱っこしてあげてくださいね☆

おすすめのスリング

矢印アイコンスリングの人気ランキング

布団に降ろすのも簡単!

新生児をスリングを使って寝かしつける方法としておすすめなのが、赤ちゃんをお布団に降ろす時にはお母さんも赤ちゃんと一緒に覆いかぶさるようにスリングごとお布団にもたれこむことです。

そして、スリングをそっとお母さんからはずしてスリングごと新生児の赤ちゃんを布団に寝かせます。

スリングは抱っこ紐のようにカチッっという音がしないので、赤ちゃんがびくっとならないので寝かしつけやすいことも利点です。

敏感な新生児の赤ちゃんの寝かしつけに手を焼いているようなら、迷わずスリングを購入することをおすすめします☆

抱き方次第で長く使えて便利!

新生児の寝かしつけに便利なスリングですが、抱き方によっては2歳過ぎまで使う事ができます。

寝かしつけに使えるのは新生児期だけですが、縦抱き・カンガルー抱きなど様々な抱き方ができますし、ベビーキャリーより小さくコンパクトに折りたたみできるので持ち運びにも便利なのでおすすめです☆