赤ちゃんに授乳しているママ生まれてすぐの新生児の赤ちゃんを包み込むように抱っこして、寝かしつけに大活躍してくれるスリングですが、実は授乳にも使うことができることをご存じでしょうか?

スリングに抱かれたまま授乳すると、新生児の赤ちゃんはゆったりとママのおっぱいを飲むことができて、おなかがいっぱいになったらそのままぐずらずに寝てくれるので便利です。

また、新生児の赤ちゃんの体重はまだ軽いと言えど、毎日何回も授乳を繰り返しているとママの肩も疲れてきてしまいますよね。

そんな時に、赤ちゃんをスリングで抱いたまま授乳すると、肩への負担も軽減されるのでおすすめです。

ここでは、新生児の赤ちゃんにスリングで授乳する方法と気を付けたいポイントを紹介します☆

Sponserd Link

スリングで授乳する方法

スリングで新生児の赤ちゃんを抱っこしながら授乳する方法は、特に難しいことはなく簡単です。

普通に横抱きをしている時も赤ちゃんの顔はお母さんの胸の位置にあるので、お腹がすいて泣いたら赤ちゃんの顔を傾け、胸を出して授乳するだけです。

この時にママは前開きの洋服か授乳服を着ていると、さっと胸を出してスリングに抱かれた新生児の赤ちゃんに授乳ができますよ。

赤ちゃんが少し大きくなってきたら、半分縦抱きの状態でも同様に授乳することができますが、スリングで授乳できるのは赤ちゃんの頭がスリングで隠れる生後半年頃までとなっています。

授乳した後はそのまま揺らせば寝てくれるので、授乳と寝かしつけが一度にできるのでとても便利ですよ!

また、外出時に授乳しなければいけない時も、スリングで赤ちゃんの頭をすっぽり覆って授乳服から胸を出すことで授乳ができるのでおすすめですよ☆

おすすめのスリング

矢印アイコンスリングの人気ランキング

スリングで授乳する時の注意点

新生児の赤ちゃんをスリングで抱っこしたまま授乳する時に気を付けたいのは、横抱きになっている赤ちゃんの首を胸側に傾ける時に力を入れないようにすることです。

また、新生児の赤ちゃんはまだ首や腰がすわっていないので、長時間同じ体勢で授乳を続けないようにするように注意し、授乳の後にスリングの中で眠ったら抱っこしたままにせず、そっとお布団に降ろして寝かせてあげるようにしてくださいね☆

また、スリングで授乳する時は必ず片手で赤ちゃんの体を支え、万が一の転落を防ぐようにしましょう。

抱っこ・寝かしつけだけでなく授乳もできて万能のスリングは、安全に正しい使い方をすることで、新生児の赤ちゃんの育児の強い味方になってくれますよ!