赤ちゃん 春 パジャマ春は朝晩の気温差が大きいので、赤ちゃんに何を着せて寝かせたらいいのか?迷ってしまいますよね。

赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟なので、パジャマと肌着をその日の気温によって変えてあげることで快適にぐっすり眠らせてあげることができます。赤ちゃんの春のパジャマは薄手~中厚の「春物」と呼ばれる素材のカバーオールやロンパースですが、下に着る肌着で温度調節をしてあげましょう。

ここでは、春の赤ちゃんのパジャマと肌着の着せ方・選び方を紹介します☆

Sponserd Link

温度によるパジャマの選び方

赤ちゃんのパジャマ、と言っても上下が別れた一般的なパジャマは80サイズ~なので、パジャマっぽいカバーオールやロンパースを着せている家庭がほとんどではないでしょうか。

春は気温の差が大きく、20℃以上になったと思えば次の日は10℃くらいまで冷え込んだりするのでパジャマだけでなく肌着も数種類準備しておきましょう!

●気温が10℃前後の寒い日
冬素材の肌着+冬用のパジャマ

●気温が15℃前後の日
春素材の肌着+春物のパジャマ(長袖)

●気温が20℃以上の暖かい日
春素材の肌着+春物のパジャマ(七分~半袖)

例として3パターンを挙げてみましたが、赤ちゃんの様子を見ながらパジャマと肌着を調節するようにしてください。

また、赤ちゃんが寝る時におすすめなのが、春だけでなく一年中使える吸湿性の高いスリーパーを着せて寝かせてあげることです。

スリーパーを着せておくと、万が一寒ければ防寒着になるだけでなく汗をたくさん吸い取ってくれるので寝冷えやあせもの防止にもなりますよ☆

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキングはこちら

お布団にも気を配ろう!

赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟なので、春になって気温が上昇すると同時に体温も上昇してしまうので、肌着・パジャマだけでなく寝る時に掛けるお布団にも気を配ってあげましょう。

肌着とパジャマを室温を見ながら調節してみても、赤ちゃんがお布団を蹴ってしまったり汗をかいてしまう場合は、お布団を少し薄手のものに変えてあげましょう。タオルケット・ガーゼケットは、通気性・吸湿性に優れているので、春~夏にかけての赤ちゃんの掛け布団として大活躍してくれます。

大人用のものだと大きすぎて重くて身動きが取りにくくなってしまうので、ハーフサイズやベビーサイズのものがおすすめです。

おすすめのタオルケット

矢印アイコンタオルケットの人気ランキング

春物のパジャマ・肌着はフライス素材が◎

赤ちゃんの春物のパジャマにおすすめの素材は、天竺やミニ裏毛など厚すぎず薄すぎない「春物」として売られている、リブ編みで優しい肌触りのフライスです。適度な保温性があり、吸湿性が高いので赤ちゃんも快適です。

また、春といっても気温が10度以下になってしまうような場合には、冬に使っていたニット素材の暖かいものを着せてあげることで赤ちゃんの冷えを防ぐことができますよ!

気温差の激しい春は、冬物と春物、さっと羽織れるスリーパーを併用して、赤ちゃんが暑すぎず寒すぎないように上手に体温調節をして、体調を崩さないようにしてあげてくださいね☆