赤ちゃん 布団の枚数 春春の季節は日によって温度差が激しく、朝晩の寒暖差も大きいので赤ちゃんのお布団の枚数は何枚かけてあげたらいいのか?迷ってしまいますよね。

基本的に赤ちゃんは大人よりも体温が高く暑がりなので、気温が15℃以上であれば掛け布団1枚でOKです。朝晩冷え込むから心配なときは、タオルケットを足したりスリーパーを着せてあげると寝冷えを防いでくれるので安心です。

ここでは、春の赤ちゃんのお布団の枚数と、おすすめのスリーパーを紹介します☆

Sponserd Link

春の赤ちゃんのお布団の枚数

春は日によって気温が高くてポカポカ陽気の日もあれば急に冷え込む日があるので、一概に「春だからお布団の枚数は○枚!」とはいかないですよね。

目安としては春の場合室温が15℃以上であれば掛け布団1枚だけでも大丈夫ですが、夜寝かせるときはタオルケットを1枚足してあげると安心です。赤ちゃんは暑がりなのでお布団の枚数が多いと、お布団を蹴り飛ばしてしまい寝冷えをしてしまう可能性があります。

そんな時にはスリーパーを着せて寝かせてあげると、万が一赤ちゃんがお布団を蹴って体が出てしまっても冷える心配がないのでおすすめです☆

おすすめのスリーパー

 

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

おすすめの赤ちゃんの春のお布団

赤ちゃん用のお布団は基本的に綿でできたお布団ですが、春~夏にかけて使えるおすすめのお布団はタオルケット・ガーゼケットです。

タオルケット・ガーゼケットは綿の掛け布団より吸湿性が高いので、赤ちゃんの汗をたくさん吸い取ってくれるので快適に眠ることができます。

枚数が少なくても1枚かけてあげるだけで、あせも防止にも役立つのでおすすめです☆

おすすめのガーゼケット

矢印アイコンガーゼケットの人気ランキング

春は気温の変化に注意!

春は毎日の気温の変化が大きい時期なので、大人はもちろん赤ちゃんも体調を崩してしまいがちなので、お布団の枚数はその日の気温を見ながら決めていきましょう。

また、赤ちゃんは暑がりなのでたくさん布団をかけてしまうと、寝ながら足で蹴飛ばしてしまい、寝冷えの原因になってしまうことも・・・

赤ちゃんの体調を守るためにも、布団の枚数の調整とスリーパーを活用して快適に過ごさせてあげてくださいね☆